« 日曜の午後は、、、 | トップページ | 893 »

2006年4月 6日 (木)

親切なおじさん

昨日、天王寺のことを書いて思い出した。
もう、20年以上も前の話だ。
ぼくと、高校時代のご学友だった面々は、
天王寺のどっかで飲んでいたのだろう。
あるいは、もっと別の場所から流れてきたのかも知れない。
とりあえず、天王寺に酔っぱらった状態でいたのだった。

そのなかのひとりが、トビタはどっちじぇい、と叫んだ。
かれは、当時、もうすでに絶滅の危機に瀕しながら、
でんでん保護の対象になっていなかった、文学青年だった。

江戸時代、あるいはそれ以後も遊郭や風俗地帯として名をはせた、
飛田新地の名前をいってみたかったのだと思う。
いわゆる、酔った勢い、というやつだ。

ぼくらは、どっちかというとおんな方面に関しては、
あかんたれの集団だった。
男ばっかりでつるんでいて、なおかつ、人畜無害で、
穴の空いた箱でも持っていようなら、
通りすがりのおばさんが100円玉ほおりこんでくれるような
そんな健全なやからの集団だった。

文学青年は、飛田新地の名前を出すことで、
仲間内で、相対的に威圧的な地位を出そうと
もくろんだのかもしれない。
そんなとこに行けるような、そんなぼくたちではなかったのだ。

叫んだ場所は、天王寺の橋のうえだったと思う。
眺めがいいと、ひとは気持ちが開放されるのだ。

その直後のことだった。
50前くらいの、いわゆるすだれ禿のひとの良さそうな
リーマン風のおじさんが、
飛田いうのはな、ここからやとこういって、ああいって、、、
と親切にも行き方を教えてくれたのだ。

ぼくらは、一瞬展開についていけなかったが、
もともとがよいこ集団なもんだから、
橋の上で、全員直立不動で行き方を教えていただいたあと、
ありがとうございました、と礼をいったのだった。

そのあと、ぼくらは残念ながら、飛田に行くことはなかった。
チャレンヂングスピリットの欠如、といっていいのかどうか。
そして、いまだによい子をやめれない、ぼくなのだった。


▼天王寺の橋のうえ、といえばミドリガメ売り。
写真は、タイペイのすっぽん屋さんの看板。
Photo_54

« 日曜の午後は、、、 | トップページ | 893 »

コメント

ぷんぷいさん、まいど^^

師匠の青春の1ページを垣間見た気分です。
情景が何となく見えてきます^^

せっかく教えてもらったのだから、行ってみればよかったのに、飛田新地とやらに^^
>チャレンヂングスピリットの欠如
私もそうだな・・・
私もよい子ということで・・・

マナオさん、まいど^^

>師匠の青春の1ページを垣間見た気分です。
>情景が何となく見えてきます^^
今でもあの当時となんらかわらず青春中(^^?
でも、最後の1ページかな。

>せっかく教えてもらったのだから、
>行ってみればよかったのに、飛田新地とやらに^^
シモネタ書くと、そむさんに怒られるのでいきません^^

>>チャレンヂングスピリットの欠如
>私もそうだな・・・
>私もよい子ということで・・・
ずっとよい子同好会つくましょうか(^^♪

飛田新地・・・
私の中で行ってみたいけど、行けない場所No・1です。
今度、鯛よし100番で秘密の会を開いてみませんかー??
そしたら、飛田新地を垣間見れるのにな~

以前、近道をしようとして所謂「新地」に足を踏み入れたことがあります。
最初は、まったくわからなかったんですけど、
そのうち猛烈に「街に拒否されてる」と肌で感じました。いそいで、引き返しました。
後で調べたら、九条の「松島新地」でした。
商店街からちょっと入った場所に、あんな異次元が存在するとは・・・

確実に「新地」は生きて機能してるんですね~
アレは、建前上「料亭」らしいですね。その後従業員となんらかのことになっても、それは「自由恋愛」というそうです。

ヒラリーさん、まいど^^

>飛田新地・・・
>私の中で行ってみたいけど、行けない場所No・1です。
良識ある意見ですな^^
女の人が興味半分で行っていいとこではないっすよね、
いろんな意味で。

>今度、鯛よし100番で秘密の会を開いてみませんかー??
タイよし1番なら、行ってみたい^^

>そしたら、飛田新地を垣間見れるのにな~
パッポンのゴーゴーバーに前カノ連れて行って、
顰蹙買ったことがありやした。
自分が行ってみたいといったくせに。
世の中には、見ない方がいいものがあるようですよ^^;

>以前、近道をしようとして所謂「新地」に
>足を踏み入れたことがあります。
>最初は、まったくわからなかったんですけど、
>そのうち猛烈に「街に拒否されてる」と肌で感じました。
>いそいで、引き返しました。
>後で調べたら、九条の「松島新地」でした。
>商店街からちょっと入った場所に、
>あんな異次元が存在するとは・・・
あっしも貧乏なんで、北新地には行こうとも思いません^^;

>確実に「新地」は生きて機能してるんですね~
>アレは、建前上「料亭」らしいですね。
>その後従業員となんらかのことになっても、
>それは「自由恋愛」というそうです。
最近の援助交際もそうなんでしょう。
理屈はなんとでもつきますからね~。
外国人から見ると、見合いなんて風習も違和感あるらしいし^^;

>天王寺の橋のうえ、といえばミドリガメ売り。
え?そうなんですか?
覚えておきます(笑)
>写真は、タイペイのすっぽん屋さんの看板。
伝仁徳天皇陵のお堀にはスッポンが住んでいます。
2回目撃しました〜〜

はぎ妻さん、まいど^^

>>天王寺の橋のうえ、といえばミドリガメ売り。
>え?そうなんですか?
>覚えておきます(笑)
あとカブトムシ、カラーひよこ、とかね^^
最近はむりやりひとに自分の音楽を聴かす輩が多いようですが、
あんなのは邪道です^^;
やっぱ小動物や詩集を売らないと。

>伝仁徳天皇陵のお堀にはスッポンが住んでいます。
>2回目撃しました〜〜
伝、というのが渋い^^;
あのお堀、いろんなもんが住んでそうっすね(^^

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 日曜の午後は、、、 | トップページ | 893 »