« 関西人の証 | トップページ | くまもとのこうのさん »

2006年3月29日 (水)

古い友人からのメール

ぼくはあまりまめな方ではないのだけれど、
年賀状だけはなるべくちゃんと出すようにしてる。
最近は、宛名を書く必要もないし、
内容も印刷だから、手間がかからない、
ってこともあるんだけれど、
なによりも、ブログをはじめるまでは、
年にたった1回の、撮った写真の発表会、
って意味あいもあったのだ。

ぼくの撮る写真は、まともな人間にはなかなか理解されない。
真の大人だけが、その深い志をわかってくれる、
と信じて、妙な作品を年始早々送り続けている。
まだ、面と向かって苦情を言われたことは、1回しかない。

年賀状の効用は、写真作品の理解者を求めることだけではない。
たまに音信不通になっていた友人から、
とても生きている返事が届いたたりするのんだ。

ついこのあいだもらったメールは、
インドネシア人の男性と結婚した女の子からだった。

かのじょとは、カルチャーセンターの
インドネシア語のクラスでいっしょだった。
もちろん、ぼくはインドネシア語なんか
でんでんできないんだけれど、
タイ語を一生懸命勉強していたころで、
近隣諸国のことばも挨拶程度できた方が便利なんではないかな、
と思って、参加したのんだ。
タイの南にはマレーシアがあって、
インドネシア語とマレー語は、方言程度にしか違わないし。

かのじょとは、席が隣あわせたことがきっかけで、
なんとなく話すようになった。
かのじょは気さくな女の子で、ぼくがクラスを3ヶ月で
リタイヤしたあとも、メールで連絡を取り合ってりしていた。
当時のぼくは、たぶん暇だったのだろう、
けっこうな頻度でかのじょとメールのやりとりをしていたようだ。

そして、そのかのじょが、インドネシア人の彼氏と出会って、
結婚にいたる経緯をほぼライブで聞いていた、みたいだ。
というのは、今、古いメールを読み返すまで、
薄情なようだけど、そういうやりとりは、
記憶のかなたにいっちゃてたのんだ。

そのメールのやりとりのなかで、
ぼくは、一応、相談のようなことを受けていて、
その返答をみると、ずいぶんひどいことを書いている。
ぼくなりに一生懸命には書いているんだけど、
今読むと、こんな書きようはないよー、って赤面してしまう。

国際結婚は難しいといわれているし、
結婚するまでにそのかれとは2、3回しかあってないし、
当時のかのじょは、かなり舞い上がっていたのんで、
多少きつくても、真実を書いてやる人間が必要だと
ぼくは思ったのだ。

ごめんよ、
でも、もし今ダンナとうまくいってるなら、よしとしてくれー、
って、思うぼくなのだった。



▼国際結婚ならぬ、星間結婚カップルが登場するドラマ、
スタートレック。
未来の話だからいいんだけれど、実際のところ、
ひととチンパンジーが、遺伝子レベルで3%しか違わなくて、
交雑するのが無理なのに、宇宙人とこどもをつくるなんて、
ありえない、ことだそうな、今のところ。
Ds9

« 関西人の証 | トップページ | くまもとのこうのさん »

コメント

国際結婚って、うまくいかない確率が同国人同士より高いかもしれませんよね?
だって、文化が違うって大きいことですよ?
夫婦って文化や考え方を共有するパートナーなんですからね。結婚前は「相手を尊重して」とかなんとかキレイゴト言ってても、それが生活となるとちょっとしたことが「許せない」ってことに…
相談されたら、やっぱり私も多少きつくても現実的なアドバイスをしてしまうと思います☆

ところで師匠、年賀状のクレームっていったいどんなのなんですか〜?
気になる〜〜^^;


ぷんぷいさん、まいど^^

国際結婚・・・しかも相手がインドネシアン。
やっぱり何となく上手くいかなさそうな気がしますよね・・・。
姉の友達にもバリニーズと結婚した人いますけど、うまくいってます。
やっぱりご家族は大反対だったみたいですけどね。

ぷんぷいさんのように、現実問題をちゃんとアドバイスしてあげる人も、当時の彼女には必要だったと思いますよ。

はぎ妻さん、まいど^^

>相談されたら、やっぱり私も多少きつくても
>現実的なアドバイスをしてしまうと思います☆
問題は意思がかたまってるか否かってことですよね。
けっこう決めてしまってから、相談するひともいるので、
そんなひとにあんまり否定的なこというと、
確実に人間関係が壊れるんで考えちゃいますよね~^^;

>ところで師匠、年賀状のクレームって
>いったいどんなのなんですか〜?
>気になる〜〜^^;
タイの中華街かなんかのあばら家に、
正月に貼ったのか、赤い紙に金文字で
めでたい文句が書いてあって、
家ごと写真に撮ったんですが、
文字があまり目立たなくて、
正月からなんや、あのボロヤの写真は、
っていわれますた。
ごもっとも(^^ゞ

マナオさん、まいど^^

>国際結婚・・・しかも相手がインドネシアン。
>やっぱり何となく上手くいかなさそうな気がしますよね・・・。
それだけなら、あんまり反対もしないんだけど、
他にもいろいろありまして^^;
あんまり詳しくはかけないけどね。。

>姉の友達にもバリニーズと結婚した人いますけど、
>うまくいってます。
>やっぱりご家族は大反対だったみたいですけどね。
とりあえずは反対しますよね。
最初から諸手をあげて賛成っていうのは、
逆に不思議なくらいで。
ただ、幸せの定義は、ひとによって違うので、
血縁とか、利益共同体の人間じゃないと、
なかなか思い切ったことはいえないっすよね~^^

>ぷんぷいさんのように、
>現実問題をちゃんとアドバイスしてあげる人も、
>当時の彼女には必要だったと思いますよ。
結果はいっしょだったけどね^^

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 関西人の証 | トップページ | くまもとのこうのさん »