« 生協の白石さんについて考える | トップページ | 状況を楽しむ »

2006年6月 3日 (土)

奥様は、、、

去年の夏、福岡の空港の売店で、
奥様はフィリピーナ、という本を買った。
なかなかインパクトのある題名で、こういうのんにぼくは弱い。
最近リメイクされた、奥様は魔女、にひっかけたネーミング
なのだろう。
興味のあるひとはどうぞ。
かつて、ダーリンがサマンサと結婚したためにした苦労を
超える苦労
がそこにはある。

もう旧聞に属する話かもしれないが、
最近の韓流ブームに乗ってか、
日本人女性が韓国人の男性と結婚するための
インターネットのサイトが繁盛してるそうだ。

かつて、そのサイトにアクセスする日本人女性は
ほとんどいなかったそうなのだが、ヨン様ブーム以来、急増し、
現に結婚するひとたちが多数でてきているらしい。
まさにヨン様恐るべし、である。

しかし、とぼくは思うのだが、
彼女たちは、一生しあわせに暮らせるのであろうか。

ぼくたちはふだん意識していないものの、日本人として、
共通の文化の中で生きている。
むかし、奈良公園にやってきた外国人が、
えさをもらうために頭をさげる鹿を見て、
日本では鹿さえお辞儀をする、といったらしいけれど、
場面場面で文化的な違和感を覚えることは数多くあるのだと思う。

たしかに同じ日本人どおしでも、
個人個人によってもその文化には差異があり、
交際を通してその隙間を埋めていき、
許容の範囲であることを確認して結婚にいたるのであろう。

国際結婚の場合は、そこの差異がおそらく、
同じ文化圏同士のひとたちが結婚するよりも大きい場合が多く、
それゆえ、その差異を埋めるための手続も慎重を期し、
長い時間をかけるべきだと考えるが、
現実は必ずしもそういう風にはなっていないように思う。

幸せに暮らしてる国際結婚カップルも多い反面、
離婚にいたるカップルも多いようだ。
どっからの数字かしらないが、日本人同士だと、離婚率は3割、
国際カップルだと5割だそうである。
大きな差とも言えるし、そんなに差がないともいえる。
ただ、どっちにしても、昨年の楽天の勝率よりは高い。
そして、たぶん、今年の楽天の勝率よりも高いだろう。

ただ、傾向として、ということだけれど、
今後国際結婚はさらに増えていくだろう。
単純にいうと、ひとの移動可能距離が増えたからだ。

今から、100年か、もう少し前、明治維新より前あたりは、
たぶん、婚姻関係はほとんどがご近所でなりたってたんだと思う。
一般人の、最大移動範囲が、近所の集落止まりから日本国、
ということになってから、
じょじょに遠距離の婚姻が増えていったのだろう。

今は高校生が修学旅行で海外に行く時代なのだ。
飛行機に乗る、っていうのはねー、
昔は大事件だったんだぜー、知ってるか、君たち。

そしてまた、インターネットで自宅にいながら、
なんでもできてしまう時代だ。
いったこともない国のホテルを
あったこともないネットの旅行業者に頼んで、
実際に手元にはないお金をクレジットカードで払い、
ネット屋で決済を確認したりできるのだ。
キャンセルだって、同様に簡単にできてしまう。

花嫁だって、そのうち、こんな風に選ぶのが当たり前の時代に
なるのかもしれない。
そのとき、キャンセルや返品はどんな手続になるんだろうな(^^;)


▼まだあったこともないひとがぼくの記述をみてくれてる、
なんつうこともついこないだまでは、
夢のまた夢、だったんだよねー^^;
今や、ほんとにみんな繋がっている。。。
Photo_14




« 生協の白石さんについて考える | トップページ | 状況を楽しむ »

コメント

師匠、まいど〜

>花嫁だって、そのうち、こんな風に選ぶのが当たり前の時代になるのかもしれない。
そうそう、うちのまるちゃんだって、コニカちゃんとネット上で知り合ってんし〜

でもインコって人間みたいに言語や文化を持ってないから、離婚率は低いと思います。

今でも出会い系で知り合って結婚に至る人、結構多いんちゃいます?

