« 天狗裁き | トップページ | 電気カミソリ »

2007年4月24日 (火)

不二家ネクター

儲けには限度がある。しかし損に限界はない。
金儲けの秘訣 ・第45条)


もう何年も前の話だけれど、
エンヤをよく聞いていた時期があった。
ベストアルバムが出たころだから、
ひょっとすると、10年くらいはたっているかもしれない。

エンヤ、の曲に最初にであったのは、
おおむかしの、不二家ネクターのテレビCMだった。

かのじょのデビュー曲である、オリノコフローにあわせて、
果物だったか、果物の果汁だったか、を素材にした、
美しい映像がつぎつぎと流れる、というような感じのCMで、
あんまり頻繁にはぼくも見なかったのだけれど、
実に印象的だったのを憶えている。

しかしながら、パソコンやインターネットがなかったころは、
今のように何でも簡単に調べものができるような、
そんなけっこうな時代ではなかったし。
何かを知ろうとすれば、それなりの手間や時間や費用や、
あるいは、そのなかのいくつかが必要であったのだ。
しかも、調べよう、と思ってるうちに、
忘れることの方が多かった、
そんな呑気で、考えようによっては平和な時代、であったと思う。

残念ながら、エンヤ、という歌手も知らず、
不二家ネクターのCMがいつ流れるか、
ということもわからなかったし、
ホームページから、企業のCMを見ることができる、
という時代でもなかったので、
できれば、またみたいと、思っているうちに
忘れてしまっていたのだった。

けれど、エンヤのベストがでたときに、
めざましテレビかなにかで、
オリノコフローを耳にして、あ、この曲、だ、
と、かのじょのことを思い出したのだった。

残念ながら、CMの映像はなかったけれど、
それから、かのじょの音楽には触れるようになった。
ある意味、不二家は、かのじょのことを教えてくれた、
恩人でもあるわけだ。

その不二家が、窮地、に立って、久しい。

たしかにかれらがやったことは、間違っていただろうし、
コンプライアンスの面からも、責められてしかるべき、
なんだろうけれど、
最近思うことは、なんらかの問題が発覚したときに、
問題を起こした、企業なり、個人なりを、
相手が死ぬまで、責め続けるような、そんな文化が、
日本に根付きつつあるような気がすることだ。

そして、先頭に立って、それを行なっている、
マスコミもまた、同じように問題を起こし、
同じように叩かれている。
ただぼくには、かれらはあんまり反省をしているようには、
みえないけれどもね。

そして、そんな優しさのない正義がほんとうに正しいのだろうか、
って、思ったりするのんは、ぼくだけなんだろうかな。


▼そういえば、不二家のキャラクター、といえば、
ペコちゃん、ポコちゃん。
謝るペコちゃん、許してくれなくて、ボコボコちゃん、
なんちゃって。
おあとがよろしいようで。。。^^;

Photo_32

« 天狗裁き | トップページ | 電気カミソリ »

コメント

師匠こんにちわ〜

私、高校生のころ不二屋でケーキとパンを売るバイトしてましたよ^^
ときどきパン屋ケーキをもらったり、こっそり食べたり…
時給はかなり安かったけど「おいしい」バイトでした♪

はぎ妻さん、まいど^^

>私、高校生のころ不二屋でケーキとパンを売るバイトしてましたよ^^
>ときどきパン屋ケーキをもらったり、こっそり食べたり…
>時給はかなり安かったけど「おいしい」バイトでした♪
あっしの知り合いにも、ケーキ屋でバイトしてた女性がいやす。
ふたりの共通点は、若いときは今にもまして(ここ太文字)、
かわいかったんだろうな、という容姿の方々なんでやんす。
ケーキがまだ贅沢品だった時代に、
家にケーキを買って帰るおっさん向けに、
ええかっこしたくなるような、かわいこちゃん(死語^^?)を、
配備してたのでないか、とあっしは思ったんでやすが、
客層は、いかがでやしたでしょうか(^^?

お褒めいただいて大変うれしいのですが
昔より今の方がかわいい(ここ太文字)ですってば☆(笑)

住宅街の駅前でしたから、確かに夜はお父さんが家へのおみやげでケーキ買って帰るケースが多かったですね〜
でも、あるとき1人の中年サラリーマン風の男性が「いくつから買えるんですか…?」と遠慮がちに聞かれたので「おひとつから大丈夫ですよ」と言うと毎週恥ずかしそうにケーキを1つだけ買って帰る人が今でも印象に残っています^^;

はぎ妻さん、またまいど^^

>お褒めいただいて大変うれしいのですが
>昔より今の方がかわいい(ここ太文字)ですってば☆(笑)
そりゃ、大変失礼をば(^^)

>住宅街の駅前でしたから、確かに夜はお父さんが家へのおみやげで
>ケーキ買って帰るケースが多かったですね〜
>でも、あるとき1人の中年サラリーマン風の男性が「いくつから買えるんですか…?」
>と遠慮がちに聞かれたので「おひとつから大丈夫ですよ」
>と言うと毎週恥ずかしそうにケーキを1つだけ
>買って帰る人が今でも印象に残っています^^;
甘党で独り者のおじさん、だったのでしょうか?
あっしみたい。
でも、あっしとちゃうとこは、ひとつで我慢できるとこ、でしょうか(^^♪


コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 天狗裁き | トップページ | 電気カミソリ »