« いしかわじゅんの「憂国」(その1) | トップページ | 働くおかまちゃん »

2006年7月17日 (月)

いしかわじゅんの「憂国」(その2)

ところが、である。
最近はパソコンの前から、一歩も動かなくても、
何事でもできる時代であった。

なにげに検索すると、簡単に「憂国」が手に入ったのだった。
しかも、本自体は、たったの300円、
小銭のお賽銭で、現世利益が叶ってしまった。

というわけで、久しぶりに「憂国」を読み返す。
相互SM、闇の金沢、公安のイヌ、大日本金沢塾、日蓮宗金沢派、
金沢主義者青年同盟、はぁーひゃっこいひゃっこい、
金沢明子は法律で禁止、山谷で暴動、反金沢勢力を打倒、
金沢革命、金沢明子は抽象概念化、愚民の群れ、
と目立つことばを並べると、なんとなく、
あらすじはわかるのではないだろか。
そして、最後に金沢塾塾長は、死体の山に倒れながらいうのんだ。

おまいら、知らないな、、、
金沢明子って、ブスなんだぞ

やっぱ復刻は無理だわな、これ。。。

今回もう1冊、いしかわじゅんの作品で、手に入れた本がある。
スノウ外伝、という作品で、
超能力者の村から都会に出てきた青年が主人公の、短編連作で、
若い時分に、前半の叙情的でやるせない物語群を
読んだ記憶がある。
後半は、初めて読んだ話ばかりだった。

そういえば、最初、ブログを始めたころ、
こんな風な(内容ではなく)味わいの話を書きたかったんだ、
と思い出した。

村で謎の少女に出会ったあと、
超能力者ばかりの村から、都会に向かう電車のなかで、
主人公は、いつでも帰っておいで、
おまえの戻る所はここしかなんだからね
という母親のことばを思い返している。

そして、第1話帰郷は、こう終わっている。

私は目を閉じて
少女の陰毛を思った

ギャク漫画家のいしかわじゅんではあるけれど、
この作品では、こんな感じの切ない数話が含まれている。

そして、ぼくは書きながら、
もう想う陰毛もない自分をまた憐れむのであった。

Photo_156

« いしかわじゅんの「憂国」(その1) | トップページ | 働くおかまちゃん »

コメント

まだうら若き乙女の頃・・・
金沢明子の使用済み○○○○に狂喜するオトコの出てくる場面に驚愕したものでした・・・(そんな子がなんでこんな本買うんでしょ?)
いしかわじゅんは一時少女誌に「うえぽん」という作品を連載していたので、ある程度の年齢の女性は彼の作品わりと親しんでますよ。私は「かんぱりソーダ」から入りましたが・・・。
しかしこの「憂国」、私の持ってるのとは装丁がまたちがいますね~。

師匠、まいど~

いしかわじゅんさんって、BSマンガ夜話で夏目漱石の孫?とかと出てる人ですかね?

同志、まいど^^

>まだうら若き乙女の頃・・・
まだまだうら若いっすよ^^

>金沢明子の使用済み○○○○に狂喜するオトコの出てくる場面に
>驚愕したものでした・・・(そんな子がなんでこんな本買うんでしょ?)
そんな大事なところを伏字にしたら、みんないろいろ想像しちゃうぢゃ、ないっすか(^^?
面白いので、いろいろ考えてみましょう。
使用済み核燃料棒、なんて字数的にもぴったりですよね~。
使用済み携帯懐炉、もなかなか欲しいかも。。。
他になにか思いついた方がいらっしゃいましたら、
ここまで書き込みください~(^^

>しかしこの「憂国」、私の持ってるのとは装丁がまたちがいますね~。
なるほど~。それで約束の地もご存知なのですね^^
あっしのやつは、憂国以外は見るべき作品はありやせん^^;

マナオさん、まいど^^

>いしかわじゅんさんって、BSマンガ夜話で夏目漱石の孫?
>とかと出てる人ですかね?
そうでやんす。でも、あっし、残念ながら、みたことないんすけど^^;

同志、「約束の地・憂国」のこと言ってるんですかね?あれともまだ違いますよ~。
「約束の地」はヤンマガKCだったし、「憂国」もかなり古い版だったと思います。なんせ購入時は高校か大学の頃でしたから・・・ああトシが知れるってもんだわ。

「みなのしゅロックでオールナ~イッ!」
某演歌歌手をあそこまでパロってええんかい?な「約束の地」でしたわ・・・。

いしかわじゅんは、なんかのギャグ漫画でしか呼んだことがないです~
妙に女の子が、いろっぽい(三頭身なのに)のを憶えています。

師匠やともちんさんが一目置いてる作品ならば、是非読みたいもんですな~

夏目漱石の孫って、夏目房之介さんじゃないですか?

同志、まいど^^

>同志、「約束の地・憂国」のこと言ってるんですかね?
>あれともまだ違いますよ~。
ちゃうんですか^^;
いろんなバージョンがあるんですね~

>「約束の地」はヤンマガKCだったし、
>「憂国」もかなり古い版だったと思います。
>なんせ購入時は高校か大学の頃でしたから・・・
>ああトシが知れるってもんだわ。
そんなときから、いしかわじゅんを愛読してたんなんて。
並の少女でなかったことだけは確かっすね^^

>「みなのしゅロックでオールナ~イッ!」
>某演歌歌手をあそこまでパロってええんかい?な
>「約束の地」でしたわ・・・。
実は昨日、約束の地が届いて読んだのですが、
あっし、初読でした。
あれってやっぱ、ハルオ先生が社会主義者だったのが、
関係してるんでしょうか(^^?
進行性農夫病、ですもんね~。


ヒラリーさん、まいど^^

>いしかわじゅんは、なんかのギャグ漫画でしか
>呼んだことがないです~
>妙に女の子が、いろっぽい(三頭身なのに)のを憶えています。
でも、巨乳属がでてこないのは、いしかわ氏の趣味でしょうか(^^

>師匠やともちんさんが一目置いてる作品ならば、
>是非読みたいもんですな~
憂国、短いので、コピー取りました。
何らかの方法で、読めるようにしますね~^^

>夏目漱石の孫って、夏目房之介さんじゃないですか?
そういえば、漱石の本名って、金之助ですもんね~。
あれ、でもスケがちゃうな^^

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« いしかわじゅんの「憂国」(その1) | トップページ | 働くおかまちゃん »