« 露店の思い出 | トップページ | お買い得道 »

2006年10月30日 (月)

快楽追求原則

むかし、なんかの漫画で目にしたシーンが心に残っている。
おっぱいに向けて、やじるしがひいてあって、
みんなこれのために頑張っている
という吹き出しがついていたのだ。

まだ若かったぼくは、そうか、人生の目的を凝縮すると、
一組のおっぱいに辿り着く
のんか、と感心したものだ。

その後、長く生きてはきたものの、
これを打ち破る人生観にはまだ出会っていない。

正の方向性か、負の方向性かは別として、
快楽追求のために、生物は生きている。
人類もそのくびきから逃れることはできない、
という結論以上のものに、だ。

他の生物と比べ、多様で複雑な経路をとることはあるものの、
動機は基本的に同一で、快楽の追求または不快からの逃走であり、
より大きな快楽のために、不快をがまんできることはあったと
しても、基本はそれが気持ちいいから、そうして生きているのだ、
ということである。

仕事のあと、どんぶりで安焼酎をかっくらうおっさんも、
聖母なんたら、っていう偉人も、
みんな快楽追求の原則に沿って、行動している。

その結果、アル中になる人もいれば、
ノーベル平和賞をもらう人もいる。
しかし、結果はそうであっても、実はそのすべての行動は、
快楽追求の原則に則った行動なのだ、と。

自分の人生がつまらなく思えたり、
自分がしたいことを見失ったときや、
身をようなきものに思いなしたときなどは、
これを思い出すことにしている。

自分にとって、快楽により近い行動はなんなのか。
どんなことが自分を喜ばせるのんか。

ただ、よくよく考えないと楽しいこともわからない、
というのもちょっと淋しい人生かもしれないが。


▼おっぱい、といえば、猿には乳房はない。
人類の女性の胸が膨らんだのは、
ひとが2本足で歩くようになったために、
性的な成熟をよりわかりやすくプレゼンテーションするためだ、
と述べたのは、デズモンド・モリスだったかな。
ぼくも別に胸のことばっかり、考えてる
わけではないんだけどね(^^ゞ

Photo_213

« 露店の思い出 | トップページ | お買い得道 »

コメント

あ、なるほどね。

でも僕はおっぱいに矢印が向かってるんやなくて
お尻に矢印を向けてほしいです!
もしくはフトモモです!

おっぱいといえばやはりにしむら隊長の出番でしょぉ~???
(たいちょぉぉ~、元気?)

同志、今度の集会ではぜひ、同志の正の方向性について語って欲しゅうございます♪

師匠は立派なおっぱいを2つお持ちなので
そんじょそこらのおなごの乳なんて「けっ!」っちゅ〜かんじなのでは?(爆)

はぎちゃん、まいど^^

>あ、なるほどね。
>でも僕はおっぱいに矢印が向かってるんやなくて
>お尻に矢印を向けてほしいです!
>もしくはフトモモです!
はぎちゃんらしい、堂々たるカミングアウト、ありがとさんです(^^♪
でも、あくまでも象徴的な意味でのおっぱいですから、はい^^;
個々に多少のブレはあるでしょう。
ちなみにあっしは、、、

それはまた今度おっさん同士膝を交えて^^

あ、ちなみにおっさんの膝ではないっすから^^;

同志、まいど^^

>おっぱいといえばやはりにしむら隊長の出番でしょぉ~???
>(たいちょぉぉ~、元気?)
そうそう、たいちょぉぉ~、元気っすか(^^?
でも、隊長は微乳派だったような。。。

>同志、今度の集会ではぜひ、同志の正の方向性について
>語って欲しゅうございます♪
同志、カウンセリングしてくれるんですか(^^?
でも、凄いもんがでてきたら、どうしよー。。。

はぎ妻さん、まいど^^

>師匠は立派なおっぱいを2つお持ちなので
>そんじょそこらのおなごの乳なんて
>「けっ!」っちゅ〜かんじなのでは?(爆)
いえいえ、婦女子の乳をこよなく愛しておりますです^^
あー、あっしとしたことが、お下品ですんません^^;

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 露店の思い出 | トップページ | お買い得道 »