« 苗字の変更 | トップページ | スーツケース »

2006年4月23日 (日)

姫路城で

姫路城にデートに行くと、そのカップルは別れる。
なんてことをぼくは若いとき、聞いたりした。
この手のことは、全国津々浦々にいろんな名所に、
いろんな形で存在するのだと思う。
なんの根拠もない話だ。

それで、むかしむかしの話を思い出した。
友人は、ずっと憧れていた女の子と、拝み倒すようにして、
初デートにこぎつけたらしい。
しかし、いっしょに行った動物園ででんでん盛り上がらずに、
キリンの首は長いね。」とか、
象の鼻は長いね。」とか、
そんな単発の話題に終始して帰ってきたらしい。
もちろん、2回目はなかったそうな。

姫路城だろうと、どこだろうと、
だめなものはだめなんである。

ぼくも姫路城になぜだか、いったことがある。
別に姫路城が見たかったわけではない。
しかし、自分が姫路城を別に見たくなかったことに気づくのは、
まだまだ先の話だ。

前々から、書いているようにぼくは、観光名所や遺跡、
というものに興味がない。
それは、世界のどこにいっても同じだ。
でも、若かったこのころ、まだそのことに気づいていなかった。
だから、姫路城に行ったのだ。
今なら、絶対に行かない。
行っても仕方がない。
それが証拠に、ぼくは姫路城に行ったことがあるにもかかわらず、
姫路城について、なにも覚えていないのだ。
姫路にあることは知っている。
でも、それは姫路城に行く前から知っていたことなのである。

なにはともあれ、姫路城に行った。
おおむかしの話だ。
当時、つきあってた女のこといっしょに、である。

そのときに、いやでも目についてしまう、カップルを目撃した。
ひとりは、着慣れない背広を着た、ちいさなにーちゃんだった。
トミーズ健、をさらにぎこちなくしたような存在だった。

おんなのこは、猫背で地味な感じの、
見るからに話のはずまなそうなタイプの女の子だった。
しかも、猫背なのにもかかわらず、背はにーちゃんよりも高く、
横幅もたぶん大きかった。

あれ、たぶん、見合い後の初デートじゃない、
とかのじょは言った。
みるからにそんな感じだわね。

ちいさなにーちゃんは、はしゃいでいた
舞い上がっていたのか、盛り上がろうとしていたのか、
ぼくにはわからなかったけれど、
とりあえず、まわりの風景からは浮いていた。

女の子の方は、たぶん頷いているんだろう、
でも、後からみた感じでは楽しげには見えなかった。

ある意味、拷問に近いなー。
本人たちは、いいかもしれないが、見てるぼくがなぜかつらい。
ぼくは、かれらをみなくてすむように
そうそうに姫路城を立ち去ることを提案した。

明石で玉子焼きでも食べよう。

きむらやで玉子焼きを食べながら、
カップリング、ということばを想ったぼくだった。


▼ちなみにゴモラが壊そうとしたのは大阪城。
Photo_61

« 苗字の変更 | トップページ | スーツケース »

コメント

師匠、まいど〜

>この手のことは、全国津々浦々にいろんな名所に、
>いろんな形で存在するのだと思う。

うちの近所の諏訪山ビーナスブリッジには、南京錠がいっぱい掛かってます。
それがあまりに多いんで、神戸市がジャングルジムみたいな「南京錠掛け場」を作りました。

こんだけのカップルの何%が結婚して、幸せと思っているんか、
何%が結婚したけど、離婚したのか、
何%が鍵を掛けた夜にケンカして別れたのか、
南京錠を眺めながら、
カップリング、ということばを想ったぼくだった。

え~と、姫路城、行ったことあります。
しかも2回。
元彼とお城の外まで。
で、今のダンナと中までしっかり見学。

これって一勝一敗???

>別に姫路城が見たかったわけではない。
>しかし、自分が姫路城を別に見たくなかったことに気づくのは、
>まだまだ先の話だ。
うん、うん!わかる〜〜!
なんか若い時って、みんなが行くところとか観光名所とかにデートに行かなきゃいけないみたいなかんじでしょ〜?
そういうところが好きな人や、どんな場所でもデートできたらいいっていう人ならいいんだけどね〜^^;
でも、わかいときにはそういうことって誰も全然気づかない。
私も高校生のころ、意味なく湘南海岸に行ったりしたな〜〜
若かった。ふっ…

はぎちゃん、まいど^^

>南京錠を眺めながら、
>カップリング、ということばを想ったぼくだった。
はぎちゃんは、いい奥さんとカップリングに成功してよかったすよね^^
人生の半分は、誰と過ごすかで決まるんぢゃないかな、
と最近、思います。
ベターハーフ、っていうんですよね、あちゃらでわ^^

同志、まいど^^

>え~と、姫路城、行ったことあります。しかも2回。
>元彼とお城の外まで。
>で、今のダンナと中までしっかり見学。
>これって一勝一敗???
どっちが下見か知りませんが、楽天よりは勝率高いですよ。

>とうとうカウントダウンも終わってしもた・・・。
>でも同志、ワタクシとアナタの仲は終わりませんことよ~!
じゃあ、いっぺん行きますか、姫路城(^^?

