« 不満 | トップページ | 許容の範囲 »

2007年4月 6日 (金)

シアワセですか?

満足は保証されない。
金儲けの秘訣 ・第251条)



もちろん、それが本当な意味で、
正確に事態を反映しているかどうか、
正しい比較であるのかどうか、ということは、
調べようもないのだけれど、
どっかの物好きやら、関係のある企業やらが調べて、
たまに発表される、国別のアンケート調査だとか、
統計数値をみていると、なかなかに興味深い日本人像、
というようなものが浮かび上がってくるような気がする。

ぼくの記憶に間違いがなければ、
日本人は、他の先進国の人たちに比べると、
多少長生きで、かなり労働時間が長く、
明らかに家庭内でのセックス回数が少なかったりする。

そして、これはぼくの偏見も含まれているのかもしれないけれど、
なんかあんまりみんな幸せそうな感じがしない
少なくても、自らをとっても幸せだ、と公言する人間が、
あんまり多くない
ような、そんな印象をもっている。
そして、それを裏付けるような調査もあったように記憶している。

でわ、おまえはどうなのだ、と訊かれれば、
やはりとても幸せだ、と自信を持って、
答えられる状況とはいえないだろうな、と思うのだ。

そもそもぼくが、このようなブログをはじめたきっかけ、
というのも、不幸のずんどこからの自分探しだった、
ような気がするし。
しかも、そのずんどこから、
決して事態は改善されていなかったりするのんだ。

しかしながら、不思議なもので、
その不幸な状況があまりに長く続いていると、
それが通常の状態で、慣れてしまったりするのが、
また、おもしろかったりするのだな。

もちろん、ぼくは別に誰かと不幸自慢や不幸競争をしたくて、
こんなことを書いているわけではないのんで、
もっと不幸を自認しているひとがいれば、ぼくは喜んで、
その方により不幸な人間の称号を譲るのに、躊躇はない。
その点は誤解のなきように、願いたいのだけれど。

そういえば、むかしから国民の幸福度が比較的高かったタイでも、
最近、自分を幸福と思う人間が減ってきている、
という話を聞いたような気がする。

以前に比べ、かの国は経済発展が進み、ひとりひとりの、
物質的な豊かさは増しているように思うのだけれど、
まるでそれに反比例するかのように、その幸福度が下がる、
というのは、不思議なようだけれど、ありがちな現象のようだ。

おそらく経済や教育の水準があがることで、
自分より恵まれたひとたちがたくさんいることや、
自分の不幸に気づく知性をもつひとが多くなるためなのだろう。

ひとというのは、つくづく因果な生命体、なのだなー、
と思ったりする、まだまだ幸せ探しの道なかば、
のおっさんなのである。


▼含蓄のあることばが刷られた、シャツが並ぶ、那覇のとある店。
遊び人、卑怯者、忠犬、気楽、師匠、弟子、ほっとけ俺の人生だ、
などのシャツに、混じって見える、
肉人(にくんちゅ)のふたもじ。
それもまた、人生だ。。。

T



それにしても、犬用アロハ
ということばは妙にそそる。

« 不満 | トップページ | 許容の範囲 »

コメント

同志、こんにちは♪
不幸・・・ねぇ・・・

アタクシの場合、本人はいたって不幸と思っていないのに周りから「不幸やのぉ~」と言われることが多々ありますね~。
逆に不幸になったときには「アンタなんてまだいいわよ、私なんかねぇ~」といわれるのかも知れまへんわ。
ともちん、今のところ不幸ではありまへん!
そして同志もまた。

えっ?私は自分が「幸せ」だって思いますよ^^
だって、生きているんだもん♪
生きているから、まだまだ学びを得る事ができますものね~(^-^ )

それから、不幸を数えたら、ドンドン不幸になるって思うんですよね。
それよりも、幸せの数を数えた方が良いって思いません?

ご飯がちゃんと食べられる事の幸せ♪
雨漏りがせず、ちゃんと眠れる家がある事の幸せ♪
家族が居る事の幸せ♪
健康である事の幸せ♪
勉強できる事の幸せ♪
仕事が出来る事の幸せ♪

そして、沢山の人と出会える事の幸せ♪

ぷんぷい師匠♪このブログにリンクさせて頂きました^^
もし、ダメだったら、またお知らせくださいねm(_ _)m

どうぞ、宜しく~♪です。

師匠、お休みのときに神戸に中国風カレーを食べに来ませんか〜?(らもさんも行ったと言う店で^^;)
きっとシアワセになりますよぉ〜(笑)

同志、まいど^^

>不幸・・・ねぇ・・・
>アタクシの場合、本人はいたって不幸と思っていないのに
>周りから「不幸やのぉ~」と言われることが多々ありますね~。
うーん、それは不思議な現象ですね~^^

>逆に不幸になったときには「アンタなんてまだいいわよ、
>私なんかねぇ~」といわれるのかも知れまへんわ。
同志の不幸、とはどんなものなんでしょうか^^;
ちょっと知りたい気もしますな^^

>ともちん、今のところ不幸ではありまへん!
>そして同志もまた。
どーもでやんす^^
全世界のひとがひとり残らずそう思えば、
みんな幸せになれるんでしょうね^^;

makotoさん、まいど^^

>えっ?私は自分が「幸せ」だって思いますよ^^
>だって、生きているんだもん♪
>生きているから、まだまだ学びを得る事ができますものね~(^-^ )
全世界のひとがみんな・・・
あれ、これってもう書いたかな(^^)

