« いしかわじゅんの「憂国」(その2) | トップページ | バンコク発券は死んだ »

2006年7月20日 (木)

働くおかまちゃん

最近、職場のおんなのひとから、
別にわたし、おとこが好きでも差別しないわよ、
同性愛者であることの告白を勧められた。

あのねー^^;
と思いつつも、ぼくくらいの年齢でずっとひとりでいて、
職場で軽度のセクハラ事件さえも起こさず、
品行方正に生きていると、
逆にそういう風に思われるのだろう。

しかも、公私を実にきっちりわけているので、
このブログで書いてあるようなことは、
いっさい職場民は知らない。
職場でチジョウレンアイザタもない、
となれば、そんな結論に至るのか、
と改めて感心したりした次第だ。

しかし、である。
ここで、もう一度、はっきりと大きな活字で言っておく。
ぼくは、

オ ン ナ が大好き、

であります(^^

ほんとがどうか試したいひとがいたら(ただし女性に限るけど)、
考慮するので、応募するように。

そういいつつも、ぼくの書いたものには、
おかまちゃんがけっこう登場する。
それは、休暇をタイで過ごすことが多いためで、
タイが、日本と違って、
おかまちゃんがふつうにふつうの職場で働ける、
そういう意味での先進国、であるためだろう。
しかし、タイ人に偏見がない、というよりは、
他人のすることに興味がない、
他人の目よりも、自分の事情を優先する
そんなタイ人の国民性のためであろうと、思う。

結果として、おまかちゃんが生きやすいのなら、
そんでいいんだろうけどさ。

ところが、である。
最近、日本がまたひとつ、真の意味での自由な国に
近づいたのではないか、と思える出来事に遭遇したのだ。
とある、家電量販店でのことだ。

痩身のおにいさんが、レジで接客をしていた。
髪をポニーテールにまとめてる。
女性なら、喜ばしいと思うところだ。
ぼくは、ポニーテールの女の子がとても好きなのだ。

ところが、そのおにーさん、スカートを履いているではないか。

念のため、近づいてみると、接客の声が低い。

かのじょ(?)を女性として遇し、
人前に立つことを許している、
その会社にブラボー、といってあげたい、
とぼくは思ったのだった。
欲しいものがなかったんで、買い物はなにもしなかった
んだけれどさ。

ただ、ひとつ気がかりなのは、
もしカノジョが、ただ声の低い、おっさん顔の女性だったのなら、

さっきのブラボーは返してね。


▼あっしに自白を迫った職場の女性に
PCのスライドショー機能を使った、ぷんぷいソフト社謹製、
脳を鍛える、おとこおんなおかま当てクイズ®
してもらったところ、写真の方はおかま認定されました。
あっしの目視では、充分女性だったんですけど^^;
Photo_157

« いしかわじゅんの「憂国」(その2) | トップページ | バンコク発券は死んだ »

コメント

>ほんとがどうか試したいひとがいたら(ただし女性に限るけど)、
>考慮するので、応募するように。
キャ〜☆
ともちんさん、一緒に応募しましょうよ〜(笑)
「独身に限る!」(20代に限る!とかもだめ〜!)とか言い訳は聞きませんよ(爆)

>かのじょ(?)を女性として遇し、
昔、スコットランドの民族衣装風のスカートを男性が履くのちょっと流行ってた事ありましたよ。
ただ単にそういうファッションが好きってだけってことは…??

はぎ妻さん、まいど^^

>キャ〜☆
>ともちんさん、一緒に応募しましょうよ〜(笑)
>「独身に限る!」(20代に限る!とかもだめ〜!)
>とか言い訳は聞きませんよ(爆)
きゃー☆彡
というと、はぎ妻さん、20代ぢゃないんですか^^;
ということは、、、
.
.
.
.

10代???(大獏)
.

