« ルドルフ・ゼルキン | トップページ | 伊集院渚ちゃん »

2006年12月 5日 (火)

狂犬病

最近、数十年ぶりに狂犬病による死者が日本で出た、
という報道があり、
その原因がフィリピンで犬に噛まれたのを放置したため、
ということを聞いて、
うちの母親がぼくに、タイには野良犬はいないのかい、
と心配して問うてきたのだった。

以前に書いたとおり、タイにはたくさん野良犬はいるし、
野良犬とかれらの多くが罹患しているだろう狂犬病は、
ぼくがタイでとくに恐れるもののひとつである。

しかしながら、正しい対処法をとりさえすれば、
狂犬病はそれ自体死に至る病ではない、とタイ人はいう。

ここでは、かれの狂犬病対策を書いておこうと思う。
話をしてくれたタイ人によると、万国で有効な方法だ、そうだ。
しかも聞いたのは、バンコクだったしさ。

まず、噛まれないようにする。
これが一番の方法だ。
だが、噛まれたら、まず、落ち着く。
あなたがのび太くんなら、ドラえもんにせがんで過去に戻り、
噛まれないように自分に警告をする。
但し、時間規則には抵触するおそれはある。

残念ながら、あなたがのび太くんでないのなら、
噛んだ犬をよくみておく。
そして、手に棒を持って背後から近づき、
犬の頭を狙って、降りおろす。
大切なことは、必ずとどめをさすこと、だそうだ。
中途半端に力を抜くと、さらに噛まれるか、逃げられる、
かららしい。
そして、犬の死体を持って、病院にいくのである。

なんで犬の死体が必要なのか?

別にそれを呪術的な意味合いで使おうとか、
そういうことではもちろんない。
噛んだ犬を特定することで、
より効果的な治療が可能なのだ、ということらしい。

もちろん、生きたまま、黙って一緒にきてくれるような、
そんな平和的で友好的な狂犬なら、
死体にしてもっていく必要はないのだろう、と思う。
犬は人類の長い長い友人、なのだ。

けれど、なにせ人を噛むような狂犬である。
途中で気が変わって、医者や看護士や救急車の運転手を
噛む
かもしれないし。
やはりちゃんと始末してから、というのが、
きっとかれらが経験的に知り得た、正しさなのであろう。
人さえ噛まなければ、タイ人は野良犬にとても寛容なんである。

しかしながら、ひとを噛むような狂犬と闘って
ほんとに勝てるのか。
それ自体、無謀、って気がしないでもないけどねー。

そんな話を母親としているときに、そういえば、と思い当たった。
かのじょは、最近海外旅行にいってきたばかりなのだ。

その国には、野良犬はいなかったの?

母親によると、その国では野良犬は見かけなかった、
ということだ。
聞いた話では、その国には、食犬の風習もあるらしいし、
ひょっとして究極の狂犬病対策は、喰っちまうこと
なのかもなー^^;、
とちょこっと思わないでもないのであった。



▼犬を食べたことのある人の話によると、
犬はけっこうおいしい、とのことだ。
よその国の食文化を批判するつもりはないのだけれど、
あっしは、ちょっとご辞退申し上げたいな(^^;)

Photo_230





バンコクの高架鉄道の駅でくつろぐワン君。

« ルドルフ・ゼルキン | トップページ | 伊集院渚ちゃん »

コメント

師匠、こんわんわ〜♪

>母親によると、その国では野良犬は見かけなかった、ということだ。
>聞いた話では、その国には、食犬の風習もあるらしいし、
>ひょっとして究極の狂犬病対策は、喰っちまうことなのかもなー^^;、
ひょっとして…某国ですか?
確かにほとんど野良犬はいませんね〜
いても、ちっちゃくってやせ細って弱そうなのばかり…
市場に行くといろんな種類の犬が食用として生きたまま売られていました…
たぶん…ご指摘の通りの狂犬病対策なのでしょうね^^;

