« タイフードフェスティバル2006 | トップページ | 米長哲学 »

2006年10月21日 (土)

野良犬の自由と飼い犬のしあわせ

むかし、野良犬と飼い犬ではどっちが犬にとって、
望ましいか
、ということを考えたことがある。
一般的な野生動物は、野良の状態でいることが通常であり、
たとえ、長生きできたとしても、
動物園などで見せ物にされているのは、
たぶん、気の毒なんだろうな、と思う。

しかし、犬は、むかしからひととともに生きてきた。
飼い犬である幸せ、というのも、犬のDNAのなかに刻まれてる、
そんな気がしないでもないなー、と思う。

ところで、バンコクで怖いものはなにか、と訊かれれば、
ぼくには、2つのことをあげるだろう。

スカイトレイン(BTS)の自動改札と、野犬である。

スカイトレインの自動改札は、ドイツ製だかなんだか知らないが、
でんでん容赦がない。
日本製だと、ちょっと待ってね、って感じだが、
かの国のんは、なにしとんぢゃごりゃー、って感じで閉まるし、
しかも、非常に誤作動が多いのだ。

真偽のほどは知らないが、あれで妊婦が流産した、
という話まで当初はあった。
最近は、だいぶ誤作動も減ったようだけれど、
当初の痛いイメージから、ぼくはあれを抜けるときに、
当たってもあまり痛くない角度に体をひねって、
通り抜けるくせがついてしまったほどだ。

もうひとつの野犬、というのも恐ろしい。
昼間はけっこうだらん、としてやる気のないように見える彼ら
であるが、夜になると、集団で、噛んだろか
って感じの目でこっちを見るのんだ。
見るだけではなく、追いかけてきたりもする。
しかも、けっこうな確率で狂犬病らしいから、始末が悪い。

そういうバンコクの犬たちをみると、
犬も本来は野生動物なのだなー、と思うのだ。

ところで、いつだったか、結婚しても、恋がしたい、
結婚したら、ひとを好きになってはいけないのか
というような、馬鹿なことをいった奴がいたように記憶している。

ひとの心の中までは、何人たりとも、支配はできない
なにを思おうとそれは、自由である。

殺したろかでも、犯したろかでも、愛してるでも、
好きに考える権利はあるのだろう。

しかし、である。

それを実践するのには、現に今いる配偶者などの許可
もらうべきだ、というのがぼくの意見だ。

結婚していても、なにをしてもよいのなら、
野良でいる、ぼくたちの立場はどうなるんだ、
と思うことだよ(^^


▼タイの道端にいたかわいいワンコの頭をなでようとしたら、
手を出すと、えさと間違えて噛まれるよ、
タイ人に、と注意されたことがある。
国が変われば、犬の文化も変わるんだねー(^^;)

Photo_209

« タイフードフェスティバル2006 | トップページ | 米長哲学 »

コメント

同志、こんばんは♪
どこへ行っても、どんな犬にあっても必ず吠え付かれる私・・・きっと前世は保健所で犬の処分でもしてたのかもしれない・・・。

やはり私には、人のモノを欲しがって奔走するより、のんびり飛び回る鳥さんを見ているほうが性に合ってるようです。
所有したりされたりなんてどーでもいい。
見てる幸せっていいもんだなと思うのです。
仮にも配偶者を持つ身で言うべきではありませんが、私は夫を所有してると実感したことありません。いつなんどき遁走されても仕方ないと思ってます。
それは向こうも同じこと。夫婦は血縁とは所詮違うものね・・・。

同志、まいど^^

>どこへ行っても、どんな犬にあっても必ず吠え付かれる私・・・
>きっと前世は保健所で犬の処分でもしてたのかもしれない・・・。
そういえば、らも氏の「エキゾティカ」の中にこんな話があります。
愛犬家である主人公が、なりゆきから韓国で犬鍋を食べ、
自宅に帰ると、犬の態度が変わっていた。。。^^;

>所有したりされたりなんてどーでもいい。
>見てる幸せっていいもんだなと思うのです。
>仮にも配偶者を持つ身で言うべきではありませんが、
>私は夫を所有してると実感したことありません。
>いつなんどき遁走されても仕方ないと思ってます。
同志に比べ、あっしの業の深さは、
前世がなんだったせいなんでしょうね^^;
きっと、その罰として、野良でいろ、ってことなんでしょう(^^

>それは向こうも同じこと。夫婦は血縁とは所詮違うものね・・・。
でも、同志のダンナさんは幸せ者だと思いますよ。
牛丼を何時間も並んで買ってきてもらえるんだもん(^^)

師匠の記事も「なるほどなあ、うん、うん」って思って読ませていただいたのですが、
ともちんさんのコメントはまるで悟りの世界のようで「ありがた〜い」ものを感じてしまいました(-人-)

>同志に比べ、あっしの業の深さは、
>前世がなんだったせいなんでしょうね^^;
師匠はわんちゃんよりにゃんこが好きじゃないですか〜?
あんなに好きなのはきっとそうなんですよ!
絶対にゃんこですってば〜、師匠の前世(爆)

はぎ妻さん、まいど^^

>ともちんさんのコメントはまるで悟りの世界のようで
>「ありがた〜い」ものを感じてしまいました(-人-)
あっしも横でつれ合掌。。。(-人-)

>>同志に比べ、あっしの業の深さは、
>>前世がなんだったせいなんでしょうね^^;
>師匠はわんちゃんよりにゃんこが好きじゃないですか〜?
>あんなに好きなのはきっとそうなんですよ!
>絶対にゃんこですってば〜、師匠の前世(爆)
そういえば、ネコというのは業の深そうな生き物だし、
なにより、以前のかのじょがネコ嫌いだったなあ。
(´-`).。oOなあるほど。。。なっとく^^

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« タイフードフェスティバル2006 | トップページ | 米長哲学 »