« 親切なおじさん | トップページ | レナード・バーンスタイン »

2006年4月 9日 (日)

893

ある日の阪神高速でのできごとだ。
けっこうすいた道をぼくはご機嫌で走っていた。
追越し車線をぶんぶんと。
前の走行車線にいかつい車がみえた。
なんというか、いかにもそういう筋のひとが
乗ってそうな車だった。
しかも、プレートナンバーは893だった。

ほんとうのほんものは、893なんてナンバーは
つけたりせんだろう。
ぼくは、そう思って追越し車線から追越しざまに
ドライバーの顔をみてみた。
向こうもこっちをみていて、目があった

ほんものだった。

あっしは、とりあえず逃げることにした。
追いかけてはこなかった。
ほんもんさんは、目があったことに関しては、寛容だったようだ。
あるいは、ぼくの目が怖かったのかもしれない(嘘)。

家に帰ってから、いろいろと考えてみた。
人相的には、まちがいなくほんもんだった。
ずばりいうおばさんでも、このひとの職業は、
保育士、とか、ハウスマヌカン、とかはいわないと思う。
他人にモンキッキ、という名前はつけるような能なし
だったとしてもだ。
顔が欠格条項にひっかかっている。

もし、ニセ者なら、ほんまもんと遭遇したとき、
どう対処するんだろう。
おどれ、893をなめとったら、承知せんどー、
って展開だって充分ありえるだろうし。

ゆえにニセ者ではなく、ほんまもんの可能性が高いだろう。
運輸局に無理に割り当てられたのでないとすれば、
けっこうお茶目さんかも知れない。

ぼくのような、根性無しと目を合わせて楽しんでるのだろうか。
人生はやっぱり謎に満ちていることだなあ、
とそのときもまた、感じいったおっさんであることだよ。


▼覆面パトカーのナンバープレートが、全部110番なら、
安心なのだけれど(^^♪
Photo_12


« 親切なおじさん | トップページ | レナード・バーンスタイン »

コメント

この893さんは自分の生き方にポリシーをもってはるんでしょうね〜^^;
だから自分が893であることに誇りをもっていて、
道行く人にも自慢したいってことかもしれませんね?
このナンバーは…?

でも、緑色のカエルにそっくりのマーチには要注意!
かわいい車に全くふつりあいのハードパンチ自慢のおっさんが乗ってる可能性がありますからね(笑)

はぎ妻さん、まいど^^

>この893さんは自分の生き方にポリシーを
>もってはるんでしょうね〜^^;
>だから自分が893であることに誇りをもっていて、
>道行く人にも自慢したいってことかもしれませんね?
>このナンバーは…?
もひとつ考えられるのが、事実をひとつひとつ
明らかにしていくタイプのひとって、いるでしょう。
冷蔵庫のマヨネーズにマジックでマヨネーズと書かずにいられないひと。
卓上の小瓶にもかならずソースか醤油か書きたいひと。
そんなタイプの893さんかな、と思ったり(^^

>でも、緑色のカエルにそっくりのマーチには要注意!
>かわいい車に全くふつりあいのハードパンチ自慢の
>おっさんが乗ってる可能性がありますからね(笑)
うーーーん、たしかにそれは要注意だ^^
でも、そのハードパンチは、平和のためにしか使用されないから、
あっしは大丈夫っす(^^♪

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 親切なおじさん | トップページ | レナード・バーンスタイン »