>昔、スコットランドの民族衣装風のスカートを男性が履くの
>ちょっと流行ってた事ありましたよ。
>ただ単にそういうファッションが好きってだけってことは…??
もしそうでも、なかなか事件っすよ^^
接客業で、スカート履く男性を認める会社っつうのも(^^♪
これでもブラボーもんです。

こんにちわ~

以前勤めていた職場に、おかまちゃんいてはったんですよ~☆
その方は、カミングアウトしてたので職場のみんなが知っていました。

50代の方だったのですが、ダンナさんと二人で暮らしていて幸せそうでした♪

ただ・・・朝からダンナさんのとHなことをペラペラ話されるのにはちょっと参りましたけど・・・

でも、オトコの気持ちもオンナの気持ちも両方わかるようで、
当時の職場にはセクハラ問題とかあったのですが、女性陣の悩み等も聞いてはりました。

人間として、魅力のあるかたでしたよ~(^。^)

師匠、まいど~^^

師匠がゲイとは思わないけれど、オカマちゃんにはモテそうだな~と思います。
そんなことないです?(笑)

同志、近日中にはぎ妻さんとともに襲撃しますのでお覚悟めされませ~♪(笑)

数年前、ウチの病棟におじいちゃん同士のカップルがおられました。一人が入院中でお連れ合いが毎日看病に通ってました。
でもなんの違和感もなく受け入れられてましたね・・・。

同志、おかまちゃんにモテるってことは魅力的であるという証明じゃないですか~!


かおりんさん、まいど^^

>以前勤めていた職場に、おかまちゃんいてはったんですよ~☆
>その方は、カミングアウトしてたので職場のみんなが知っていました。
なかなかさばけた職場で、けっこうですな^^

>50代の方だったのですが、
>ダンナさんと二人で暮らしていて幸せそうでした♪
なんとなくリリアンさんを想像してしまいますが、
あんな話し方はされませんよね~^^

>ただ・・・朝からダンナさんのとHなことを
>ペラペラ話されるのにはちょっと参りましたけど・・・
たぶん、オンナ同士の一般的な会話の一環、だったんでしょうね^^;

>でも、オトコの気持ちもオンナの気持ちも両方わかるようで、
>当時の職場にはセクハラ問題とかあったのですが、
>女性陣の悩み等も聞いてはりました。
セクハラおじさんにはバツとして、そのリリアンさんの
セクハラを逆に受ける、っていうのはあかんでしょうね^^;

>人間として、魅力のあるかたでしたよ~(^。^)
そんなん言われたら、うれしいわ~(リリアンの声で^^)

マナオさん、まいど^^

>師匠がゲイとは思わないけれど、
>オカマちゃんにはモテそうだな~と思います。
>そんなことないです?(笑)
自覚症状はないどすえ^^
できれば、女性にもてたいどすえ~(獏)

同志、まいど^^

>同志、近日中にはぎ妻さんとともに
>襲撃しますのでお覚悟めされませ~♪(笑)
どうせ襲撃なさるのなら、パン屋さんの方がよろしいかと(^^♪

>数年前、ウチの病棟におじいちゃん同士のカップルがおられました。
>一人が入院中でお連れ合いが毎日看病に通ってました。
>でもなんの違和感もなく受け入れられてましたね・・・。
それくらいの年齢になると、むしろ、煩悩から解き放たれて、
友情と愛情の区別がなくなるのかもしれませんね。
経験ないから、わからんけど^^;

>同志、おかまちゃんにモテるってことは
>魅力的であるという証明じゃないですか~!
だから、別に持ててませんて(-_-;)
あっしが、できれば女性にもてたい、
って願うのは贅沢なんでしょうか^^;

「パン屋再襲撃」でっか!!!

同志、おかまちゃんにモテるなら女性にもモテますって!!!
うちの夫がおかまちゃんにもてるひとだったらいいのにと思ったことは一度や二度ではありません・・・。

同志、まいどまいど^^

>「パン屋再襲撃」でっか!!!
やはり襲撃ということばに一番似合うのはパン屋でしょう^^

>同志、おかまちゃんにモテるなら女性にもモテますって!!!
だから、別に誰にもモテテマセンから^^;

>うちの夫がおかまちゃんにもてるひとだったらいいのに
>と思ったことは一度や二度ではありません・・・。
今まで機会がなかっただけかも知れませんぜ^^
なんなら、チャンスをつくってあげてくださいな(^^

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« いしかわじゅんの「憂国」(その2) | トップページ | バンコク発券は死んだ »