« 幸せの質量保存の法則 | トップページ | 破綻 »

2006年11月29日 (水)

医者は神でなければならないのか

子どものころ、母親がよく台所で、
どんがらがっしゃん、と破滅音をたてて、
食器を割っていた。
生意気ながきだったぼくは、それをからかったりしたのであるが、
あるとき、母親は、それに対して、こういったのを憶えている。

台所に立って、いつもいつも茶碗を洗っていれば、
割ることもあるの、と。

いつだったか、職場でいっしょに働くおばさんが、
ぼくの湯飲みを割ってしまったことがあった。
かのじょは、スミマセン、弁償しますから、
と言ってくれたけど、ぼくは、母に教わったとおり、こう答えた。

茶碗を毎度洗っていれば、割ることもあるでしょう。
いつも洗ってくれてありがとうございます、と。

医療事故のニュースが流れるたびに
ぼくは、いろいろと考えさせられてしまう。
たしかに人の命が懸かった仕事で、
ミスは許されない、という論理は一見正しそうに見える。

100パーセントどんな場合も完璧に判断し、
完璧に働ければ、どんなにいいことだろう。

しかし、である。

結果として、あのとき、ああしておれば、
ということはどんな分野の仕事にもつきものだ。

技術的なことはさておいたとしても、
いつも100パーセントの判断が神ならぬ、
人の身でできるものなのか。

ひとの命が懸かっている限り、そうあるべきだ。

と、口で言うことは簡単だ。
しかも、正論かもしれない。

実際問題、そんなことが可能か、と問われれば、
無理なんではないかい、とぼくは思うのだ。

もちろん、わざとミスをしたり、手を抜いたり、
悪意をもって医療行為を行なったりした結果、
自分が死んだりしたら、ぼくだってばけてでてやろう
ときっと思うだろう。

しかし、一生懸命していたにもかかわらず、
起こってしまったミスを
よってたかって糾弾してよいものなのかどうなのか、
正直、ぼくには判断がつかないのんだ。

もちろん、改善の余地があることは、
改善するべく努力はして欲しい、とは思う。
しかし、医療従事者は、概して労働条件が悪く、
お医者さんにしても、看護士さんにしても、
働きすぎていることがわかっていても、
代わりがいないばっかりに改善できないことも多々ある、と聞く。

そうなると、システムの側で対処する必要があるのだろうが、
どうするのが、ベストなんだろう。
それが、今の保険制度をやめて、アメリカ合衆国のように、
馬鹿高い医療費を払わねば、医者にかかれないような形なのか、
それとも、医療従事者の数を増やすべく、
誰でも簡単に医者や看護士になれるようにしたり、
外国人の看護士を容認したりする形なのか、
それとも、医療従事者は全員公務員にして、
事故が起こったら、国が責任をとるような形なのか。
なかなか正解はみっからないような、気がするのんだ。

少なくとも、現在のようなシステムでは、
医療従事者へのなり手がなくなるような、
そんな時代が遠からず来るような、危機感をぼくは憶える。

現に産科医不足はかなり深刻な事態らしいし。

ほんとうに行けども行けども、目医者ばっかり
なんて笑えない事態
を心配するぼくなのだった。

ぽきん、金太郎。

Photo_225

« 幸せの質量保存の法則 | トップページ | 破綻 »

コメント

以前の仕事の関係で、何百人のDrを見てきたけど
その品質は様々でね。
上と下の差が激しいですよ〜
ま、どこの業界でも一緒なんやろけど。

どこを切っても金太郎
みたいに均質化されてたら、システムをいじることで効果を生むでしょうけねえ。

医療、介護、年金、ムツカシー問題ですわ。

わっ!!
ししょ〜〜☆
笑かしてくれますね〜
最後…

ぽきん、金太郎。

またリンク先が笑えました(爆)
逆に彼女には目医者が必要だったのに〜〜
世の中うまくいかないもんですよね〜〜^^:

