« スポットに捧げる | トップページ | 中島敦の「山月記」 »

2006年2月16日 (木)

昆虫類の通達

ぼくは論理的な人間だ。
占いなどを信じる人間は非論理的に見える。

名前の字画や手のひらのしわで、
その人間の真実や未来がわかれば、
とても便利だとは思うけれど、
それはとても難しいことのように思える。

少なくとも、繁華街で寒さに震えながら、
机ひとつで商売してるような人間には
たぶん無理なんではないかなー、
ということだけは確かだと思う。
それほど難しいことのわかる人間は、
そんな割の合わない商売をしないだろう。
.
しかし、ぼくがすべての非論理的なことを否定する、
というわけでもない。
論理的には解明できないけれども、存在するかもしれないこと、
というのはあるかもれない、と最近は思わないでもない。
それは、虫の知らせ、というやつだ。
.
タイに滞在しているときだ。
ぼくは、なぜか実家に電話しなきゃ、と思った。
時間はタイの時間で、夜11時。
かけたときは、2時間の時差だから、日本は9時、
と思ったのだが、ほんとは、逆で、午前1時、だった。
でも、そのときはそんな初歩的な間違いに気づかず、
実家に電話をしていた。
しかし、誰も出なかった。
あとで時間の間違いに気づき、深夜だものなー、と思い、
そのまま、電話しないままに数日後に帰国したら、
父親がけっこうな病状で入院していた。
電話した日は、まさに父親が倒れた日で、
母親は父親に付き添って、病院に泊まっており、
だれも電話にでなかったわけだ。
.
最近は、こんなこともあった。
以前に使っていたブログで知り合った友人から、
会合があるから来ないか、という親切なメールが、
会合の2日前である木曜日に届いた。
この会合の件は、かれのブログの記事ですでに知っていたけれど、
仕事と重なる可能性があったので、
エントリーをしていなかったのだ。

しかし、メールが届いた段階ではすでに
仕事の件はほぼ解決していて、
その会合にぼくがいけない理由はなかったのだけれど、
ぼくはそのメールに対して、行かない旨の返事をした。
.
なんでだろう、気が進まないのは、と考えたのだけれど、
理由はわからなかった。
でも、気が進まないときは無理をしないのがぼくのやり方だ。
仕事なら、そんなわがままはいえないが、
プライベートでは無理をしないことを、
ぼくは自分のルールにしている。
.
返事を出したその日である金曜日の夜、ぼくは母親から電話で、
かのじょの姉のだんなさん、ぼくからいうと、
義理の伯父さんにあたる人が亡くなって、
翌日の土曜日に、通夜があることを聞かされた。
.
この伯父さんたち一家とは、子供のころから親しくしていて、
いとこたちとは、兄弟姉妹同然に育ったし、
なにより、伯父さんはぼくの将棋の好敵手で、
とても親しく面倒を見てもらったひとだった。

最近は、家が遠くなったり、歳をとったり、
みんな一家を構えたりして、
ぼくといとこたちとは疎遠にはなっていたけれど、
伯父さん夫婦とうちの両親は、リタイヤした同士、
けっこう頻繁な交友があったようだ。
.
伯父さんの通夜の時間は、ちょうど会合の時間と重なっていて、
伯父さんが、友人たちとの会合ではなくオレの通夜に来いよ
って、どっかでぼくにメッセージを送ってたから、
ぼくは理由もなく、会合を断わる気になったのかな、
ってことにすると、
それなりに美しい物語になるような気もするだけど、
そんな非論理的なことは、
ぼくはやっぱり信じたくないんだな(^^;
.
.
.
▼エンタープライズ号の科学仕官、アンドロイドのデータ少佐
虫の知らせ、を昆虫類の通達、と表現したかれのセンスは、
愛猫スポットのことを歌った詩にみごとに結実している。
その詩については、下の記事を参照してね(^^
Data

« スポットに捧げる | トップページ | 中島敦の「山月記」 »

コメント

毎度〜
なるほど。なるほど。そんなことが・・・

僕はこの前 歯が抜ける(毛ではない)夢をみた。
身内に不幸が・・・って話を聞いたことがあるが、大丈夫のようです。よかった、よかった。

僕は非論理的なことを信じる派やな〜(笑)

師匠~、めちゃめちゃ非論理的なはぎ妻です♪
だって、風水、占いだーい好きだもん(笑)
隊長とことうちは商売人ですから特に見えない力を信じたくなっちゃうんだと思います★

