« 頻脈 | トップページ | 答えのない質問 »

2006年12月11日 (月)

がっかり、すまそ。

今年の正月に、微乳の王国、という記事をここに載せた。
ちょうどそのころぼくはタイに滞在中で、
むかしに比べ、タイ人の体格も良くなって、これからは、
肥満の心配をしなくてはならないようになるではないか、
というような、趣旨の話だったのだけれど、
話のなかに出てくる、微乳、ということばが、
予想外の事態を引き起こしていることに最近、気がついた。

微乳、ということばを検索した結果、
このブログを訪問してくれるひとが、思いの外、多いようなのだ。
話自体はそれほど深く、微乳に関して言及しているわけでもなく、
また、ぼく自身、微乳に関して造形が深いわけでもない

むかし、世界3大がっかり名所のひとつ、といわれた、
シンガポールのマーライオンと同様、
がっかりしてここから帰る人が多いのだと推察され、
心苦しい思いしきりなのである。

その後マーライオンは、シンガポール政府の力によって、
巨大モニュメントに変身し、
きっと、がっかり度は減じているのだろう、と思うのだけれど、
ぼくのブログに関しては、検索で訪れてくれたひとを
満足に誘うような、さらなる蘊蓄もなく、
さりとて、微乳に関して、これ以上探求しよう、
という向上心も持ち合わせていないため、
まっこと、申し訳ない、と思う次第である。

しかしながら、スイカップだの、爆乳ショットだの、
巨乳属を讃えるような、
また、そういう風潮をあおるような情報があふれるなかで、
野に咲くかすみ草のような、ほのかな微乳情報を求めて、
日々活動されている、諸兄には、エールを送りたい、
そんな思いでいっぱいである。

ちなみに、ぼくは、女性のお乳ならば、どんなものでも、
受入れる覚悟はできている、のんで、
とくに希望があれば、申し出られたい(^^;)



▼アクセス解析の画面からのコピーした図をご覧いただきたい。
ここ100日ほどのあいだで、語句検索によって、
うちのブログにたどりついたひとの、検索ワードの1位が、微乳
貧乳、も9位に入っており、合計の検索数が267回で、
全体の検索数の2680回の、1割近い数字になっている
ことがわかる。
それに対し、巨乳、からたどりついたひとは、
64位の8回にすぎない。
微乳情報が、需要に対して供給が追いついていない状態
とぼくが考えた根拠はここにあったのだ。
これをビジネスに生かしたい、というひとがいたら、どーぞ^^;

(図)

Photo_236





Photo_237






Photo_238





Photo_239

« 頻脈 | トップページ | 答えのない質問 »

コメント

微乳フェチが正しい情報を求めてさまよい、
師匠のブログに「救いを求めた☆」という結果でしょうか(笑)
それだけ「微乳」のサイトやブログが少ないのでしょうかね〜(謎)
これは逆に微乳の女性たちにとっては朗報ですよねっ!?
この検索結果を見た微乳女性たちは誇りと自信を取り戻したことでしょう♪
師匠、良いことしましたね〜(爆)

はぎ妻さん、まいど^^

>微乳フェチが正しい情報を求めてさまよい、
>師匠のブログに「救いを求めた☆」という結果でしょうか(笑)]
通過していっただけだと思いやす^^

>それだけ「微乳」のサイトやブログが少ないのでしょうかね〜(謎)
うーーん、きっとそうなんでしょうね~^^;(謎)×2

>これは逆に微乳の女性たちにとっては朗報ですよねっ!?
>この検索結果を見た微乳女性たちは
>誇りと自信を取り戻したことでしょう♪
>師匠、良いことしましたね〜(爆)
でわ、その功績から、このブログ、
しばらくは、乳んぷんぷい、と名乗りましょうかね(^^?

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 頻脈 | トップページ | 答えのない質問 »