いつも楽しく拝見してました。
今日の医療に関する記事、考えさせられます。

情熱のある医療人のやる気を奪う記事や判決が続き、それがさらに医療崩壊につながっていく・・・というマイナスの連鎖

そういうきとも、ミスや訴訟は大変恐れています。(薬剤師です)

はぎ妻さん、まいど^^

>わっ!!
>ししょ〜〜☆
>笑かしてくれますね〜
>最後…
>ぽきん、金太郎。
大好きなんす、ぽきん、金太郎^^

>またリンク先が笑えました(爆)
>逆に彼女には目医者が必要だったのに〜〜
>世の中うまくいかないもんですよね〜〜^^:
ほんとうにねー。
世の中、うまくいきません^^;
ところで、ヨノナカ、バカナノヨー、っていう唄は、
みゆき嬢の詞だったと思うけど、
これはけっこううまくいった回文っすよね(^^♪

はぎちゃん、まいど^^
きとさん、はじめまして^^、かな。

この件に関しては、いろんな視点から、
いろんな意見があるだろう、しかも、あっしの意見はたぶん、
少数意見だろう、と思ったので、あえて書きやした^^
きとさんの、
>情熱のある医療人のやる気を奪う記事や判決が続き、
>それがさらに医療崩壊につながっていく・・・
>というマイナスの連鎖
というのはまさに今の状況を見事に表現していて、
これを止めるための方法論の発見がなされなければ、
とあっしもほんとに思うんす。
それは、医療関係者のため、というよりは、
これから医療を受けるすべてのひとのため、
である思うんすよね^^;

他方、はぎちゃんの、
>以前の仕事の関係で、何百人のDrを見てきたけど
>その品質は様々でね。
というものよくわかるんすよね^^

>上と下の差が激しいですよ〜
>ま、どこの業界でも一緒なんやろけど。
>どこを切っても金太郎
>みたいに均質化されてたら、
ところが、他の業界と違うのは、
腕はさまざま、経験もさまざま、意欲もさまざま、
なのに、保険点数による報酬系統は均質化されてるんですよね^^;
しかし、だからこそ、安心して医療を受けることができる、
という側面もあるわけで、結局は、

>医療、介護、年金、ムツカシー問題ですわ。
ということになってしまうっすよね^^
ただ、考えるのをやめてしまってはいけないのかな、
と思ってあえて書いてみやした^^

>そういうきとも、ミスや訴訟は大変恐れています。(薬剤師です)
きとさん、お仕事、がんばってください^^
オトコマエになる薬があったら、まわしてくださいね(^^♪

同志、こんばんは~。
身につまされつつ真剣に記事読んでたら、リンクとラストの画像で笑わしていただきました♪
ここで「ねじ式」とはさっすが同志!

神ならぬ医者と天使ならぬ看護師・・・とはいえ人間だからとなあなあで出来ない部分もあります。
ですがその辛さをわかってくださる方がいればこそ、少しでも神や天使に近づけるべく今日も精進し頑張れるのです・・・。
少し元気が出ました・・・。

天使、ぢゃない、同志、まいど^^

>身につまされつつ真剣に記事読んでたら、
>リンクとラストの画像で笑わしていただきました♪
>ここで「ねじ式」とはさっすが同志!
同志もやはり、ぽきん金太郎好きっすか(^^?

>神ならぬ医者と天使ならぬ看護師・・・
いえいえ、あっしはつねづね同志を天使のごとく、
思っておりやすから(^^♪
でも、天使、って女性ぢゃなかったすよね。。。

>とはいえ人間だからとなあなあで出来ない部分もあります。
>ですがその辛さをわかってくださる方がいればこそ、
>少しでも神や天使に近づけるべく今日も精進し頑張れるのです・・・。
>少し元気が出ました・・・。
患者さんのためにがんばってくださいね(^^
あっしが入院の際もよろしくです(^^♪

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 幸せの質量保存の法則 | トップページ | 破綻 »