« 伊集院渚ちゃん | トップページ | がっかり、すまそ。 »

2006年12月 9日 (土)

頻脈

「…誰かに去られたあと、その場所に残ってひとりで生きる
というのは、たしかに辛いことであると思います。
それはよく承知いたしております。
しかしこの世の中に、何も求めるべきものを持たない寂寥感ほど
過酷なものは他にありません。…」
村上春樹「ねじまき鳥クロニクル」第2部終章中の間宮元中尉の手紙より


ぼくは、脈が速いことではとても定評のある男だ。
たいてい、1分間につき100から120の間にいる。
一般的なひとだと、つねにジョギングしてるくらいの脈拍数、
なのだということだ。
でも、血圧は年齢を考慮しなくても決して高い水準になく、
かかりつけのお医者さんに言わせると、薬によって、
脈拍の回数を減らすには、中途半端な状況、なのだそうな。

こんなことを友人たちに話すと、みんないっせいに、
「ゾウの時間 ネズミの時間」という本を思い出すようで、
ぼくの早死にを心配してくれたり、確信してくれたりする。

要は、巨大で長生きの象も、小型で早死にのねずみも、
一生のうちに、心臓が働く回数は同じ、
すなわち、ぼくの場合に当てはめれば、脈が速い分、
きっと普通のひとよりは、早く心臓が使えなくなり、
早死にするだろう、という結論に至る、ようだ。

ぼくも、若いとき、たしか中公新書かなにかで、
ベストセラーになった、この本は、読んだ記憶があるし、
その内容に関して、異議を唱えるつもりもない。

異議なし、早死にに1票、というところだ。

だからといって、今のところ、慌てふためいて、遺書を書いたり、
戸棚に隠したエロビデオを始末したり、宗教に救いを求めたり、
というような、そんな切羽詰った感情や行動には、至っていない。

早いか遅いかはあるものの、ひとはどうせ死ぬのだし、
そのために、多大な努力を払って、
人生を時間をほんの少し延ばそう、
という境地にもまた、今のところはなっていない。

今、これを読んでいるひとたちだって、
100年後にまだ、これを読めるくらいに元気なものは、
たぶん、ほとんどいないだろうしさ。

以前にも書いたとおり、自分にとって、苦痛な努力はしたくない。
苦しいのは、死ぬる瞬間だけで充分だ。

ただ、死ぬときくらいは本当に好きな人と一緒にいたいものだ、
とは思わないでもない。
これも、叶うかどうかは今後の人生に期待、という状況なので、
ま、ぼちぼち考えてみようかな、みまいかな、
と思ったりするは今日この頃である。


▼自分の最愛の人が、自分を最愛のひと、と思ってくれていない、
という熟年夫婦が増えているようで、ご愁傷さまな限りだ。
しかも、近年の日本では女性の方が三行半をたたきつける
パターンが多いらしく、妻に去られた男性の平均余命は、
悲惨
、の一語に尽きるようなありさまらしい。
だけど、しかたないよねー、
夫婦といっても、所詮は他人なんだしね。
みんなそれぞれに自分の幸せを追求する権利があるのだろう、
と思う。
こういう、不本意に老妻に去られたひとたちに
若く日本語のできるタイ女性を紹介し、
不幸なおっさんじいさんたちを支援するシステム
をやはり作らねば、と決意を新たにする次第だ(^o^)

Photo_231

タイのビアチャン。
訳せば、象ビール。

« 伊集院渚ちゃん | トップページ | がっかり、すまそ。 »

コメント

こんばんは♪

そうですか~頻脈なのですか…
ちなみに私は高血圧気味ですw
多分長生きはしないだろうな~なんて思っています(^-^ )
まあ、人生楽しまなくっちゃ!とは思っていますので、今では結構好き勝手やっているのですけどね。

死ぬ時は最愛の人と…ですか。
そうですね~最愛の人に手を握られて死んで行けたら幸せですよね。
でも、世の男性がそれを望むのなら、それなりの努力はしないといけないと言う事ですね。。。
私が思うに、熟年離婚が増えているのは、あの時代の男性が家庭を顧みなかった現れではないかと思います。
「女房は家を守る物」と決め付けているので、奥さんがどんなに愛情をかけていても、それに気づかないまま時が過ぎてしまったのでしょう。

ささ、少しでも気がかりな男性は、今からでも奥様に愛情を注いであげて下さいませ~♪

PS
ほら貝の話、面白かったですw

師匠、こんにちわ♪
若いうちの孤独は耐えられるけど、
年を取ってからの孤独は辛いものがありそうですよね?

夫婦でも「どちらが先に死ぬか?」ということが問題だと思うのですが、
やはり夫が先に逝ったほうが幸せじゃないんですかね〜?
なんだかんだ言って、女性の方が適応能力があるから未亡人になってもそれなりに人生の楽しみを見つけられそうですからね^^;

師匠、まいど~

師匠が早死にすると確信した者でございます。
私も80~90くらいなんで、早死にの予定。
あの世で早めに再会できるかもしれませんよ~(え、イヤ?)

