« 慢行 | トップページ | コタ・キナバル(その1) »

2006年8月21日 (月)

タイペイからバンコクへ

タイペイで3日間を過ごし、
いよいよバンコクへ向かうことになる。
今回、帰りはバンコク-関空の直行便になるので、
タイペイとはたぶん年末か正月までおさらばだ。

バンコク行きについては特筆すべきことがある。
なんとビジネスクラスなのだ。
しかも、タイ航空の国内線以外では、
自力で買った航空券での、人生初めてのビジネスなのだ。
別に宝くじがあたったわけでも、気がふれたわけでもない。
1年OPENの航空券を台湾の旅行社で買うときに、
エコノミーもビジネスもあんまり値段がかわらなかったのんだ。
たしか数千円差で、マイルのことを考えると、
ここはビジネスクラスがお買い得、
とぼくのお買い得センサーが鋭く反応したので、
今回はまるでお大尽か、エリートビジネスマンのような暴挙
にでたりなんかしたわけだ。

タイペイ・中正機場のタイ航空のチェックインカウンターは、
第1ターミナルにある。
手早くチェックインすると、ビジネスラウンジに行く。
ふだんは場違いなやつがいてすんませんねぇ、
と卑屈に使用するのだけれど、
今日ばかりは、どうどうと気分よく入場したりする。
でも、このラウンジは出国審査場前の場所にあり、
気の小さいぼくは長居はできない。
早い目に出国して、待合室に行かないと不安だし。

飛行機に乗り込んで、驚いた。
なんでか周りはインド人ばっかりなのだ。
台湾とバンコクのあいだを飛ぶタイ航空に、
なんでインド人ばっかり乗り込んでるのかは不明だが、
こんなことなら、同じ値段払って、
バンコク経由のヤンゴン行きのエコノミー買っときゃよかったな。
慣れないビジネスクラスなんか乗るから、
インド人に囲まれるんだよな、
とむかしから、インド人とは相性の悪いぼくは思う。

そんでもって思ったとおり、鬱陶しいことが起きる。
座席は2-2-2の真ん中の左だったのだけれど、
スッチーがぼくの横の通路から、ぼくの隣の席のインド人の
飲み終わったグラスを回収しようとして、
グラスに残った液体をこぼされたのだ。

インド人無視。
スッチーがあわてて、布巾をとりに行ってくれる。
てめえのせいぢゃないって思っても、
すんまへん、一言くらいいえよ、こらっ(-_-;)

でも、ビジネスクラスのご飯はおいしかったな。
タイペイではずっと牛丼とKFCだったしね。

次の年末だか、正月だか、バンコク-タイペイでは
インド人に囲まれないように願いたいもんだ。


▼出迎え御苦労、うすいひと。
Tg

« 慢行 | トップページ | コタ・キナバル(その1) »

コメント

もしも私がバンコクに行ったなら、うすいひとではなく同志の厚い胸板に迎えられとうございます(笑)
いいな~、ビジネスクラス!!!
冥土の土産に一度乗っておきたいもんです。

同志、まいど^^

>もしも私がバンコクに行ったなら、うすいひとではなく
>同志の厚い胸板に迎えられとうございます(笑)
厚い胸板...なんと言っても、巨乳属第3位のあっしですから(^^)

>いいな~、ビジネスクラス!!!
>冥土の土産に一度乗っておきたいもんです。
同志の場合は、その前に旅行ための時間を探すのが先決ですな^^;

お師匠さま、まいどです~

いいな~、ロイヤルシルククラス。
私ももう少しでマイルが貯まりそうなんで、そのときにはアップグレードしてロイヤルシルククラスを使いたいと思います。
でも・・・挙動不審になりそうだな~。
インド人、ビジネスに乗ってたんですね。
やるな~、やはり侮れない人達だ。

ところで、この「うすいひと」の左側の人、ちょこっとそむさん風味ですね。

師匠が属の第三位なら、私は何位なんだろう・・・

・・・ていうか、このインド人ネタ、言いがかりじゃおまへんか?
インド人さんには、なんのかかわりもないような気がするんですが。
まさしく「そんなんで文句言われたら、インド人もビックリするやないの~」

マナオさん、まいど^^

>いいな~、ロイヤルシルククラス。
>私ももう少しでマイルが貯まりそうなんで、
>そのときにはアップグレードして
>ロイヤルシルククラスを使いたいと思います。
>でも・・・挙動不審になりそうだな~。
>インド人、ビジネスに乗ってたんですね。
>やるな~、やはり侮れない人達だ。
有名なコロンボ発券はスリランカですが、
たぶん、ビジネスクラスを買いやすいからくりが、
この地域には伝統的にあるのでわ、と思っております。
もちろん、金持ちが多い、というか、
貧富の差が激しい、ということもあるのでしょう。

>ところで、この「うすいひと」の左側の人、
>ちょこっとそむさん風味ですね。
そういえば。。
シミズミチコさんとアラカワシズカさんにも似てますね。

ヒラリーさん、まいど^^

>師匠が属の第三位なら、私は何位なんだろう・・・
ぼくは触られる方には参加しましたが、
触る方には参加してまへんのでわかりかねますが^^;、
おそらく筆頭か次席でわ。。。
あとは1対1の触りあいで、勝負をつけてくだされ^^
もちろん、3位のあっしに判定してほしい、
とおっしゃるのなら、しないことはありません(キッパリ)。
亀試合のような疑惑は残さず、
心ゆくまで判定させていただきます。
えー、いただきますとも(ドキッパリ)。

>・・・ていうか、このインド人ネタ、
>言いがかりじゃおまへんか?
>インド人さんには、なんのかかわり
>がするんですが。
>まさしく「そんなんで文句言われたら、
>インド人もビックリするやないの~」
たしかにそのような誤解を与える書きようで、
自分の筆力のなさを痛感したします。
これぢゃあ、タイ航空のスッチーが全部悪いみたいっすよね。
液体は、受け渡しの際にこぼれたもので、
あっしなら、きっとこぼさずに渡すように配慮するようだろう、
という趣旨だったのですよ。
で、もし、あっしなら、そそうがあったときは、
たとえタイ航空のスッチーが悪いと思っても、
すんまへん、の一言はいっただろうし、
それが文明人としても常識ではないか、
ということがいいたかった、ということでございます。
これなら、インド人もびっくりしませんか(^^?
反対側の通路から、受け渡しすれば、問題はおきないのでしょうが、
こういうことはビジネスクラスでもあることなんではないでしょうか。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 慢行 | トップページ | コタ・キナバル(その1) »