« 洗車 | トップページ | Miles Smiles »

2007年2月12日 (月)

運命は買えない。
金儲けの秘訣・第236条)


最近、思いついて励行していることがある。
在宅中の、家の鍵のかけ方、だ。

以前は、きちんと普通の鍵と、
外からあけられない方の、最近は少し形状が違うけれど、
昔だったら、クサリでかける方の鍵をかけていたのだけれど、
今は、後者の方の鍵を、家にいるときもかけないようにしている。

考えたら、外出のときには当然かけられないのだし、
家のなかにいるときにかける必要はないのではないか。
誰かが尋ねてきたときは、ドアを開ける前にかければいいのでわ、
という風に思いついたのだ。

そして、もうひとつ、自分がひとりでいるときに、
突然自分が死んだり動けなくなったとする。
そのときに、鍵を持っているひとが来てくれた、としても、
あれをかけていると、外から入って来れないではないか、
ということに気がついてしまったのだ。

死んでしまえば、仕方がないが、
まだ生きていて、異変に気づいた誰かが助けに来てくれたときに、
外から入れないばっかりに間に合わなかった
ということだって起こりえるのだし。

むろん、女性のひとり暮らしなんかだと、
むしろ在宅中の方が怖い、という場合もあるだろうが、
ぼくは、おっさんひとりだし、襲うような物好きもいまい、
と思うのだ。
なんかあったときは、非常ボタンだって、あるしさ。

それよりは、突然死や突然の病気に備えておいた方が、
得策であろう、という結論に至ったわけなのだ。

もちろん、その結果が吉と出るか、凶と出るか、
ということは、ぼくにもわからないし、きっと誰にもわからない。
先のことは、誰にもわからないのんだ。

ただ、確率論や経験則があるだけだ。

最近、周りで数件、脳梗塞、というのだろうか、
その手の病魔に襲われる事例を見てしまった。

あるものは、家族と団欒中、
あるものは、ひとり暮らしながら、仕事中、
あるものは、家族がいたにもかかわらず、家族が旅行中だった。

3件とも幸運にも命は助かったけれど、
発見されるまでの時間は、まちまちで、
やはり少しでも早い方が結果としてよかったようなのだ。

家の鍵、よりも、もっと根元的な解決法
考えなくてはいけないのかもしれないが、
今できること、自分ひとりでできることを、
とりあえずはするしかないよねー(^^;)




死して屍拾うものなし
とはいったいだれのセリフだったかな。
でも、現実生活ではなかなかそうもいかないからね。
宗教的にフリーなあっしは、できれば、遺体は焼いてから、
灰をタイのどっかの川にでも流して欲しいな、
と思っているのだけれど^^

Photo_369

« 洗車 | トップページ | Miles Smiles »

コメント

>死して屍拾うもの無し
隠密同心心得の条ですな。
「大江戸捜査網」ですわ~♪

家族がいるからとあてにしてちゃいかんです。
ウチの職場の患者さん、み~んな家族といるにもかかわらず発見遅れて寝たきりです。
中途半端に発見されるくらいなら、そのまま昇天したいというのが望みですね。
家族にも「見つけたときに呼吸停止で時間経ってそうなら蘇生しないで」と言っております。

ぷんぷいさま、

私も思わず「大江戸捜査網やっ!」と叫んでしまいました。大好きだった、あの音楽。

おんな一人で暮らしていると、外からの侵入も考えますが、たしかに家で一人でぶっ倒れるというシチュエーションについても考えますな。ま、でも、私も「中途半端に発見されるくらいなら、そのまま昇天したい」と思いますです。一人で部屋の中で冷たくなっているのを発見されるのがいいです。

同志、まいど^^
>>死して屍拾うもの無し
>隠密同心心得の条ですな。
>「大江戸捜査網」ですわ~♪
おお、そうでしたか。
多少は検索してみたのですが、調べきれずいたのですが、
これで、心のつかえがとれますた(^^)

>家族がいるからとあてにしてちゃいかんです。
>ウチの職場の患者さん、み~んな家族といるにもかかわらず
>発見遅れて寝たきりです。
>中途半端に発見されるくらいなら、
>そのまま昇天したいというのが望みですね。
>家族にも「見つけたときに呼吸停止で時間経ってそうなら
>蘇生しないで」と言っております。
さずがわ同志、現場を見てるひとの意見ですな。
ところで、あっしの近くで起こったのは、なぜかみんな男のひと、
が患者なのですが、やはり男の方が、こういう状況になりやすい、
のでしょうか?
ちょっと偶然では片付けられないような気がするのですが^^;

richicoさん、まいど^^

>私も思わず「大江戸捜査網やっ!」と叫んでしまいました。
>大好きだった、あの音楽。
そうでしたか^^
今、あっしの頭のなかで鳴ってる音楽があってるかどうか、
今度、同志ともちんに訊いてみますね(^^♪

>おんな一人で暮らしていると、外からの侵入も考えますが、
>たしかに家で一人でぶっ倒れるというシチュエーション
>についても考えますな。
>ま、でも、私も「中途半端に発見されるくらいなら、
>そのまま昇天したい」と思いますです。
>一人で部屋の中で冷たくなっているのを発見されるのがいいです。
上にも書きましたが、女性陣がそうなるには、
かなりまだ時間がかかるのでわ、とあっしは思っておりやす^^;
それよりは、侵入者の方がやばいかもしれませんね。
あっしの知人の女性で、風呂から上がったら、
知らないおじさんが部屋にいた、というひとがいます。
同居の妹は侵入に気づきながら、フトンの中で震えてたそうっす(^^ゞ

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 洗車 | トップページ | Miles Smiles »