« ターボ付タクシー | トップページ | 短縮形に関する一考察 »

2006年11月19日 (日)

根拠のない自信

落語に、はてなの茶碗、という話がある。

あるとき、油売りが茶店(ちゃみせ)で休んでいると、
茶器の販売で名の知られた、茶金こと茶屋金兵衛という商人が
不思議そうに茶店の茶碗をみていた。
茶碗はどこにでもありそうな安ものに見えたが、
あの有名な目利きがしげしげとみていたのだから、
と油売りはなかば強引に茶店から全財産の二両と引換えに
この茶碗を手に入れた。

後日、この油売りは茶金のもとを尋ね、
千両にて買ってほしいと、例の茶碗を差し出した。
しかし、話していくうち、茶金は茶碗に価値を見いだして
見ていたわけではなく、
傷もないのに、お茶が漏れることを不信に思って、
眺めていただけだったことを知り、
油売りは、あきらめて帰ろうとする。

しかし、油売りが自分の目利きとしての名声に
全財産を投資してくれた行為を喜んだ茶金は、
その茶碗を元値で買い取ってやったのだった。

ところが、茶金がこの話を商売柄、
出入りしているお公家さんに話したところ、
宮中で評判になり、ついにはときのミカドが、はてな、
と箱書きするに至って、
そのどっから水が漏れてるかさえわからないような、
つまらない茶碗がほんとうに千両の価値をもつにいたった
のであった、てな話だ。

むかし、みのもんた氏の番組(たしか、愛の貧乏脱出作戦)で、
難波のひじょうにいい場所でたこ焼き屋をしてるのに
客が来ないから、なんとかしてくれ、っていう依頼があった。
なんで客が来ないかわからない、
他のことはともかく、味だけは自信がある、っていうから、
出演者が食べてみたら、そのたこ焼きは実は激まずで、
どう考えても、原因はおいしくないことなのに、
店主がそれを納得しない、っていうシーンを見たことがある。

かれは、たしか北関東出身の元自衛隊員で、
なんで自分のたこ焼きがおいしいと、思いこんだのか、
逆にそれが尋問くらいなのだが。

ぼくも最近いったいどっからわいてくるのかかわらない、
根拠のない自信、を持った自信家たちによくであう。

そういう方々は、のちに困るよ、っていったところで、

いや、大丈夫です

と揃いも揃って、おっしゃるのんだ。
いっぺんでいいから、その大丈夫、の根拠をぼくにみせてくれよ、
って思うのだけれど、やっぱ年寄りのおせっかい、
なんでしょうね(^^;)




▼根拠のある自信?
Photo_221

« ターボ付タクシー | トップページ | 短縮形に関する一考察 »

コメント

あは。久しぶりのコメントっす!
今日は、ちょー久しぶりにあなたに会えて嬉しかった(ぽっ)
また、遊んで下さいませ

楽しかったです〜

師匠、まいど~^^

>根拠のない自信、を持った自信家たちによくであう。
それって私のこと?(笑)

師匠、こんにちわ〜

↑マナオさんのコメントに笑いました^^;

肉の会、参加出来ずに残念です(><)
つぎの忘年会には必ず出ますね^^

隊長、まいど^^

>あは。久しぶりのコメントっす!
>今日は、ちょー久しぶりにあなたに会えて嬉しかった(ぽっ)
お久しぶりでございやした。
あっしもうれしかったっすよ^^

>また、遊んで下さいませ
>楽しかったです〜
あっしこそ、よろしくです~

マナオさん、まいど^^

>>根拠のない自信、を持った自信家たちによくであう。
>それって私のこと?(笑)
マナオさんが自信家かどうか、
ということはあっしにはわかりやせんが^^;、
もし、そうであったとしても、じょおおさまであることは、
充分根拠になると思いやすよ(^^

はぎ妻さん、まいど^^

>肉の会、参加出来ずに残念です(><)
あっしもはぎ夫妻にあえなくて、とっても残念ですた^^

>つぎの忘年会には必ず出ますね^^
っていうか、はぎ夫妻主催、と聞きましたよ(^^♪

師匠、まいど~^^

>根拠のない自信、を持った自信家たちによくであう。
>・・・たち・・・

やっぱり私も入ってるわ~^^;

ヒラリーさん、まいど^^
昨日は幹事お疲れさまでした。

>>根拠のない自信、を持った自信家たちによくであう。
>>・・・たち・・・
>やっぱり私も入ってるわ~^^;
ヒラリーさんが自信家かどうか、
ということはやっぱりあっしにはわかりやせんが^^;、
ただ、昨日の大人組の意見では、ヒラリーさんは、
もっと自分に見合った、すてきなモノを求めるべし、
あれは素敵なヒラリーさんに適っていない、
という論調が強かったように記憶しておりますが(^^。。。
ということは、むしろ、謙遜にすぎるのわ、
ということではないでしょうかな(^^)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ターボ付タクシー | トップページ | 短縮形に関する一考察 »