>それから、不幸を数えたら、ドンドン不幸になるって思うんですよね。
>それよりも、幸せの数を数えた方が良いって思いません?
>ご飯がちゃんと食べられる事の幸せ♪
>雨漏りがせず、ちゃんと眠れる家がある事の幸せ♪
>家族が居る事の幸せ♪
>健康である事の幸せ♪
>勉強できる事の幸せ♪
>仕事が出来る事の幸せ♪
>そして、沢山の人と出会える事の幸せ♪
ということは、ご飯が食べられず、雨漏りがする家に住み、
家族がいなくて、健康に問題があり、勉強もできず、仕事ができず、
あんまりひとと出会えないひとは、不幸なのかΣ(゚д゚lll)ガーン
とか書いてみるおっさん、
ひねくれ者の冗談なんで、許してくださいね^^;

>ぷんぷい師匠♪このブログにリンクさせて頂きました^^
>もし、ダメだったら、またお知らせくださいねm(_ _)m
>どうぞ、宜しく~♪です。
どーもありがとうございます(^^♪
こちらこそ、よろしくですm(__)m

はぎ妻さん、まいど^^

>師匠、お休みのときに神戸に中国風カレーを食べに来ませんか〜?
>(らもさんも行ったと言う店で^^;)
>きっとシアワセになりますよぉ〜(笑)
友だち、というのはありがたいもので、こんな文章を書くと、
みんなでよってたかって、励ましてくださる。
感謝の極みでございます♡

ただ、この文章に関しては、自分を題材に、
あっしなりの幸福論を書いてみただけ、でございますので、
心配は無用でございます。
ただ、心配いただいたみなさまには、ただただ感謝・゚・(´Д⊂ヽ・゚・
でございます。

あっしは元気で、日々憎まれ口をきいておりますよ^^

でも、らもカレーは、そのうち連れてってくださいね(^^♪

リンクの件、快諾して下さって、ありがとうございます♪

>ということは、ご飯が食べられず、雨漏りがする家に住み、
>家族がいなくて、健康に問題があり、勉強もできず、仕事ができず、
>あんまりひとと出会えないひとは、不幸なのかΣ(゚д゚lll)ガーン

o(〃^▽^〃)oあははっ♪
えっとね…私が小さい頃は、家が兎に角貧乏でして…
今日食べる物にも困っておりました。
で、家は雨漏りはしないものの、長屋暮らしでゴキブリとドブネズミが住んでいて、二階に住む一家はサラ金の取立てで夜逃げ…
とまあ、今から考えると、とても不幸せですね?(苦笑)

だから、それを思うと、今はとても幸せです♪

それから、今の私にとって「沢山の人と出会える」のは、とても幸せです^^
だって、子供が小さい時には、どうしても家に閉じこもりがちでしたしね~。

好きに出歩く事が出来て、自分が学びたいって思った事を学べる、今の幸せを大切にしたいです♪

それから、師匠も私から見たら、とっても幸せですよ~♪
何たって海外にしょっちゅう行けるんですもの♪
私は海外に1人ではいけないから、師匠の記事を読んで、行った気分に浸っています^^
楽しい記事をいつも楽しみにしていますね~♪

これからもよろしくです(^-^ )

makotoさん、またまいど^^

>リンクの件、快諾して下さって、ありがとうございます♪
いえいえ、こちらこそ、ありがとうございますだ(^^♪

>o(〃^▽^〃)oあははっ♪
>えっとね…私が小さい頃は、家が兎に角貧乏でして…
>今日食べる物にも困っておりました。
>で、家は雨漏りはしないものの、長屋暮らしで
>ゴキブリとドブネズミが住んでいて、
>二階に住む一家はサラ金の取立てで夜逃げ…
>とまあ、今から考えると、とても不幸せですね?(苦笑)
なるほど、『巨人の星』の星明子さん、みたいだったんすね^^
たしか同世代、っすよね^^
あっしたちが子どものころは、みんなそんな感じだったような・・・
でも、日本の未来は明るいような気がして、
そんなみんな不幸ではなかったような、そんな気がするのですが^^;

>だから、それを思うと、今はとても幸せです♪
むしろ、今の若者たちの方がすでにもってしまっている不幸、
というのか、これから落ちていくかもしれない、
漠たる不安のなかで、生きていく不幸、のような状況を
もってるような気さえします・・・

>それから、今の私にとって「沢山の人と出会える」のは、とても幸せです^^
>だって、子供が小さい時には、どうしても家に閉じこもりがちでしたしね~。
あっしはどっちかというと、沢山の人と出会うのは、苦手、かな^^;

>好きに出歩く事が出来て、自分が学びたいって思った事を学べる、
>今の幸せを大切にしたいです♪
うーーん、ポジティブっすね(^^

>それから、師匠も私から見たら、とっても幸せですよ~♪
>何たって海外にしょっちゅう行けるんですもの♪
>私は海外に1人ではいけないから、師匠の記事を読んで、
>行った気分に浸っています^^
>楽しい記事をいつも楽しみにしていますね~♪
ありがとうございます(^^)
でも、あっしが初めて海外に出たのは、30歳を過ぎてから、で、
おかげで、今もって独り、ですけどね(^^)
結婚してたら、自由にたびに出る、というわけにはいかなかった、
でしょうね。
同時にたくさんのものを所有することは難しいのだ、と思います^^

>これからもよろしくです(^-^ )
こちらこそ、よろしくですm(__)m

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 不満 | トップページ | 許容の範囲 »