« たまにはタクシーもいいもんだ | トップページ | 海山音楽 »

2006年8月11日 (金)

台湾にようこそ

タイペイは、最近お気に入りの街だ。
長い休みのときは、タイに行く往復のどっちかを、
台湾経由にすることが多い。

もちろん、言葉ができるわけでもないし、
お前に台湾の何がわかる、といわれれば、
反論の余地もないのだけれど、

好きなんだからしょうがない、状態とでもいっておこうかな^^;

台湾は、基本的に中国人の国である、
ということに多くのひとが同意するだろう。
複雑な事情は置いとくとしても、
話されている言葉は、北京語かそれに近い言語だということだし、
かれらの言葉で言うと、原住民ということになるらしいが、
もともといた人たちよりも、中国人が多く、
政治・経済の支配を行っているようだ。
Photo_164





かれらは、とても礼儀正しく、親切で、素敵なひとたちだ。
そして、日本の国をとても好いてくれていることは、
ぼくにとって、驚くべきことであった。
そして、さらに驚くべきことに、
かれらは、順番待ちの際、列を作る。

空港でも、地下鉄でも、かれらはきちんと列を作る。
ぼくは、関西人だけれど、きっとこの件については、
関西人は、かれらを見習う必要があるんではないか、
とさえ思えるほど、実に優雅に並んでいるのんだ。

ぼくは、長い間、中国人というのは、
そういう風習を持たない民族だ、と思い込んでいたのだけれど、
それは、ぼくが別の中国人を見て勝手に思い込んでいただけで、
決して民族性の問題、というわけではないようなのだ。

ひとは、教育によって、文明人にも野蛮人にもなるんだ、
と、ぼくはこの国の人たちをみて思ったのだった。
そして、行くたびに、この国のひとたちを好きになる。

老後の、約束の地候補として、オキナワか、タイのどっか、
と思っていたぼくだけれど、
赤丸急上昇中なのが、このタイペイなのだ。

ぼくは、中国語はでんでんならったことがないのんで、
障害がないわけではないのだけれど、
あと20年あれば、なんとかなるかなー、
と思ってみたりもする。

紙と鉛筆をつねに携行し、すべての会話を筆談で通す、
というのも、しゃべり過ぎるぼくのような男には、
逆にちょうどいいのかもな。
老後は、無口なおっさんを目指すっかな、この街で。


▼土瓶さんも、ふたを取ってご挨拶。
Photo_163

« たまにはタクシーもいいもんだ | トップページ | 海山音楽 »

コメント

おはようございます♪

今度は、変に期待させてガッカリさせないように、
ちゃんと名前を書いています(笑)

台湾、良いところなんですね。海外経験豊富な師匠が
現地の方をココまで褒めるということは、かなり住みやすいトコなんじゃないでしょうか?
台湾の人が大阪で電車乗るホームをみたら
さぞかし驚かれることでしょう(^^;

食べ物も中華料理が多そうだし、そちらの方も問題がなさそうですね

一度行ってみたいですね(^^)/

みなっきーさん、まいど^^

ココログに移ってから、777コメント目です。
今日は、パチンコすると、いいかもしれませんぜ^^

>台湾、良いところなんですね。海外経験豊富な師匠が
>現地の方をココまで褒めるということは、かなり住みやすいトコなんじゃないでしょうか?
そうですねー、基本的に悪口しか書きませんし^^;
英語のトラベルとトラブルは、同一語源の言葉と、
むかし、聞いたような気がします。
ほんとかどうかはしりませんが、それを納得するくらい、
旅行中は、やな目にあうもんだ、と覚悟してるんですが、
この国ではとんとそんなことがない。
悪口を書くとこがないんでやんすよ、あっしでさえ。
でも、未経験のやなとこが、これから、がんがんでてくるかも、
知れませんけど。

>食べ物も中華料理が多そうだし、そちらの方も問題がなさそうですね
>一度行ってみたいですね(^^)/
あっしは、結局、1回も中華を食べずに出国しました^^;

そうですか、30年近く前、予定の飛行機が飛ばなくなった高尾空港で、カウンターの長さだけ人が広がり、航空券を握った手を高く上げて皆がワアワア大声で自分に係員の注意を引く情景を見たとき、ア、ここは大阪と同じやと思った事を思い出しました。

それが今の台北では、大阪人が見習わなあかんほどに変わった!

