« 許容の範囲 | トップページ | 本当のミステリー »

2007年4月12日 (木)

ブログの楽しみ

敵の事をよく知っておけ。商売はそいつらとするのだから。
金儲けの秘訣 ・第177条)



ものを書き、だれかに読んでもらう喜び、
ということに本格的に目覚めて、2年弱、ほどになろうか。
最近では、自分の文体、のようなものが身についてきて、
やはり、習うよりは慣れろ、だなと思ったりするのんだ。

若いとき、密かに書いていた文章は、今読むと、
なにが言いたいのか、なんで書いているのか、
よくわからないものが多く、
それは、たぶん読み手の不在
ということが一番の原因だったような気がする。

当時は、不特定多数に自分の書いたものを発信することが
今のように誰でもが気軽にできるような時代ではなく、
自分の書いたものを他人に読ますことができるひと、
というのは、特別の存在だったのんだ。

今は、インターネットの発達によって、
へたをすると、小学生でも、キーボードさえ打てれば、
自分の書いたものを発表できるのだから、
まったくけっこうな世の中になったものだと思う。

ブログ、という形態の発達が、その状況を大いに
後押ししているのは、間違いない、と思うけれど、
そのブログも、日々進化、というか、サービスの拡充が進み、
ぼくが利用させてもらっている、無料のココログフリーでも、
単に文章を発信する以上の楽しみがもてるようになってきた。

たとえば、ここ1年くらいのあいだに
新しく追加されたサービスで、
どんなひとが、このブログにアクセスしにきてくれているか、
というのんが、ある程度、発信者であるぼくには、
わかるようになっている。

いわゆる、荒らし行為、と呼ばれる、悪意のある書込み、
なんかに対する対策、なのかもしれないけれど、
これが意外と楽しめるのんだ。

たとえば、会社で仕事中に調べものをしてiいるとき、
ここに当ったのだな、と思えるようなものもあるし、
どっかの学生さんが、数日過去のものも含めて、読んでくれて、
去っていった、というような、こともある。
あるいは、けっこう定期的に読みに来てくれている、
どこのどなたかは知らない、知り合い以外の方もいるようだ。

あんまりかっきりとは書かないが、
驚くようなところからのアクセスもあったりする。
たとえば、日本で一番立派で、儲かってる金融機関や、
日本で一番偏差値の高い国立大学や、
日本の国権の最高機関からさえ、かつてアクセスがあった。

これらのことを通して、改めて思ったことは、
ネットは、決して匿名の媒体ではない、ということだ。
調べものやなんかで、気軽に使用はできるものの、
相手に自分のプライバシーの一部をさらしている、
ということをつねに忘れないようにしなければ、
と思うのんであった。



▼本文とは関係ありませぬが、
バンコク、ソイパッポンのとあるお面屋。
頭隠して、IP隠さず、なんてね^^
Photo_29

« 許容の範囲 | トップページ | 本当のミステリー »

コメント

最近、ブログについて考えます。
今ではもう私の顔は知られまくっているし、
店に来れば会える状態ですから・・・。
もういいかな~と思うことも。
アクセスにこだわる人も多く見るし、
そこまでしなくても・・・と思うことも多々。

プライベートの切り売り状態に
最近は少し?になってきました。
ブログのおかげでお友達ができたり、
プラスになっていることもものすごくあるけど、
やっぱり常に見張られているような気にもなってきました。

まぁ、ブログの内容を変えても良いんですけど、
そこまでして続けるものでもないですしね~。

うちも簡単なアクセス解析をつけていますので
アクセス先をみると面白いです^^
でも、神経質になりすぎて「だれだろ〜?」って思うこともたびたびあったので
最近はあまりチェックしてません。

師匠の記事はなかなか読み応えがあるので
コメントはしなくてもきっとファンがたくさんいると思いますよ^^
これからも気張らず楽しんでブログを続けて行ってくださいね♪

りょうちゃん、まいど^^

最近、会ってないねー^^
忙しい、とは聞いてたけれど、
ネオタイでみるみる膨らむ、りょうちゃんを見れなかったのは、
ちょっと残念ですた^^;

ところで、今日のコメントをみると、うなずけることは非常に多いです。
ぼくは、ずっとりょうちゃんが自分の写真を
アップしたりするのを心配してました。

でも、りょうちゃんがせっかくの別嬪さんを台無しにするような、
妙な写真をアップしてくれたからこそ、
友達になれた、という側面もあったかな。

ひとは日々成長するものだし、
そのなかで、意見や考え方が変わることもあるのは、
むしろ当たり前、だと思いますだ。
だから、ブログに疲れたなら、やめちゃうなり休むなり、
してもいいのでわ、と思うよん^^