最愛の人ってのは、常に側にいると最愛ではなくなるものなのかもしれませんね。

私も健診のたびに頻脈でひっかかっております。
しかし早死にするとはカケラも思っておりません。夜勤明けでも朝ごはん抜きでも献血できる頑丈なこのカラダ、なんで早死にしましょうかってんだ~!!!ですわ♪
同志、ともに長生きいたしましょう♪

死ぬときは別に好きな人と一緒にいなくてもいいです・・・どーせ死ぬ前に血圧もレベルも下がってなんにもわかんなくなっちゃうのが現実ですもの~。
ひなたぼっこしながら好きな音楽でも聴きながら死ねたらたとえひとりでも本望ですわ♪

mokotoさん、まいど^^

>そうですか~頻脈なのですか…
>ちなみに私は高血圧気味ですw
>多分長生きはしないだろうな~なんて思っています(^-^ )
そうっすかあ^^;
あっしの感じでは100歳は軽い、かなと、、、

>まあ、人生楽しまなくっちゃ!とは思っていますので、
>今では結構好き勝手やっているのですけどね。
異議なし、好き勝手に1票^^

>死ぬ時は最愛の人と…ですか。
>そうですね~最愛の人に手を握られて
>死んで行けたら幸せですよね。
>でも、世の男性がそれを望むのなら、
>それなりの努力はしないといけないと言う事ですね。。。
あっしはそれ以前の努力が必要っすけどね^^;

>ささ、少しでも気がかりな男性は、
>今からでも奥様に愛情を注いであげて下さいませ~♪
あっしはそれ以前に愛情を注ぐ、、、
もういいっすね^^;

>PSほら貝の話、面白かったですw
じゃあ今度はつぶ貝の話を。。。

はぎ妻さん、まいど^^

>若いうちの孤独は耐えられるけど、
>年を取ってからの孤独は辛いものがありそうですよね?
からいもの、なら喜ばしいのですが^^;

>夫婦でも「どちらが先に死ぬか?」
>ということが問題だと思うのですが、
>やはり夫が先に逝ったほうが幸せじゃないんですかね〜?
>なんだかんだ言って、女性の方が適応能力があるから
>未亡人になってもそれなりに人生の楽しみを
>見つけられそうですからね^^;
平均寿命も男が早う死ぬようになってるし、
それが自然の摂理、なのかも知れないっすね^^

マナオさん、まいど^^

>師匠が早死にすると確信した者でございます。
じょおさまの確信に添えるよう、これからも精進する所存、
でございますです(^^♪

>私も80~90くらいなんで、早死にの予定。
>あの世で早めに再会できるかもしれませんよ~(え、イヤ?)
じょおさま用のあの世と、下僕用のあの世では、
たぶん、場所が違うのではないかと。。。

>最愛の人ってのは、常に側にいると
>最愛ではなくなるものなのかもしれませんね。
またこな恐ろしい発言をなにげなく。。。^^;

同志、まいど^^

>私も健診のたびに頻脈でひっかかっております。
>しかし早死にするとはカケラも思っておりません。
>夜勤明けでも朝ごはん抜きでも献血できる頑丈なこのカラダ、
>なんで早死にしましょうかってんだ~!!!ですわ♪
同志はきっと100まで働いてる、と思いやすよ^^

>同志、ともに長生きいたしましょう♪
あっしは長生きの才能には恵まれてなさそうっす^^;

>死ぬときは別に好きな人と一緒にいなくてもいいです・・・
>どーせ死ぬ前に血圧もレベルも下がって
>なんにもわかんなくなっちゃうのが現実ですもの~。
>ひなたぼっこしながら好きな音楽でも聴きながら死ねたら
>たとえひとりでも本望ですわ♪
ひなたぼっこなら、タイで強烈なのができやすよ(^^♪

師匠おつかれさまでした〜
いっぱい、ご馳走食べました?
ボクは毎度ながら、アルコールでご機嫌さん。
あっと言う間に時間もすぎて、いったい何があったのかはあまり記憶にございません。
たしか、帰りがけに「師匠今度うちによって下さい」と言いましたよね?(笑)
来て下さい(笑)

さて、三行半をくらわないようにがんばりまっす(汗)

師匠、おつかれさんでした〜

>不幸なおっさんじいさんたちを支援するシステム、
をやはり作らねば、
師匠、新年会の議題はこれですなあ。
秘密の事業計画、おっさんチームでやりましょう!

隊長、まいど^^

>師匠おつかれさまでした〜
>いっぱい、ご馳走食べました?
>ボクは毎度ながら、アルコールでご機嫌さん。
>あっと言う間に時間もすぎて、いったい
>何があったのかはあまり記憶にございません。
あんまり飲まれてなかったようにお見受けしてましたが、
記憶は失っていはりましたか^^
いっしょの先生は、楽しんでいただけたんでしょうか?
あんまりお話できませんでしたが、よろしくお伝えください^^

>たしか、帰りがけに「師匠今度うちによって下さい」
>と言いましたよね?(笑)
来て下さい(笑)
>さて、三行半をくらわないようにがんばりまっす(汗)
いよいよ奥さんとの馴れ初めを語ってくれる気になったのですか?
あっし、ひとりで聞くのはもったいないなー(^^♪

はぎちゃん、まいど^^

>師匠、おつかれさんでした〜
あっしは食ってただけですので、疲れてません。
はぎちゃんとはぎ妻さんこそ、幹事お疲れさまでございました^^

>>不幸なおっさんじいさんたちを支援するシステム、
>>をやはり作らねば、
>師匠、新年会の議題はこれですなあ。
>秘密の事業計画、おっさんチームでやりましょう!
プラス表紙のマナオさんもお忘れなく(^^♪

いやん。馴初めは秘密ですって

それよりか、師匠へのメールが返ってきますよ。
繋がる、アドレスを教えて下さいまし。

隊長、まいど^^

>いやん。馴初めは秘密ですって
それは残念(^^

>それよりか、師匠へのメールが返ってきますよ。
>繋がる、アドレスを教えて下さいまし。
らじゃー、隊長(^^)/

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 伊集院渚ちゃん | トップページ | がっかり、すまそ。 »