« 鍵 | トップページ | ぷんぷいさん、ファックスを買う »

2007年2月14日 (水)

Miles Smiles

笑顔は丸く、 ナイフは鋭く。
金儲けの秘訣・第48条)


ぼくが敬愛するひとのなかに、ふたりのMiles、が存在する。
ひとりは、スタートレックの、2つのシリーズにまたがって
出演していたコルム・ミーニー演ずるマイルズ・オブライエン
という宇宙連邦の軍人で、
もうひとりは、ジャズトランペッターのマイルス・デイヴィスだ。

どちらの人間にも親しんでけっこう長いのであるけれど、
両者が同じ名前であることに、
ぼくはつい最近まで気づかなかった。
なんでかはわからない。
その名前を聞くことはあっても、自ら発声することが少なかった、
ということもあろうし、また、日本語表記が、
マイルズとマイルス、と微妙に違っていたせいかもしれない。
あるいは、マイルズ・オブライエンの方が、
職名から、チーフ、または、チーフオブライエン、
と呼ばれることが多かったせいかもしれない。

しかしながら、われながら、うっかりな奴だ、と、
自分のことを思わずにはいられないところだ。

さて、ふたりの名前が同じであることに気づいてから、
さらに、新たな発見があった。
オブライエンのあだ名のことである。

スタートレックDS9のなかで、平行世界、という設定があり、
そのなかで、かれは、やくざな上官に、スマイリー
というあだ名をつけられるのだ。
その世界で、あんまりにこやかには生きていないかれが、
なんで、スマイリー、と呼ばれるのか、ぼくはわからないまま、
あんまり注目もせずにいたのだけれど、
最近、マイルス・デイヴィスのMiles Smiles
というアルバムを買って、気がついた。
スマイリー(smi-le)、というあだ名は、マイルズ(miles)という
名前の語順を変化させたもの
なのだと。

マイルス・デイヴィスは、こういうことば遊び
アルバムタイトルに使うのが好きなようで、
milestonesというアルバムも、文字通りの
マイルストーン(一里塚・画期的な事件など)と、
マイルスの音(miles-tones)、という、
たぶんふたつの意味を持たせたことばなんだろう。
そして、自分の名前がMilesでなければ、かれはきっと、
アルバム名にこのことばを使用しなかったであろうな、と思う。

こういうことば遊びも、マイルスのような立派な芸術家がすれば、
さすがは、マイルス・デイヴィスだ、と褒められ、
ぼくのような取柄のないおっさんがいうと、
おやじギャグ
だの、北極より寒いだの、いわれるんだろな、
と考えると、ちょっと世の中、不平等に過ぎるんでないか、
一揆でも起こしたい気分にかられることだよ。


▼むかし、シンプル イズ ベスト、ということばが流行ったとき、
どっかのお寺でもらったシャープペンシルには、
テンプル イズ ベスト、という標語が印字されていた。
和尚さんも、駄洒落いうんだ、しかも、英語だし
と思ったものだ。

Photo_370
ひと休みひと休み、
ということで、リラクシン(^^♪

« 鍵 | トップページ | ぷんぷいさん、ファックスを買う »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 鍵 | トップページ | ぷんぷいさん、ファックスを買う »