« 嘘・うそ・ウソ・・・ | トップページ | 快楽追求原則 »

2006年10月28日 (土)

露店の思い出

子どもの頃、近所の神社やお寺の境内で、
たまに開催された縁日は、ひじょうな楽しみだった。
当時、娯楽といっても、今よりはかなり限定的だったし、
もちろん、東京ネズミーランド、などもない時代だ。
むろんあったとしても、千葉から遠く離れた関西の民が、
しばしば出かけていけるような、そんな時代でもなかったし。

縁日は、非日常の宝庫だった。
多種多様で不思議なお菓子や娯楽があふれていた。
子どもだったぼくには、眺めているだけでも、
わくわくしてしまうような、そんな時間だったのだ。

ある日、近所のお寺の縁日で、珍しい露店を見かけた。
そのまわりには、人だかりができていて、
掛け軸やら、鮭をくわえた木彫りの熊やら、
まわりの屋台に比べると、値の張りそうな物品を並べて、
今から思うと、ちょいと怪しい系のおいさんが、
これはいくら、あれはいくら、
といいながら、路上で、販売事業を営んでいた。

やがて、それらの物品は、これとこれとこれの3品で1万円、
という販売形式になっていった。
いわゆる、たたき売り、っというやつだ。
なかなかに口上はうまかったけれど、
でも、買い手はまだでなかった。

おいさんは、買う気のない人はあっちいってや、
とかいいながら、客をあしらっていたのだが、
ウルトラセブンのアイスラッガー並の
決め技を出すことにしたようで、
水牛だかの角の飾り物に手を出したり、引っ込めたりしながら、
最後には、決意した、という風に、
じゃあ、この角を入れて、3品で1万円でどや、といった。

その勢いに引き込まれるように、さほど豊かでもなさそうな
夫婦が買った、とばかりに手を挙げた。
しかし、その角は、小学生のぼくからみても、
プラスチック製にしか見えなかったし、
たたき売りのおいさんが、さも悩んでます、という風に見せた
所作も、幼稚園の学芸会レベルのわざとらしさで、
お尻の穴がかゆくなるような、そんな演技だったのだけれど。

でも、売買契約は成立したのだ。
おいさんは、してやったり、とばかり、にたにたしながら、
水牛風の物品その他を新聞紙で包んでいた。

冬の寒いときだった、と思うけれど、
カニの路上販売も見たことがある。
これも、たたき売り、だったと思うけれど、
これはオス、これはメス、とかいいながら、
車に積んだカニを売っていた。
だんだん値段が下がってきて、客の中の、
頭髪の不自由な、中年のおじさんが、買った、といったのだった。
そしたら、店のおやじが、オスとメス、どっちがええんや、
その頭やったら、メスには不自由してるやろ
メスをようけいれといたろ、
といって、まわりの人垣を爆笑の渦に巻き込んだのだった。
メスには不自由してるやろ、といわれた薄毛のおじさんは、
みんなに笑われながらも、ひとり冷静で、
黙ってお金を払って、カニを受取ったのだった。

でも、最近は、大人になったせいもあって、縁日には関心がない。
人の多いところが嫌い、ということもあるけれど、
露店の食品を食べたくなくなった、ということもある。
それは、大学生だか、卒業すぐだったか、のときだった
と思うのだけれど、大阪城公園でデート中、、トイレに行った、
当時のかのじょを待っていたときに見た光景が影響している、
と思う。

そこは、噴水のそばだったのだけれど、
たぶん、常設の屋台なんだろう、フランクフルト売りが出ていた。
するとその店のおやじが、バケツを持ってつかつかと、
噴水に近づいたか、と思うと、次の刹那、
噴水の水をくんで屋台に戻っていった、のんである。
その水をいったいどんなことに使ったのかは知らない。
しかし、それ以来、屋台では、飲食をしなくなったぼくは、
神経質すぎる、のんだろうかなー(^^;)



▼タイでもなるべく路上の食べ物は食べないようにしている。
でも、うまそーにみえるんだよねー。
んで、店を構えているから、清潔とはまた限んないだけれど、さ。
写真は、タイのラノーンのめし屋の女の子たち。
おいしかったけど、汚ない店だったな。。。
Photo_212

