« ぷんぷいさん、新車を買う | トップページ | 天下の公器 »

2006年9月21日 (木)

軍政

タイで軍部がクーデターを起こした、ようだ。
ぼく的には、次のこのような事態は、現国王のお世継ぎ問題かな、
と思っていただけに、ちょっと驚いたけれど、
国内では、そんな噂はけっこうあったようだ。

この国の政治スタイルは、複雑だ。
一応、日本やイギリスと同じ、国王をいただく立憲議会制、
なんだけれど、タイの国王は、三軍の総帥であり、
実際に政治を司ることはさけているものの、
政治的発言をしばしば行い、国民の圧倒的支持があることから、
国政に非常に影響力がある存在なのだ。

実際、1992年におこった軍部のクーデターを収拾したのんは、
国王だったのだし。

日本の政治体制に、軍部と権力を持つ水戸黄門をくっつけた
ような政体、といえば、いいだろうか。

今、タイの経済は1997年の経済危機から
完全に立ち直って絶好調であり、
目に見えるようなスピードで国が発展しているのに加え、
民主化も進んでいるようにみえる。
警官に賄賂が通じなくなった、というのもつい最近の話で、
タクシン政治の業績といっていいだろう。

ただ、権力の中枢のなかには、そのような変化を喜ぶ人ばかり
ではなく、
また、タクシン政治によって達成された民主化のなかで、
実際に市民が政治に声をあげることができるように
なってきたのも事実だ。

今回のクーデターは、そんないろんな層の不満をバックに、
軍部が実力行使にでたのんであろう。
ましてや、クーデターの直接の指導者は、タイ国内では
宗教的にマイノリティであるイスラム教徒
の指揮官なのである。
まったく何がどうなっているのか、完璧に説明できる人間は
誰ひとりいまい
、とさえぼくは思う。

タクシン首相がかならずしも、お金に関して、
きれいなひとでなかった、
ということを大きく取り上げるひともあるようだけれど、
しかし、タイの政治家で、清廉で能力のあるひとなど、
正直今まで誰もいなかった、というのも真実だろうと思う。
ただ、庶民は文句が言えなかっただけで、
その文句の言い方を教えたのは、
ほかならぬタクシンそのひとだったのは、
歴史の皮肉、といっていいだろう。

いくらタイ好きだとはいえ、外国人であるぼくが、
他国の政治にとやかくいえる筋合いではないのだけれど、
客観的に見て、タクシン政治は、
今までのどんな政治家の政治よりも、ましであった、と思う。
そんなかれが、このまま軍部の介入によって、放逐されてしまう
のは、たとえ、国民が瞬間的に支持したんだとしても、
非常に残念なことだと思うし、
タイのこれからの発展に悪い影響を与えるのではないか、
とぼくは、個人的には思っている。

ただ、このクーデターは、長期化、しないのではないか、
というのが一般的な見方のようだ。
つまり、ミャンマーのようにはならんだろう、ということだ。

とりあえず、タクシン政権を放逐するか、あるいは、
ある程度の警告を与えれば、軍部は引き下がるんだろう。

ほんとうに危ないのは、次期国王問題がシリアスな問題になった
ときだろうと思う。
今回のクーデターは、そのときのためのテストケースではないか、
とさえぼくには思えるのだ。
そのような状況が起こったときに、
国民はどう考え、どう動くのか。
そして、諸外国の反応は、どうなのか。

どんな理由があるにせよ、ぼくはシビリアンコントロール
ができない国は一人前の国家ではないと思うし、
どんな理由があるにせよ、
軍部のクーデターを支持するような馬鹿者が、
もし、タイで多数なのであるとすれば、ほんとうの意味で、
タイ国民が民主主義のあり方を知るその日まで、
Xデイが来ないことを祈るばかりである。


▼圧倒的な武力をもったこのひとは、政治には口出ししなかった。
だからこそ、真のヒーローだったのだ。
Photo_203

« ぷんぷいさん、新車を買う | トップページ | 天下の公器 »

コメント

なるほど。
日本のニュースばかり見ていたんじゃわからない「お国事情」ですね。
とにかく私は真のタイの平和をお祈りするばかりです(-人-)

はぎ妻さん、まいど^^

>なるほど。
>日本のニュースばかり見ていたんじゃわからない
>「お国事情」ですね。
今回の件ではあっしはずいぶんがっかりしやした。
せっかく民主国家への階段を登り始めたのに、
みずからの手でそれを摘んでしまって、
しかも、喜んでる奴までいる。

>とにかく私は真のタイの平和をお祈りするばかりです(-人-)
あっしもタイに平和と言論の自由ほか、
民主政国家としての体裁が戻ってくることを祈ってやす。。(-人-)

おはようございます。

本当にニュースでは、分らない事ですね。
私が見たTVでは、「タクシン首相は、農村部の人々には手厚い政治を行っていたので、貧困層の人々には人気があった。」と言っていました。

…でも、政治家って清廉潔白な人なんて、日本にもいませんよね?
政治家になる事自体が、大変なお金が掛かる事だし。。。
また、その地位を維持する為には、より多くのお金が掛かるのですよね?

するめさん、まいど^^

>本当にニュースでは、分らない事ですね。
>私が見たTVでは、「タクシン首相は、農村部の人々には
>手厚い政治を行っていたので、
>貧困層の人々には人気があった。」と言っていました。
>…でも、政治家って清廉潔白な人なんて、
>日本にもいませんよね?
>政治家になる事自体が、大変なお金が掛かる事だし。。。
>また、その地位を維持する為には、
>より多くのお金が掛かるのですよね?
なかなかおとなの意見っすね^^
やはり、一番問題なのは、自分たちが選挙で選んだ代表を、
軍部のクーデターで倒したことを追認するタイ人の、
民主政治に対する考え方、というか、姿勢にあるのでわ、
とあっしは思います^^;
ま、軍政下で、本音は言えない、というのもあるかも、ですが^^

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ぷんぷいさん、新車を買う | トップページ | 天下の公器 »