« たびする8月 | トップページ | ソウル(その1) »

2006年6月29日 (木)

人間ドック

毎年、この時期に人間ドックへ行く。
別に医者が好きなわけでも、健康マニアなわけでも、
とりたてて長生きを希望しているわけでもないのだけれど、
いっぺん行きはじめてから、
なんとなく行く習慣がついてしまった。
結果を職場に提出すれば、
職場で健康診断を受診しなくてもいい、という事情もある。
仕事中にバリウム飲んだり、下剤を飲んだりするのんは避けたい、
という気持ちがぼくには強くあるのんで、
人間ドックは休日に行って、その日は安息日にしている。

ぼくが行く人間ドックの施設は、ホテルの中に入っていて、
受診後の昼食は、ホテル内のレストランを利用できる
ようになっている。
でも、下剤を飲んだ状態で、うろうろしたくないので、
そのときには食べたことないんだけれど。

結果はいつも褒められたものではないけれど、
とくに今すぐ治療の必要なことがらもなく、
お医者さんの総合所見も適当に相槌をうってごまかしている
のだけれど、ぼくの行っている施設には、
それとはべつに栄養士の先生による栄養相談というのがあって、
ここでは毎回、しっかり怒られる。

曰く、摂取するカロリー量を減らし、野菜を多くとり、
動物性脂肪の摂取を控えなさい。
もちろん、運動もしないといけませんね。

ぼくのできないこと、したくないことばっかり言わはるわけだ。
いつもここで、つらいつらい時間を過ごすことになるのである。

今年も同様に怒られたのだけれど、怒られながら考えた。
なんで、ぼくはこのひとの忠告を聞きたくないのだろうか。

そして、ついに、ひとつの結論に達した。
そうだ、この栄養士さんは、ぼくが元気で長生きするために
人間ドックに来てるのだ、という前提で話をしてるんだ。
だから、かみあわないのだ、と。

でも、ぼくは好きなモノ食べて、適当に生きます、
早死にしてもいいんで、ほっといてください、
なんて身も蓋もないこと言って、
ぼくをかのじょたちの正しい道へ更生させよう
としてはる栄養士さんをムゲに傷つけるのもなー、
と今年も黙って怒られて帰ってきた。

ぼくって、意外と、いいひと、でしょ^^;


▼でぶとして生きる、という確固たる信念
Photo_147

« たびする8月 | トップページ | ソウル(その1) »

コメント

ええ〜〜!?
そんな〜、長生きした方がいいですよ、師匠!

命の長い短いはおいといても、
残りの人生死ぬ瞬間まで少しでも元気でいた方が美味しい物も食べられるし、楽しく過ごせるじゃないですか〜☆

マダムハギ、ボンソワール^^
無敵艦隊を破ったフランスチームを讃えて、
フランス語で挨拶してみやした。

さて、あっしも別にとくに早く死にたい、
と希望してるわけではないんですが、
あっしの好きな脂にまみれた鶏やら、脂にまみれた豚やら、
脂にまみれた牛を喰うんでねー、
とおっしゃるんですよー。
そこまでして、長生きしなくてもいいかなってことなんす^^;
脂まみれでも長生きできるかもしれないし、
節制しても交通事故で死ぬこともあるかなー、
って思うんでやんすよ^^;

マダムハギみたいな素敵な奥さんができたら、
脂の我慢もしようかな、
と思うような今日この頃でございます^^

>でも、ぼくは好きなモノ食べて、適当に生きます、
>早死にしてもいいんで、ほっといてください、
・・・ふつうこんなコトいう人は人間ドックに毎年行ったりしませんからねぇ・・・。
やはり人間ドックに来るからにはそれなりの健康&長生き願望があると思って皆様お叱りになられるのでしょう・・・。
同志、はぎ妻さんみたいな奥さん見つけて健康生活に突入いたしましょう!

同志、まいど^^

>>でも、ぼくは好きなモノ食べて、適当に生きます、
>>早死にしてもいいんで、ほっといてください、
>・・・ふつうこんなコトいう人は人間ドックに
>毎年行ったりしませんからねぇ・・・。
>やはり人間ドックに来るからにはそれなりの健康&長生き願望が
>あると思って皆様お叱りになられるのでしょう・・・。
そうなんすよねー^^;
いやなことから逃げた結果、人間ドックにいってるあっしは、
変り種でしょうね~(^^

>同志、はぎ妻さんみたいな奥さん見つけて
>健康生活に突入いたしましょう!
同志、あっしの年代の素敵な方はみんなすでにいい奥さんに
なってますのんで、見つけるのは至難のワザなんすよ~(^^♪

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« たびする8月 | トップページ | ソウル(その1) »