« がっかり、すまそ。 | トップページ | 才能 »

2006年12月13日 (水)

答えのない質問

以前にも書いたかもしれないが、若いころ、
冨田勲さんのシンセサイザーによる作品をよく聴いた。
なかでも、ホルスト作曲のトミタ版惑星トミタズプラネッツは、
最高傑作だと思っている。

Photo_241







今のように、シンセサイザー、という楽器が
普通に誰でも扱えるわけでもない時代に、
自分でいちから使い方を会得して、あれだけの作品を作り上げた
のは、凄い、としかいいようがないのではないだろうか。
なんせ、1970年代の話だし。
そんなすばらしい作品群をぼくはレコードで聴いていた。

そういうかれの、シンセサイザーの作品のなかで、
何作目だったか、宇宙幻想、というレコードがあった。
トミタズコスモス、というやつだ。

Photo_240







これは、バッハから、ジョン・ウィリアムまでの、
年代的には広い範囲をカバーしていた、
オムニバスのレコードだった。

ジョン・ウィリアムのものは、スターウォーズのテーマで、
最後のところで、人間がロボットに口笛でエリーゼのために
の吹き方を教える、のだけれど、
ロボットは、どうしてもうまく真似ができない。
教えているうちに、人間の方がロボットにつられて、
間違ってしまい、ロボットに笑われてしまう、
ってオチが楽しかった。

そのレコードのなかに、アイヴスという作曲家の作品を
トミタが演奏した、答えのない質問、というのがあった。

もともとは、トランペット、フルート、弦楽合奏、
という特殊な構成の曲のようで、
今でも、数多くのCDが出ている作品、ではないようだ。
かくいうぼくも、このトミタのレコードでしか聴いたことがなく、
原曲は知らないままだ。

しかし、この答えのない質問、ということばは、
なかなかに含蓄のあることば、ような気がする。

歳を経て感ずるのは、人生における問題の多くは、
実はこの、答えのない質問、だったのではなかったか、
ということだ。

問題を抱えないで生きているひとはそうはいまい、と思う。
みんな多かれ少なかれ、問題を抱えて生きている。

毎日、その問題と向かい合って生きているひともいれば、
うっちゃって生きているひともいるかもしれない。

ただ、解決のための努力をしようがしまいが、
そもそもその問いには、答えなど初めから存在しない、
のかも知れなかったのんだ。

若いとき、ぼくはつまらことでよく悩んだものだ。
最近は、歳を食ったせいか、あんまりまじめに悩んだりも
しなくなったし、問題があっても、それと同居できる
ようになってきた、ようにも思う。

むかしむかし、円周率の計算に人生をささげたひとがいた、
という話を聞いたことがある。
残念ながら、円周率も答えのない問いのようだったようだ。
しかも、今だったら、コンピュータを使って、
かれが一生分かけて計算した分など、瞬時に計算できてしまうし、
そのうえ、彼のしていた計算は、たしか、途中で間違っていた、
という話だった、ように記憶している。
挙げ句の果てに、最近、日本の小学校では、
円周率はおおよそ3、なんて教えることになってるらしいし。

自分のまわりの問題の、どれに正解があり、どれに正解がない
のんか、わからないし、答えのない質問に満ちた人生を、
どのように過ごすのが正解なのか、
これこそが、そもそも答えのない質問、なのかもしれない、
と思ったりするのんだ。




▼最近、平原綾香さんのデビュー曲「Jupiter」の原曲としても、
注目を浴びたホルストの惑星だが、
惑星の発見や定義が変わるたびに、
いろいろなひとから、いわれなき迫害を受けてきた。
かれがこの曲を作曲した当時、まだ、冥王星が発見されておらず、
よその誰かが冥王星を勝手に作曲し、
付け加えたCDが出たりしたのんだ。
でも、今回の惑星騒動に伴う変更で、
ホルストの惑星と、太陽系の惑星の定義は完全に一致した。
今回の惑星騒動で、一番ほっとしたのは、
今はお星さまになってしまった作曲家、なのかもしれない。

« がっかり、すまそ。 | トップページ | 才能 »

コメント

同志、さっすが~!
懐かしいものが出てきましたね~♪
確かにこの「スターウォーズ」は笑えましたわ~(^^)
あの壮大なメインテーマがここまで軽快でぴーぽこな曲になるんですものねぇ~。
カセットテープにとって擦り切れるほどに聴いたものでした。
あ~、アマゾンで「惑星」と二枚セットで売ってるの、買いたくなるぅ・・・。

ところで、富田勲といえば「展覧会の絵」もなかなかでございましょ?(^m^)

同志、まいど^^

>同志、さっすが~!
>懐かしいものが出てきましたね~♪
同志もお好きでしたか(^^♪

>確かにこの「スターウォーズ」は笑えましたわ~(^^)
>あの壮大なメインテーマがここまで
>軽快でぴーぽこな曲になるんですものねぇ~。
>カセットテープにとって擦り切れるほどに聴いたものでした。
>あ~、アマゾンで「惑星」と二枚セットで売ってるの、
>買いたくなるぅ・・・。
レコードでよければお貸ししますよ^^
CDはあっしもまだ買ってませんが。

>ところで、富田勲といえば「展覧会の絵」も
>なかなかでございましょ?(^m^)
これもレコードだったら、もってますよ^^
あと、月の光の入ったドビュッシーアルバムも。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« がっかり、すまそ。 | トップページ | 才能 »