「ひとは、教育によって、文明人にも野蛮人にもなるんだ」

今の台湾の現実をぷいぷいさんが見てから出たセリフだから、私にはかなりインパクトがあります。

阿智胡地亭さん、まいど^^

>ア、ここは大阪と同じやと思った事を思い出しました。
>それが今の台北では、大阪人が見習わなあかんほどに変わった!
>「ひとは、教育によって、文明人にも野蛮人にもなるんだ」
最近の日本人をみていると、恥、というものを
忘れつつあるんではないか、としばしば思うんです。
病院代や子どもの給食費を払えるのに払わんかったり、
自分勝手な理屈で、他人に害を与えたり。
結局、あっしはこれは日本の教育の敗北やないかなー、
って思てるんです。
まだまだ若輩者がわかったふうな事書いて心苦しいんですが、
今のうちになんとかせんないかんのわ、と思うんすよ。
権利とともに、義務、について、教えることが重要なんやと、
あっしは思うんですが。

師匠〜
こんばんわ〜
今日、まるちゃんのお見合い初日を迎えてハラハラしているはぎ妻です(笑)

台湾、一度行ってみたいとおもっている国です。
香港は、人はいいんですけど建物が密集しすぎて圧迫感がすごいんですよ〜
台湾は行ったこと無いけど、台湾の人と話していると落ち着くというか気負い無く話せるのが好きです^^
あの方々を見ていると、「文化が成熟している」ような気がします。
師匠が老後住みたい気持ち、よぉ〜くわかりますよ^^

かつて一度だけ台北、花蓮に行きました。

ひとりでタクに乗ったら、延々台湾語(?)で話され最後に「タイワンレン?」と尋ねられました。

食べ物も香港や広州より口に合います。

師匠、老後は一緒に台北でタクの運ちゃんしましょ!

はぎ妻さん、まいど^^

>今日、まるちゃんのお見合い初日を迎えて
>ハラハラしているはぎ妻です(笑)
まるちゃんのお見合い、うまくいけばいいっすね^^

>台湾、一度行ってみたいとおもっている国です。
>香港は、人はいいんですけど建物が密集しすぎて
>圧迫感がすごいんですよ〜
>台湾は行ったこと無いけど、台湾の人と話していると
>落ち着くというか気負い無く話せるのが好きです^^
>あの方々を見ていると、「文化が成熟している」ような気がします。
>師匠が老後住みたい気持ち、よぉ〜くわかりますよ^^
ぢゃあ、タイペイでもオフ会を。
けっこういろんなとこに行かなきゃいけんませんね。
まずは、韓国のどっかで企画してくだださいねー(^^)v

はぎちゃん、まいど^^

>かつて一度だけ台北、花蓮に行きました。
あっしも、ファーレン(でしたっけ?)、むかし、行きました。
たしか、向田邦子さんが乗って落ちた飛行機が、
あの辺行きぢゃ、なかったでしたっけ^^;

>ひとりでタクに乗ったら、延々台湾語(?)で話され
>最後に「タイワンレン?」と尋ねられました。
はぎちゃん、けっこう無国籍な顔つきですもんね^^

>食べ物も香港や広州より口に合います。
>師匠、老後は一緒に台北でタクの運ちゃんしましょ!
んで、日本人からぼるんでしょ。
でも、右側通行なんで、運転できるかな、あっし^^;

「結局、あっしはこれは日本の教育の敗北やないかなーって思てるんです。」

はい、全くそうだと思います。

文部省の公務員とガッコの先生に任せっぱなしで、自分の娘や息子が教室で何をされているか無関心のまま、参観にもいかず先生と話もようせんと、働くだけが能みたいな日本のワシら父親の敗北ですわ。

自分の物差しで判断するんやなしに、世間さんのめェで物事判断してると、世間さんはええ加減に変わっていくから、今の日本みたいになるのかも。

台湾人みたいにわが思い優先、ほんとの自己ちゅうで暮らす方が、却って恥じを知り、社会ルールを守り己を大事にするのかなあ。

阿智胡地亭さん、まいど^^

>働くだけが能みたいな日本のワシら父親の敗北ですわ。
たしかにおとーさん達の敗北は、あるかもしれません。
しかし、これは極めて兵站の問題ではないのか、
あっしは思っております。
おとーさんが前線で戦ってるあいだ、
補給部隊である家庭やあるいは政府・文部省は、
おとーさんたちが必死で自分達のために戦ってることを
ちゃんと教えなかった。
それこそが、教育の敗北、とあっしが考える所以なのです。
あっしは、おとーさんたちはよく戦った、と信じておりやす。
でも、戦後の政治に戦略がなかったのだ。
結局、これは2度目の敗戦なのだ、
という風に思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« たまにはタクシーもいいもんだ | トップページ | 海山音楽 »