>あっしは、ちょっとご辞退申し上げたいな(^^;)
食べない方がいいですよっ!
食べた後、他の犬に噛まれそうな恐怖に苛まれますよ〜〜〜(><)

はぎ妻さん、こんわわん~♪♪

>ひょっとして…某国ですか?
>確かにほとんど野良犬はいませんね〜
>いても、ちっちゃくってやせ細って弱そうなのばかり…
残念ながら、某国はあっしも行ったことありやす。
母親が行ったのは、四足のものなら机以外、
なんでもたべちゃう、というあの国でやんす^^

>市場に行くといろんな種類の犬が食用として
>生きたまま売られていました…
うーん、ドナドナ状態なんっすねー。
ちょっと(´д⊂ヽカワイソス

>たぶん…ご指摘の通りの狂犬病対策なのでしょうね^^;
>食べない方がいいですよっ!
>食べた後、他の犬に噛まれそうな
>恐怖に苛まれますよ〜〜〜(><)
某国ではワン君をみると、かわいい、という代わりに、
まあ、おいしそー、とかいうんでしょうか^^;
ちょっと興味深い。。。

師匠、まいど^^

海外で犬にかまれて放置してた人の気がしれない。

タイは野良犬がゴロゴロいますけど、今の所サムイでは危険な犬には出会ってないです^^
ロータスの前でデレーンと寝そべっていたり、民家で世間話してると野良犬がフラリとやってきたり。
けど、人間に全く興味ないみたいでした(笑)

噛まれたら殺してしまう・・・っての、ちょっとカワイソウですよね。
もし狂犬病じゃない犬だったら犬死ですやん。

マナオさん、まいど^^

>海外で犬にかまれて放置してた人の気がしれない。
まったく。
でも、日本でさえ、4割しか予防注射してないらしいから、
日本でも放置しちゃいかんのでわ^^;

>タイは野良犬がゴロゴロいますけど、
>今の所サムイでは危険な犬には出会ってないです^^
>ロータスの前でデレーンと寝そべっていたり、
>民家で世間話してると野良犬がフラリとやってきたり。
>けど、人間に全く興味ないみたいでした(笑)
サムイは観光地なんで、危険なワン君はすでに。。。^^;

>噛まれたら殺してしまう・・・っての、
>ちょっとカワイソウですよね。
>もし狂犬病じゃない犬だったら犬死ですやん。
代わりに自宅のにゃん君を猫かわいがりしてください(^^♪

こんばんは。
狂犬病って発症したらほぼ100%の致死率なのですね^^;
でも、噛まれたらすぐに洗浄・消毒して、ワクチンを接種すれば良いとの事なので、噛まれたらすぐに医療機関へ~!ですね。。。

とにかく海外で犬には近づかない~!これが大切???

ところで、この画像のわんちゃん、メッチャくつろいでいますね~!
後ろ足がキュートですw

makotoさん、はじめまして^^

>狂犬病って発症したらほぼ100%の致死率なのですね^^;
>でも、噛まれたらすぐに洗浄・消毒して、
>ワクチンを接種すれば良いとの事なので、
>噛まれたらすぐに医療機関へ~!ですね。。。
丁寧な対処法、ありがとうございます^^
あっしも、タイ式はちょっと実際には無理だろう、とは思うものの、
タイ人ではどうもこれがスタンダードらしいので、書いてみました^^
ただ、どっちにしろ、ひとを噛むようなワン君は、
街中に放し飼いでいて欲しくはないっすねー^^;

>とにかく海外で犬には近づかない~!これが大切???
まったくそのとおりっす。
でも、ほんとタイにはノラワンコ、多いんすよ^^

>ところで、この画像のわんちゃん、
>メッチャくつろいでいますね~!
>後ろ足がキュートですw
タイのワンコは、このスタイル好きみたいで、
けっこうしばしばみます(^^♪
足裏の肉球(?)、押してみたい衝動にかられます。。。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ルドルフ・ゼルキン | トップページ | 伊集院渚ちゃん »