>・・・でもできれば「四」では四谷さんではなく
>ヨン様を出して欲しかっ・・・っって
>こればっかりは「同志」にはなってもらえませんよねぇ・・・。
実は四谷さんを発見するまでの候補は、
ヨン様だったんですよ(^^
でも、四谷さんも、あっしのブログに登場してたんで、
四谷さんにしちゃいました^^;

はぎ妻さん、まいど^^

>>別に姫路城が見たかったわけではない。
>>しかし、自分が姫路城を別に見たくなかったことに気づくのは、
>>まだまだ先の話だ。
>うん、うん!わかる〜〜!
わかっていただき、ありがとさんです^^

>私も高校生のころ、意味なく湘南海岸に行ったりしたな〜〜
>若かった。ふっ…
はぎ妻さんが、はぎ嬢だったころの話ですねー。
いっぺん、若いときの写真見せてくださいよ。
みんなで、過去の笑いあいをしましょう(^^♪

おはようございます♪

ぷんぷいさんの友人のお話は、ものすごーく良く分かります。

本人はデートにOKして貰って舞い上がってしまい
会話も気遣いも相手の事を考える余裕ないし、
そんでもって、自分は妙にハイテンションなので、完全に空回り(^^;

ある意味、2回目に断られるよりも、最初から断られる方が
デートさえこぎ着ければ、分かって貰えるのにっていう、
悲しい期待を抱いたままで居られるので、ダメージ少ないな
と思ったものです(笑)

姫路城は、嫁さんとゴンター1号と塩田温泉行った帰りに
寄った事があります。頂上付近は、ハシゴになっていて、
ちっちゃい1号をおぶって上がったときは、
苦行僧の気分を味わいました(^^)


ダメージ少ないなと思ったもんです

し、師匠~~~!

私が1日、PCを開けてない間に、閉じましたね・・・。
今日、恐る恐る開けたら、「退会」の文字が・・・ああ・・・0を見れなかった。
0はなんでしたの?

姫路城はけっこう好きですね~。
お菊さんの井戸とか、見てしまいますね~。
何度か行ってます^^
でも、広場でブッチューとしてるカップルを子供の頃に見て(こっちは親と一緒)ハラハラしたのを覚えてます^^;

先日鴻上さんのご家族が来日されたんですが、鴻上さんは姫路城観光に行く予定にしてましたよ。
なんで?って聞くと、昔のまんまだから・・・って言ってました。
古いものがそのままで残ってるということが、意外と日本では珍しいのかもしれませんね。

みなっきーさん、まいど^^

>ある意味、2回目に断られるよりも、最初から断られる方が
>デートさえこぎ着ければ、分かって貰えるのにっていう、
>悲しい期待を抱いたままで居られるので、ダメージ少ないな
>と思ったものです(笑)
なんと前向きな思想なんだ(^^
あっしなら、1回デートして、お互いに無駄な時間を使うより、
最初から断られる方が、お互いいやな思いをしないいいからいいや、
って思っちゃいますねー^^
究極の後ろ向きおっさんですか、あっし(^^?

マ、マナオさん、まいど^^

>私が1日、PCを開けてない間に、閉じましたね・・・。
>今日、恐る恐る開けたら、「退会」の文字が・・・
>ああ・・・0を見れなかった。
>0はなんでしたの?
でんでん0には関係ないもんです。
絵で書くと、◎←こんな感じのもんでした^^

>姫路城はけっこう好きですね~。
>お菊さんの井戸とか、見てしまいますね~。
>何度か行ってます^^
>でも、広場でブッチューとしてるカップルを子供の頃に見て
>(こっちは親と一緒)ハラハラしたのを覚えてます^^;
ブッチュー、ありましたか♡
けっこう姫路城、啓けてたんですねー^^;
子どものころ、ああいうのは、テレビの中の出来事だと思ってました^^

>先日鴻上さんのご家族が来日されたんですが、
>鴻上さんは姫路城観光に行く予定にしてましたよ。
>なんで?って聞くと、昔のまんまだから・・・って言ってました。
>古いものがそのままで残ってるということが、
>意外と日本では珍しいのかもしれませんね。
木造文化ですからねー(^^

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 苗字の変更 | トップページ | スーツケース »