« タイペイからバンコクへ | トップページ | コタ・キナバル(その2) »

2006年8月23日 (水)

コタ・キナバル(その1)

マレーシアの夜は暗い。
ぼくがこの国を今一つ好きになれない理由のひとつは、
そこにある。
クアラルンプルをはじめ、マレーシアのどの場所も
ぼくの訪れたところは、ひとつの例外もなく、
夜の暗さがぼくを不安にさせた。
今を去ること、10数年前、友人の某山君といった
シンガポール近郊のデサールビーチなぞは、
隣のホテルまで10分歩いて、早い夕ご飯を食べにいった
はいいけれど、
帰りは男ふたり、暗いの怖いよ、って走って自分のホテルに帰る、
ていたらくだった。

Photo_172





バンコク発エアアジアFD3552便がコタ・キナバルの
第2ターミナルについたのは、夜の7時だった。
着くまではバスで街に行こうか、タクシーで行こうか、
って悩んでいたのだけれど、着いた夜の暗さに
即座にタクシーに乗ることを決意する。
ところが、第2ターミナルなんてかっこいい名前は
ついているけれど、エアアジア用に急造された感じの建物には
両替の施設が見当たらない。
以前、マレーシアに行った際に使いきれなかったリンギットが
いくらかあるけれど、これでホテルまでいけるだろうか。
両替をあきらめて、タクシーの運ちゃんにいくら、
って聞いてみる。
20リンギット。乗るかい?
ちょっと待って、10リンギット1枚、1リンギットが15枚、
足りる。

ホテルにチェックインすると、シャワーも浴びずに外に出る。
とりあえず、近くのショッピングモールがあいているうちに
出かけて、両替と夕ご飯だ。
どっちもホテルですませればええやん、
とおっしゃる向きもあるだろうけれど、それはいやなのだ。
そんなふうにホテルにいるくらいなら、
バンコクにいる方が快適だ。
どんなに苦労しても、ホテルに頼るのは最後の手段であるべき、
っていうのがぼくのたびのルールなのだ。

一番近所のワワサンプラザ、にはどうも両替屋はなさそうだ。
もう少し歩いて、センターポイントは
この街一番のショッピングモールだし、きっとあるに違いない。

インフォメーションのおばさんに両替屋はありますか?
と尋ねる。
もうあんまり迷っている時間はないのんだ。
そこの階段降りた地階にあるよ、と教えてくれる。
テレマカシバンニャック、と妙に丁寧にお礼を言うと、
おばさん、不意をつかれて、サマサマ(どういたしまして)
といいながら、にやって笑う。
30年前なら、きっとすてきな笑顔だったんだろな、
って思いながら、地階に降りると、
MAYBANKの両替所がしまっているのが目に入った。
げ、しまってるやん、てしばしボー然。

でも、なんとかしなくてわ、って思いながら、反対側にでると、
またインフォメーションが目に入った。
今度は若いにーちゃんとねーちゃんだ。
もう一度、両替屋はありますか?と聞いてみる。
やっぱり地階、という答えだ。
MAYBANK?と重ねて聞くと、
イスラム服のねーちゃんが、スーパーマーケットと答える。
そうか、スーパーで両替してくれるのか。
また、丁寧にお礼を言って、スーパーに向かう。
カスタマーサービス、いうのがあるので聞いてみる。
両替はできますか?
ねーちゃんは横を指さした。
前を通ったはずなのに気がつかなかったが、
ちゃんとそこに両替屋があった。
両替するのんに、30分くらいかかった・・・

でも、いいーんです。
それがぼくのたびなんだ。

ネット屋に寄ってから、KFCで夕ご飯。
ああ、満足。

帰りの夜道、若いおんなのこのふたり連れのひとりと目があった。
日本人なら、目をそむけるとこだろうけれど、
この国では微笑みをくれる。
うーん、やっぱ若い娘の笑顔はえーねぇ、
と返した微笑みのまま、ホテルに向かうのであった。

▼宿泊したビバリーホテル。
Photo_171

« タイペイからバンコクへ | トップページ | コタ・キナバル(その2) »

コメント

20歳のときに一度シンガポールに行ったことがあります^^
でも、シンガポールはマレーシアのすぐ横ですが暗かった印象は全くないですね〜

マレーシアが暗いのは節電ですか?
それとも暗いのが好きなお国なのかしら??

それにしても師匠の旅はいつも現地に密着していて記事を読んでいるだけでも楽しい気分になります^^

はぎ妻さん、まいど^^

>20歳のときに一度シンガポールに行ったことがあります^^
4~5年前(^^?

>でも、シンガポールはマレーシアのすぐ横ですが
>暗かった印象は全くないですね〜
ジョホールバルに入ると、だいぶ印象がかわりますよ^^
まあ、国土の大きさがちゃいますからねー(^^

>マレーシアが暗いのは節電ですか?
>それとも暗いのが好きなお国なのかしら??
逆にぼくらの生活が明るすぎるのかも知れないですね。
タイでも、バンコクと地方ではでんでん感じがちゃいますしね。

>それにしても師匠の旅はいつも現地に密着していて
>記事を読んでいるだけでも楽しい気分になります^^
ありがとさんです。
そんな風にいわれると、天狗になりそうです(^^)

師匠、まいど~

そういえば、マレーシアは暗かったような・・・?
クアラルンプールに着いて、ホテルまで車で走ってるときに思ったのだけど、高速みたいなオレンジ色の電気が多かったような・・・。
ジャカルタも同じような雰囲気だったから、アジアはこんなもんか・・・と、そのときは思ってました。
絶対に日本が明るすぎるんですよ。
白い蛍光灯の光、大嫌いなんですよね~
頭が痛くなる。
ほのかな間接照明のオレンジの電気が好きです^^
なのでアジアの暗さは大好き!
ねむ~くなるのがいい感じ。
あんまり夜目は利かないんですけどね^^

マナオさん、まいど^^

>そういえば、マレーシアは暗かったような・・・?
>クアラルンプールに着いて、
>ホテルまで車で走ってるときに思ったのだけど、
>高速みたいなオレンジ色の電気が多かったような・・・。
>ジャカルタも同じような雰囲気だったから、
>アジアはこんなもんか・・・と、そのときは思ってました。
比較的よく似た文化的背景の国ですよね、その両国。
ビバリーホテルの横に、インドネシアの領事館?があって、
なんでか夜はネオンが派手でした^^;

>絶対に日本が明るすぎるんですよ。
>白い蛍光灯の光、大嫌いなんですよね~
>頭が痛くなる。
>ほのかな間接照明のオレンジの電気が好きです^^
>なのでアジアの暗さは大好き!
>ねむ~くなるのがいい感じ。
>あんまり夜目は利かないんですけどね^^
あっしは明るい方が好きでやすね(^^)
前世はブロイラーだったのかもしれやせん。。。

そういわれたら、韓国も街灯がオレンジだった。
でも、あの国は繁華街が日本より明るいし、
繁華街のBGMが日本の3倍ぐらいの音量で流れてました〜

オレンジ街灯支持している国って多いんですね〜^^

はぎ妻さん、まいど^^

>そういわれたら、韓国も街灯がオレンジだった。
覚えてないもんすねー^^;
あっしも、1回こっきりやけど、いったのに。

>でも、あの国は繁華街が日本より明るいし、
>繁華街のBGMが日本の3倍ぐらいの音量で流れてました〜
旅行者にしてみれば、うるさいのも安心の要素っすけどね^^

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« タイペイからバンコクへ | トップページ | コタ・キナバル(その2) »