« 米長哲学 | トップページ | 露店の思い出 »

2006年10月25日 (水)

嘘・うそ・ウソ・・・

ドクターベシア:君の過去について、まだ聞きたいことがある。
ガラック:       すべて話しましたが。
ドクターベシア:だが、どれもまるで話が違うだろ。
         どの話が本当でどれがウソか教えてくれ。
ガラック:       ドクター、どれも真実です。
ドクターベシア:ウソも?
ガラック:       特にウソがね。
(スタートレックDS9での、地球人医師とカーデシア人との会話より)

生きていくうえで、一切嘘をつかずにおれたら、
きっとそれは幸せなこと、なのだろう。
いろいろな場面で、好むと好まざるにかかわらず、
嘘をつきながら、ぼくは生きてきた。
そしてきっと、多かれ少なかれ、みんな同じように
嘘をつきながら、生きているのだろうと想像している。

しかし、ついていい嘘と、いけない嘘、
というものがきっとあるのだと思う。
ついてはいけない嘘、というのは、ひとを傷つける、
とくに、自分の愛する人間を傷つける種類の嘘だ、
とぼくは考えている。

それに関しては、ぼくは誠実であろう、としてきたと思うし、
現に誠実であった自負もあるだが、
残念ながら、相手が同様のポリシーを持っていないことで、
何度も傷つくことがあったように思う。

ひとは嘘つきながら生きている。
どういう場合も、それから逃れるすべはない。
たとえ、相手が誰であったとしても。

そういう風に割り切れれば、きっと、無用に傷つくこともなかった
のだろうし、自分自身も楽だったに違いないのだろう。

浮気をしても、ばれなければいい。
内緒で借金をしても、自分で始末できれば別にいい。
しらない方が幸せなことは教えない。。。

そんな考え方だって、きっとあるのだろうと思う。
残念ながら、自分とは宗派が違うだけで。

ドラマの中で、ドクターベシアとガラックという異星人のスパイ、
という噂のある服の仕立屋のあいだでは、
もうひとつ嘘についての会話がなされたことがある。

狼がきた、と嘘をつく少年の話だ。

地球人のドクターは、その話を例に、
地球では嘘をつくことがよくないことであると、
異星人のガラックに説諭するのであるが、
それに対して、ガラックは、

わたしに言わせれば、その話の教訓は、

同じ嘘を2度つくな、ということです、

と答える。

宇宙人との異文化コミュニケーションの難しさ、
を表現しようとしたたとえ話だと思うのであるけれど、
なんとなく、この異星人の感性に近い人類が、
日本でも増えているのではないか、と思えなくもないのだが、
どんなもんだろうか(^^;)


▼ドクターベシアの吹き替えをしていた声優さんは、
シリーズ途中で変わったのだが、最初のひとは、
「クレヨンしんちゃん」のおとーさん役のひとだった。
そして、このシリーズに出てくる、オドー役の吹き替えは、
「巨人の星」の、星一徹役の声優だった。
これも一種の異文化コミュニケーションか。。。
Photo_211

« 米長哲学 | トップページ | 露店の思い出 »

コメント

嘘つきの基準(?)って人によって違いますよね〜?
日本人は一般的に嘘をつかない国民性だと思っていましたが、最近は崩れてきているのでしょうか…
嘘を嘘ってわかって言っているうちは良いんだけど(?)、嘘を嘘って気がつかないで言っている人って結構いたりしません?

嘘の基準が違う某国の方の嘘を追求したら、
私のほうが神経質呼ばわりされたのを思い出したら急に悔しくなりました〜!!(きぃ〜〜〜!!)

はぎ妻さん、まいど^^

>嘘を嘘ってわかって言っているうちは良いんだけど(?)、
>嘘を嘘って気がつかないで言っている人って結構いたりしません?
なるほど^^;
たしかにそういう場合もあるかもしれないっすね。。。
なんともいいようがない不気味な話だけど^^;

>嘘の基準が違う某国の方の嘘を追求したら、
>私のほうが神経質呼ばわりされたのを思い出したら
>急に悔しくなりました〜!!(きぃ〜〜〜!!)
でわ、とりあえずはぎちゃんの顔でもひっかいて、
あしたはさわやかな気分で登場してくださいね(^^)

「嘘も方便」なんて言葉が出るくらいだからこの国は嘘に寛容なんでしょうかね。

しいて言うなら私は、人を踏みつけてまで筋を通す正直者よりも、優しく嘘のつけるヒトの方が好きですね。
だまされていたっていいの、幸せならね・・・。

ちなみに私は職業柄嘘ばっかりついてます。
「プラシーボ(偽薬)」なんて嘘の代表格ですものね・・・。

同志、まいど^^
昨日は会えなくて、刺身買った、ではなくて、サミシカッタっすよ^^

>「嘘も方便」なんて言葉が出るくらいだから
>この国は嘘に寛容なんでしょうかね。
あるいは、寛容だった、のかもしれないっすね。
最近は、いろいろなところで、嘘や方便に寛容でない、
事例が多く見られています。
最近では、高校での必修科目飛ばし、に対する意見なんかも、
その例かもしれないっすね^^;

>しいて言うなら私は、人を踏みつけてまで筋を通す正直者よりも、
>優しく嘘のつけるヒトの方が好きですね。
>だまされていたっていいの、幸せならね・・・。
同志らしい優しい意見っすね。
うそつきが好きよ、って曲もありやした^^
でも、だまされて不幸になった場合はどうすればいいんざんしょ^^;

>ちなみに私は職業柄嘘ばっかりついてます。
>「プラシーボ(偽薬)」なんて嘘の代表格ですものね・・・。
それが現在の医療基準に照らして、正当な行為であれば、
それはすでにうそ、とは言えないような気がしやす^^
悪意のある言動や行為であれば、別でやすけどね(^^

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 米長哲学 | トップページ | 露店の思い出 »