私があと20年若かったら、ブログで出会った誰かさんとオフ会で恋に落ちてゴールイン・・・なんてこともあったのかしら~?
国際結婚って確かに冒険ですよね。私には多分ムリでしょう。
でも、小栗左多里の「ダーリンは外国人」とか読んでたら「大変だけど、それなりにウマくいくこともあるんかなぁ~」とか思ったりしますね。
それにしても最近国際結婚ネタのエッセイとかコミック増えたわ~。
「ダーリンはアキバ系」とか・・・あ、アキバ系は日本人でしたね・・・。

師匠、まいど~^^

人間は、自分とは違う遺伝子配列を持った人に惹かれるそうですよ。(動物全般そうかもしれないけど)
例えば、自分がABCDを持っているとしたら、それを持ってない人に惹かれるそうです。
より多様な子孫を残すためには、自分と違うほうがいいんでしょうね。
見た目で判断できないことだし、遺伝子で惹かれあってるなんて言われてもね~・・・

そう考えると、国際結婚のほうが遺伝子が違う可能性が高いから、増えてるのも頷けます。
そんでもって目的が果たされたら離婚ってのは、より生物らしい行動なのかも。
一生添い遂げるなんて、人間が勝手に生み出した美徳だと、遺伝子に言わせればそれまでかも^^;

ボーグコレクション・・・
ボーグは異文化の融合がうまく?できてますよね。

はぎちゃん、まいど^^

>>花嫁だって、そのうち、こんな風に選ぶのが当たり前の時代になるのかもしれない。
>そうそう、うちのまるちゃんだって、コニカちゃんとネット上で知り合ってんし〜
鳥ですら、ネットでΣ(゚д゚lll)ガーン

>今でも出会い系で知り合って結婚に至る人、結構多いんちゃいます?
そういえば、そうでんなー^^
出会い系か~。
そんなシステムもありましたねー。
でも、結婚する人、ほんとに多いんでしょうか?
少なくても、あっしの周りで公言してるひとはいませんっすよ^^;

同志、まいど^^

>私があと20年若かったら、ブログで出会った誰かさんと
>オフ会で恋に落ちてゴールイン・・・なんてこともあったのかしら~?
当時はそんなきっかけはなかったっすもんねー。
あっしはまだ可能性ある(^^?

>国際結婚って確かに冒険ですよね。私には多分ムリでしょう。
>でも、小栗左多里の「ダーリンは外国人」とか読んでたら
>「大変だけど、それなりにウマくいくこともあるんかなぁ~」
>とか思ったりしますね。
>それにしても最近国際結婚ネタのエッセイとかコミック増えたわ~。
>「ダーリンはアキバ系」とか・・・あ、アキバ系は日本人でしたね・・・。
ちなみにあっしはアキバ系でもオタクでもないですので、
念のため、いっときますねー(^^

マナオさん、まいど^^

>人間は、自分とは違う遺伝子配列を持った人に惹かれるそうですよ。
>(動物全般そうかもしれないけど)
>例えば、自分がABCDを持っているとしたら、
>それを持ってない人に惹かれるそうです。
>より多様な子孫を残すためには、自分と違うほうがいいんでしょうね。
見た目で判断できないことだし、
>遺伝子で惹かれあってるなんて言われてもね~・・・
なるほど、そういわれれば、そうかもしれません。
同じような遺伝子を持ってると、子孫の遺伝病のリスクも
高まるらしいですしねー^^;

>そう考えると、国際結婚のほうが遺伝子が違う可能性が高いから、
>増えてるのも頷けます。
>そんでもって目的が果たされたら離婚ってのは、
>より生物らしい行動なのかも。
まるでタイ人の♂の行動をそのまま言ってるような発言^^;

>一生添い遂げるなんて、人間が勝手に生み出した美徳だと、
>遺伝子に言わせればそれまでかも^^;
ただ子どもをつくればいい、という観点からはそうですが、
子どもが生殖可能なところまで大人になる、
ということを考えると、よりコストが大きい、
♀が安定を望むのだ、っという意見もありましたが、
今の日本にゃ、当てはまらないような気もします。

>ボーグコレクション・・・
>ボーグは異文化の融合がうまく?できてますよね。
ほんとだ~^^
究極の異文化コミュニケーションだわ(゚д゚)ウマー

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 生協の白石さんについて考える | トップページ | 状況を楽しむ »