« 森の仔リス | トップページ | 不二家ネクター »

2007年4月21日 (土)

天狗裁き

眠りはチャンスをフイにする。
金儲けの秘訣 ・第103条)



ぼくが好きな落語のなかに、天狗裁き、という噺がある。

ある男が寝ているときに夢を見ている様子で、
女房がそれをみていて、男が寝覚めてから、
どんな夢をみていたの、と尋ねたのに対して、
男は、夢なんぞみていない、という。
そこで、わたしにいえないような夢をみていたのね、
と夫婦げんかが勃発する。

大げんかの様子を聞きつけた、長屋の隣の男が仲裁に入って、
とりあえず夫婦のけんかはおさまった、のだけれど、
今度は、隣の男が、夢の内容を聞きたがり、
さらにけんかがおこってしまう。
たまたま、町内を巡回していた家主が仲裁に入り、
とりあえず、けんかはおさまるが、
今度は、家主が夢の内容を聞きたがり、夢なんぞみていない、
という店子である男と大げんかになってしまう。

家主といえば親も同然、その家主に夢の話くらいできんのなら、
もう自分の長屋にはおいとくことはできんと、
家主が男の立ち退きを要求したから、話が大事になった。
男はそんなあほな要求があるものかと、
お上に不当な立ち退きを要求された、と訴え出る。

奉行は、町の名士でもある家主が、
そんなばかな立ち退き要求をしてはいかん、と諌め、
一件落着するも、人払いをしたあと、
奉行にだけ、みた夢を述べよ、と男に迫った。

男も、いくらご奉行さんでも、みていない夢はいえません
と許しを請うが、この奉行にまで隠し立てをするか、
いうまでは許さんと、奉行は、男を松の木にぶらさげる、
という折檻を行なったのだった。

そんな男を空からかっさらい、助け出したのは、天狗だった。
天狗は、今後ともこの天狗がついている、
奉行がなにかいってきたら、きっとまた、
この天狗が助けに来るだろう、といいながら、
ところで、夢の内容はどんなものだったのか、
もし、この天狗にもいえないようなら、八つ裂きに、、、

寝ている自分のダンナがなにか夢をみている様子なので、
女房は、かれが起きてきたら、
どんな夢をみていたのか聞いてみよう、と思うのであった、

というような内容の噺である。

夢落ち、でありながら、なかなかよくできた噺で、
しかも、これが古典落語なのだから、おもしろい、と思うのだ。

ところで、ぼくもこの男のように、朝起きると、
夢をほとんど憶えていないタイプの人間だ。

占いのような、胡散臭いものと違い、
自分の脳内にある情報を元に作り出されたものである夢は、
内容に脈絡がなくても、きっとなにか意味があったり、
少なくとも、なにかを暗示してるに違いない、
とぼくは信じて疑わないのだけれど、
自分で分析する材料がないのは、ほんとに残念至極なことである。

だからといって、見ず知らずの人間の夢を話を聞いたところで、
そのひとの日常や性格を知らなければ、
それの意味するところがなかなかわからないだろう、
と思っている。

科学や医学が進歩し、昔なら考えられないようなことが、
平気で行なわれている昨今なのに、昔から誰もが普通にみている、
夢ひとつ記憶する手だてがないことは、
なんとも不思議で、文明の進歩に偏りがあるのではないか、
と思ったりするのだけれど、いかがなものなのだろうか。

頭にUSBの端子でもつけて、PCのハードディスクかなにかに、
夢の内容を記録できるようになれば、さぞや楽しかろう
と、思うのはぼくだけなのかなあ^^



▼ただ、夢の内容を記録したハードディスクは、
人様には見せられない代物になる、
可能性は否定できないが。。。
でも、今のPCの中身も同じようなものか'`,、('∀`) '`,、

Photo_31




 

 

写真は、テングザル。
ヒトのメスの乳房が膨らんだのは、
人類が2足歩行に移行したことで、性的成熟
プレゼンテーションできなくなった補償的進化として、
身体の正面にお尻の膨らみを擬態したのだ、
と述べたのは、デズモンド・モリス、だったかな^^

ところで、テングザルの鼻は、
いったいなにを擬態したのやら^^;。。。

« 森の仔リス | トップページ | 不二家ネクター »

コメント

「こんな夢を見た…」
『夢十夜』大好きです♪
私も結構あんなへんな夢見たりする方ですから^^;
夢は朝目覚めた時に布団の中で思い出すように訓練したらだんだん記憶に残るようになるらしいですよ。

はぎ妻さん、まいど^^

>「こんな夢を見た…」
>『夢十夜』大好きです♪
>私も結構あんなへんな夢見たりする方ですから^^;
>夢は朝目覚めた時に布団の中で思い出すように訓練したら
>だんだん記憶に残るようになるらしいですよ。
あっし、実は努力家、ぢゃないもんで^^;、
なんか毎日少しづつ走って、フルマラソン走れるように、とか、
泳ぎの練習してるうちに、
ドーバー海峡を泳ぎきれるようになりましょう、
みたいな途方もない努力に思えますだ^^;
やはり、頭にUSB用のコネクタ、をつけた方が早いような。。。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 森の仔リス | トップページ | 不二家ネクター »