でも、できれば、たまに辛いものが食べたいときは、
ネオタイにあらわれて、ぷんぷいおぢさんの前で、
また、みるみる膨らんでほしい、と思うしだいなんだな(^^♪

はぎ妻さん、まいど^^

>うちも簡単なアクセス解析をつけていますので
>アクセス先をみると面白いです^^
>でも、神経質になりすぎて「だれだろ〜?」
>って思うこともたびたびあったので
>最近はあまりチェックしてません。
がまん強いっすね^^
あっしは、気になって、しょうがないっす^^;

>師匠の記事はなかなか読み応えがあるので
>コメントはしなくてもきっとファンがたくさんいると思いますよ^^
>これからも気張らず楽しんでブログを続けて行ってくださいね♪
ありがとさんす^^
死ぬまでに、1000の話を書くのんが目標なんで、
あと、600回くらいは、続けたいもんだす(^^)

最近職場の人に「どうしてブログってするの?」と聞かれました。
その人の「何故?」は、日記ってプライベートの事だから、そんなのを人に見せるのはおかしい…と言う意見でした。^^;
でも、師匠の記事を読んで、「あっ!そうね~!」と思いました。
要は「自己表現」の一つなのですよね。
「自己表現」と言っても、その人は理解できなかったみたいなのですが、多分師匠のこの記事を読んで頂いたら、理解できるんじゃないかな~?って思います。(^-^ )

私がブログをする意味は、やはり人に読んで欲しいからだと思います。
人に読んでもらう事で、自分の中でモヤモヤしていたものがクリアになっていく感じがします。
それに、夢を語るとき、人に聞いて貰った方が、より夢を実現できると思います。
それは、自分の言葉に責任も出てくるし、応援をして下さる人からパワーを与えてもらえますしね^^

それから、今やブログは、選挙の当落も左右する位の影響力を持つものとなりましたね?
ブログから本になったり、ドラマ化されたり…ホント凄いですよね~。

でも、ある意味師匠が仰るように「ネットは、決して匿名の媒体ではない」ですよね。
気をつけながら、楽しみながらブログを続けて行きたいって思います^^

makotoさん、まいど^^

>最近職場の人に「どうしてブログってするの?」と聞かれました。
>その人の「何故?」は、日記ってプライベートの事だから、
>そんなのを人に見せるのはおかしい…と言う意見でした。^^;
職場のひとの意見はある意味正しく、
ある意味正しくない、ような気がします^^
他人の趣味なんて、そもそも理解する必要、ありませんし^^;
たとえば、あっし、ゴルフしませんから、
あんなことに時間と費用をかける神経は理解できません。
だからといって、それを批判するつもりもございません。
他人に迷惑かけん限り、
好きなことをすりゃあ、いいんすよね'`,、('∀`) '`,、
そして、ブログに関しては、もし、これが、
◎◎市在住、◎◎会社勤務、◎◎定吉(◎才)、こと、ぷんぷい、
という形でしか、発表できない媒体ならば、
きっとあっしも書かなかったことでしょう^^
つまり、守るべきプライバシーの範囲が、
ある程度、自分で設定できるからこそ、
このようなものを書いているわけなんで^^;

>でも、師匠の記事を読んで、「あっ!そうね~!」と思いました。
>要は「自己表現」の一つなのですよね。
>「自己表現」と言っても、その人は理解できなかった
>みたいなのですが、多分師匠のこの記事を読んで頂いたら、
>理解できるんじゃないかな~?って思います。(^-^ )
ありがとさんです。
でも、無理かも~^^
あっしが他人の趣味を理解できないように(^^)

>私がブログをする意味は、やはり人に読んで欲しいからだと思います。
>人に読んでもらう事で、自分の中でモヤモヤしていたものが
>クリアになっていく感じがします。
>それに、夢を語るとき、人に聞いて貰った方が、
>より夢を実現できると思います。
それは、自分の言葉に責任も出てくるし、
>応援をして下さる人からパワーを与えてもらえますしね^^
makotoさんのブログをみていると、それはよくわかります^^
論旨は明確だし、まじめに書かれてますよね^^
あっしのは、日によって、言うことがちゃうらしいんで^^;

>それから、今やブログは、選挙の当落も左右する位の
>影響力を持つものとなりましたね?
>ブログから本になったり、ドラマ化されたり…ホント凄いですよね~。
>でも、ある意味師匠が仰るように「ネットは、
>決して匿名の媒体ではない」ですよね。
>気をつけながら、楽しみながらブログを続けて行きたいって思います^^
あっしもぼちぼちやっていく所存っす^^

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 許容の範囲 | トップページ | 本当のミステリー »