よく、地震の前に動物が予知して暴れたとか聞きますが、師匠のおっしゃる虫の知らせも本来人間が持っている同じ機能のような気がします。
実は師匠もマナオさんの次ぐらいに直感力がさえているのでは~(笑)

隊長、まいど^^

>僕はこの前 歯が抜ける(毛ではない)夢をみた。
>身内に不幸が・・・って話を聞いたことがあるが、
>大丈夫のようです。よかった、よかった。
>僕は非論理的なことを信じる派やな〜(笑)
あっしも夢は気にしますねー^^
タイでも夢占いはさかんなようです。

未来のことがわかるかどうかはともかく、
顕在化しないいろいろな心の闇が、夢の形ででてるのわ、
と思うでやんす。
だから、前カノがみたという夢はしっかり聞いたなー^^;
自分の夢も分析したいけど、残念ながら、
あっしは夢憶えてないんす、朝起きたらね(^^

私も非論理的なこと信じちゃいますね~。
でも、すぐ忘れる(笑)
今日はなぜかうちのドクターに採血される夢を見ました。
一体どんな意味があるんでしょうね?(^^;

はぎ妻さん、まいど^^

>師匠~、めちゃめちゃ非論理的なはぎ妻です♪
>だって、風水、占いだーい好きだもん(笑)
>隊長とことうちは商売人ですから特に見えない力を
>信じたくなっちゃうんだと思います★
こないだ、テレビでみたんですが、
会社勤めをやめて、起業するかどうか、
っていうことを道端の占いのおばちゃんに聞いてるおっちゃんが
占いのおばちゃんにやめとけ、って言われてますた^^
あっしが占い師でも、そういうだろな、
そんな重要なことを自分で決められないだもん^^
ラッキーカラーが何色、とかいうレベルの占いは、
罪なくていいと思いますよ、あっしも(^^

>よく、地震の前に動物が予知して暴れたとか聞きますが、
これは意外と科学的根拠があるようっすよ^^
地震の前には電磁波とかが異常な数値を出すらしいし、
いわゆる、直感というのとはちゃうレベルのもんらしいっす。

>師匠のおっしゃる虫の知らせも本来人間が持っている
>同じ機能のような気がします。実は師匠も
>マナオさんの次ぐらいに直感力がさえているのでは~(笑)
あっしはでんでん鈍感な方でね。
付き合ってる女が横で何考えてるかも
わからんかったくらいっすから^^;
直観力よりも、信じる力の方が強かったで、
わかんなかったのかな'`,、('∀`) '`,、

りょうさん、まいど^^

>私も非論理的なこと信じちゃいますね~。
>でも、すぐ忘れる(笑)
これはなんとなくわかる(^^

>今日はなぜかうちのドクターに採血される夢を見ました。
>一体どんな意味があるんでしょうね?(^^;
りょうさんとこのドクターは、採血は普通の仕事?
りょうさんにとって、採血の意味することは?
今度神戸でその話をゆっくり聞かせてくださいな(^^♪
ふたりで、りょうさんの夢の真相を考えましょう^^


私、自分では非論理的な事を信じてないわけではないのに、「非論理的なことが大嫌いな人」と思われてしまいます。

う~ん、私からすれば、私の方がずっと「不思議」を信じてるのにな~
だから、反対に、友人達の言う「非論理的な事」がイカサマちっくに見えてしまいます。そんな「現実的な事」を、深遠なるモノといっしょにしないでくれ!と。

占い師やスピリチュアルを売ってる人が、デブってるのはどう考えても、ナチュラルじゃないですよね~!煩悩まみれじゃないですか・・・

幽霊だって、UFOだって、占いだって、前世だって、今の科学では見えない単位の世界なのかもしれない。だから、その存在は信じています。

結局、科学的なものを信頼する傾向が強い私です。
科学や数学、物理は、本当に神秘的なんだけどな~

ヒラリーさん、まいど^^

>占い師やスピリチュアルを売ってる人が、デブってるのはどう考えても、
>ナチュラルじゃないですよね~!煩悩まみれじゃないですか・・・
これはなかなかおもしろい観点っすね^^
占い師も見た目を気にしないと
信憑性が損なわれるってことっすか(^^

>科学や数学、物理は、本当に神秘的なんだけどな~
あっしにとって、数学と物理は神秘的でやした。
点数は、呪われてやしたが。。。^^;

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« スポットに捧げる | トップページ | 中島敦の「山月記」 »