« 嘘・うそ・ウソ・・・ | トップページ | 快楽追求原則 »

コメント

昨日はおつかれさまでした〜
たのしかったっすね〜?
師匠にセクハラしちゃいましたよ(爆)
ははは…^^;

露天って確かに衛生面がどうなっているのかわかりませんよね?
でも噴水の水はひょっとして防火用水として使おうと持っていたのかも??
いくらなんでも食べ物に…ねぇ?…(謎)

それでも私は露天の食べ物大好きです!
たいして美味しくはないんだけど楽しいから♪
それから金魚すくいも大好きですが、
金魚を持って帰ると死ぬという理由ではぎちゃんに禁止されています(- -;

私も縁日は未だに好きです。
夏祭りとか、あったら行っちゃいます。
でも、人ごみは嫌いです。
あぁ、とっても理不尽(爆)

露天の食べ物、私もついつい買います。
今はたまごせんべいが1番お気に入り♪

でも、あの雰囲気で食べるから美味しいのであって、
決して家では食べようとは思いません・・・。

はぎ妻さん、まいど^^

>昨日はおつかれさまでした〜
どうもお疲れさんでやした^^

>たのしかったっすね〜?
>師匠にセクハラしちゃいましたよ(爆)
>ははは…^^;
よかった、あっしがしたんぢゃなくて^^;
あっしがしたんなら、はぎちゃんのハードパンチで割れた頭を
今セメダインで貼ってるところっすね^^

>露天って確かに衛生面がどうなっているのかわかりませんよね?
>でも噴水の水はひょっとして防火用水として
>使おうと持っていたのかも??
>いくらなんでも食べ物に…ねぇ?…(謎)
防火用って、徒歩3歩のとこに噴水があるのに(^^?
それとも、もう火が出てたのか'`,、('∀`) '`,、

>それでも私は露天の食べ物大好きです!
>たいして美味しくはないんだけど楽しいから♪
>それから金魚すくいも大好きですが、
>金魚を持って帰ると死ぬという理由で
>はぎちゃんに禁止されています(- -;
うちの実家の金魚は、だんだんフナに戻ってますよ、巨大化して(^^)

りょうちゃん、まいど^^

>私も縁日は未だに好きです。
>夏祭りとか、あったら行っちゃいます。
>でも、人ごみは嫌いです。
>あぁ、とっても理不尽(爆)
大丈夫。その理不尽のなかに人格が存在するB型だから(^^)

>露天の食べ物、私もついつい買います。
>今はたまごせんべいが1番お気に入り♪
>でも、あの雰囲気で食べるから美味しいのであって、
>決して家では食べようとは思いません・・・。
たしかに。。。
でも、関西の一般家庭にはなぜかたこ焼き器、があるんだよね(^^
他地方では縁日専用の食べ物だと思ってるんだけど、たこ焼きは。

おはようございます!
先日はありがとうございました!

失礼ながらいつも読み逃げで、コレが初コメントです!
良ければ今後ともお願いします!(笑)

うちのお袋が子供の頃、露天で買ったジュースが原因で「赤痢」になったそうで、
ずっと僕も露天で食べ物系は買ってもらえませんでした。

最近なら安全なんでしょうけど、食べ物関係のニュースを見る限り神経質になっても仕方ないかなって思います。
キリないような気がして…。

鉄砲玉さん、まいど^^

>先日はありがとうございました!
こちらこそ、お世話になりましたっす^^

>失礼ながらいつも読み逃げで、コレが初コメントです!
>良ければ今後ともお願いします!(笑)
こちらこそ、よろしくお願いいたしますです(^^

>うちのお袋が子供の頃、露天で買ったジュースが原因で
>「赤痢」になったそうで、
>ずっと僕も露天で食べ物系は買ってもらえませんでした。
あっしも東南アジアをうろうろしてますが、
赤痢は未経験っす。
鉄砲玉さんのご母堂は、偉大っすね^^

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 嘘・うそ・ウソ・・・ | トップページ | 快楽追求原則 »