« 不二家ネクター | トップページ | ぷんぷいさんの黄金週間2007(4月28日篇) »

2007年4月27日 (金)

電気カミソリ

よく研いだナイフは、よく斬れる。人間も一緒だ。
金儲けの秘訣 ・第136条)


最近、少し話題になったニュースに、
どっかのお猿さんが道具を使って狩猟を行なった、
というようなものがあった、と思う。

なんでそれがニュースなのか、というと、
ひとと動物を隔てるひとつの根拠が、
道具の使用であった、からだと思う。

たしかに、大きな第一歩なのかもしれないが、
それを以って、猿にもひとと同様の権利を認めよ、
猿にも人権を、とならないでほしいものだ。

さて、お猿さん同様、道具も人類の進歩に従って、
進化を続けている。
しかしながら、比較的進化の度合いが激しいものと、
あんまり進歩していないものがあるような気がする。

たとえば、コンピュータや飛行機などは、
わりと最近発明されたにもかかわらず、えーんかいな
とようなスピードで進化している、ように思える。

それに対し、雨具、たとえば、傘や合羽は、
基本的なコンセプト、である、雨を防ぐ、という機能において、
ほとんど進化が見られない。
たしかに、傘は、素材や開き方、折りたたみ方式など、
本質とは違うところでの進化は多少しているようだけれど、
基本的には、ひとがさして使う、という不自由さを
でんでん解消できていない。

雨の日に外出したくない、と多くのひとが思う、
その理由のひとつは、この傘という道具の進化の度合いの低さ、
によるのではないだろうか。

ところで、道具の進化には、ふたとおりの系統、
があるように思う。
つまり、従来のものを完全に駆逐してしまうような進化と、
古いものとの共存型の進化、だ。

前者の、一番顕著な進化の例は、和文タイプライター、
ワードプロセッサー、そして、パーソナルコンピュータ
へとつながる、文書作成機械の進化の系図だろうか。
ワープロは、和文タイプを駆逐し、
しかし、パソコンに駆逐された。

しかしながら、ワープロの重要な特性のひとつである、
自身単体で印刷までが可能、という機能を受け継いだ
パソコンが存在しないのは、はなはだ不思議だな、と思うのだ。

通信機能をもたせたPC、というのは存在しているし、
今ぼくが所有している、ウィンドウズモバイルのゼロスリーは、
通信がメインであるけれど、PCの仲間だ、
と言っていいと思う。

その場で印字できる機能を持ったPC、という市場は、
きっとあるのではないか、と考えるのだけれど、
そうでもないんだろうかな。

出張で各地を転々とする、ビジネスマンや、
即座に伝票などを発行したい修理業者、
なんかにはきっと需要がある、と思うのだけれど、
だれか作ってみませんか(^^?

さて他方、共存型の進化、を遂げているものも
たくさんあるだろうけれど、表題にあげた、
電気カミソリ、なんていうのも、そのひとつだろう。

いったい、どれくらいのおっさんにいさんじいさんが、
電気によらないカミソリでひげを剃っているのか、
ぼくは知らない、のだけれど、
たしかに電気によらないカミソリは、ひげそり用として存在し、
今日もまだ、独自の進化を続けているようだ。

ホテルなどでは、消耗品として、ひげそりを
洗面セットのなかに置いている場合もけっこう多い。

しかしながら、ぼくは、あっと的にひげそりは、電気派、だ。
これには、以前にあった、事故のトラウマが関係している。

10年以上前に、北海道の万世閣、というホテルに
泊まったときのことだ。
このホテルには、大浴場があり、
そこの洗い場には、使い捨てのひげそりが置いてあった。
ぼくは鼻歌まじりにここでひげを剃ったのだけれど、
ふだんは、電気ひげそりしか使わないうえに、
浴場内だったので、メガネをかけていなかった。
また、鏡も曇ってよく見えなかったので、
勘を頼りに適当にひげを剃ったのだけれど、
きっと、ちからが強すぎたのだろう、
違和感を感じて、鏡に顔を近づけてみると、
あごが血まみれになっていたのんだ。

そんなに痛くはなかったのだけれど、
血まみれの自分の顔に卒倒しそうになってしまったのんだ。

それ以来、自分では、電気以外のカミソリを使ったことはない。
電気カミソリを発明してくれたひとには、
とても感謝しなければ、とぼくは思っている。
もし、かれがいなければ、ぼくはしょっちゅう自分の顔をみては、
卒倒しなきゃいけなかっただろうしさ。




▼顔が血まみれ、といって、思い出すのでは、
映画「ハンニバル」で、レクター博士に勧められ、
自分の顔の皮をはいで、飼い犬に喰わせたヴァージャーさんだ。
かれの商売は、食肉加工業なんだけれど、
自分を加工することないぢゃんか、
なんてつっこみは、いりませんね(^^)
さて、「ハンニバル」の最新作、「ハンニバルライジング」が、
劇場公開、されておりますが、どなたか見たヒトいませんか(^^?
激情後悔、なんて作品でなければ、見てみたい気も。。。
原作は、ゴールデンウィーク中に読む予定なんすけどね^^

Photo_33

« 不二家ネクター | トップページ | ぷんぷいさんの黄金週間2007(4月28日篇) »

コメント

先日「ハンニバルライジング」観てまいりました。
なかなかよろしゅうございます。
若きレクターは男前でもろツボでございます♪
これ以上はネタバレなので申し上げられません。

同志、まいど^^

>先日「ハンニバルライジング」観てまいりました。
>なかなかよろしゅうございます。
>若きレクターは男前でもろツボでございます♪
あっし、男前には関心はありませんが(^^、
映画の内容がよかったのなら、見に行こうかな。
といいつつ、いつもDVDで見るのですが(~~;
ハンニバル、も、原作のほうが好きで、
映画自体の出来は決して悪くないと思うのですが、
どうしても、原作と比べちゃいますからね^^

>これ以上はネタバレなので申し上げられません。
ご高配に感謝、いたしますです。。。(-人-)

同志、DVDだけなんてのは邪道よっっっ!
まず大画面、これですがな!!!!!

>同志、DVDだけなんてのは邪道よっっっ!
>まず大画面、これですがな!!!!!
映画を劇場は見るのはどうも苦手で(^^;
出不精なうえに、デブ症だし。。。
でわ、行ってまいりやす(^^)/

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 不二家ネクター | トップページ | ぷんぷいさんの黄金週間2007(4月28日篇) »