« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006年1月30日 (月)

ぷんぷいさん、ケイタイを流す

どんな人間にもひとしくある欲求というものがある。
便意、というものもそのひとつだと思う。
ただし、アイドル時代のきょんきょんには存在しなかった、
という話をぼくは半々くらいの確率で信じている。
.
それはともかく、
ぼくは、職場でふいにそんな欲求を感じてしまった。
これを解消するために排泄行為を行なうことをぼくは決心した。
.
しかし、残念ながら、今回の欲求はどうも、
がせ、であったらしい。
ぼくはむなしく個室をあとにすることにして、
無為でありながらも、習慣的に尻を拭き、
その必要から、水を流した。
.
まさにそのときであった。
ぼくの胸ポケットから、買って2ヶ月目の、
京セラWX310K、いわゆる、京ぽん2が身投げをしたのは。
.
それは、飛び込み自殺のようだった。
あたかも、電話機自身が、自分の意思で飛び込んだかのような、
見事にして、完璧なタイミングであった。
.
その証拠に、ひっかかりもなく、見事に流れてしまったようで、
ついに遺体はあがらなかった
数年間、苦楽を共にしたウルトラマンのストラップと、
むなしくアダプターだけが残った、これも買ったばかりの
miniSDカードとともにお星様になってしまったのんだ。
.
しかし、である。
ものは考えよう、というではないか。
ぼくは、とくに極端に悲観的にものをみる方の人間なので、
今回のことでも、これでトイレが詰まって大騒ぎになるよりは、
何十倍もよかったと、実は思っている。
じっさい、便器をはずさなくちゃいけないほど、
大事になる可能性だって、あったのだし。
.
ぼくのようになにごとも悲観的に考える人間だと、
車に轢かれたって、
轢いた車が、ダンプカーじゃなくてまだよかった、
って思うことだろう。
.
現に交通違反で捕まると、
捕まってなかったら、事故起こしてたかも、とか、
おんなに逃げられても、結婚してなくてよかった、とか、
そんな風に思ってる自分がいるのんだ。
.
さあて、と考える。
とりあえず、当座をしのぐために前使っていた京ぽん1に
持ちこみ機種変したのだけれど、
これはつなぎにすぎない。
つぎはどの機種にしようか、
それを考えると、不思議と少しうれしいといえなくもない、
ぼくなのだった。
.
.
.
▼実は逃げたカノジョが使ってた方の京ぽん1に機種変。
あっしのは、ガタがきてたんで。
決して未練がましい気持ちからではないよ~(^^
Photo_26

2006年1月27日 (金)

我に自由を。。。

タイでは逮捕から9日で死刑判決
タイ南部サムイ島を休暇で訪れていた英国人女子学生(21)が
暴行、殺害され、今月2日に遺体で見つかる事件があり、
タイ南部スラタニの裁判所は18日、
殺人罪などに問われたタイ人男性の2被告に対し
「残虐で重大な犯行」として死刑判決を言い渡した。
逮捕から9日のスピード判決。
判決によると2被告は漁師で、昨年末から休暇で島を訪れていた
女子学生を暴行後、殺害し遺体を海に遺棄。
9日に逮捕され、2被告とも犯行を認めていた。
サムイ島は欧米人などに人気のリゾート地。
事件は欧米系メディアに大きく報じられ、
観光への影響を懸念するタイのタクシン政権は
「容疑者には厳罰が必要」と言明していた。
[2006/1/18/21:01]
.
タイに初めて行く人や、これから行く人に
タイの治安はどうですか
ってたまに聞かれる。
そんなとき、ぼくはたぶん日本よりもいいですよ、
なんせ怪しいやつはとりあえず捕まえるから、
日本みたいに犯罪者がおおでをふってシャバにいませんからね、
と答えることにしている。
.
実際は、必ずしも犯罪の検挙率が高い、
というわけではないと思うが、治安は悪くないと思う。
そして、今回の死刑判決だ。
はっきりいって、今回の処置は、
いわゆる、三権分立とか、ってレベル以前の、
法治国家としていい範囲を超えてるいる可能性が高い、と思う。
しかし、観光立国でもあるタイとしては、タイを安全に旅行できる国、
と観光客が思えるように、どんなことでもする、
という決意を内外に示したものである、と思う。
これこそが、ぼくのいう、日本よりも安全の根拠なのである。
.
むかし、日本は、世界一安全な国と言われていた。
犯罪の検挙率も高かったし、みんな悪いことをしてはいけない、
と思っていた。
タイと同様、怪しい奴はとりあえず捕まえる、
ってこともしていた。
別件逮捕、というやつで、新聞にも普通にでてたところをみると、
あの当時は容認されていたのだと思う。
.
犯人と思われるようなやからは、駐車違反のような
本来逮捕されるはずのないような微罪で拘禁し、
重大な犯罪の方を調べる。
もちろん、間違いもあったろうが、少なくとも、今の日本よりは
むかし、世の中が別件逮捕を容認していたころの方が、
安心して生活できてたような気がする。
.
今の日本では、自由権、と呼んでいいのか、
個人の自由があまりにも尊重されるあまり、
生存権の方が、脅かされる世の中になってしまっている、
とぼくは思う。
こういう状況がほんとに正しいのか。
命よりも大切な権利があるのか、ということをも一度、
考えるべきときが来ているような気がするのだが、
ちゃうんやろか。
.
18世紀末に「我に自由を与えよ。しからずんば死を与えよ」
って言ってたひとが今の状況をみたら、
「我に自由を与えよ。人殺しには死を与えよ
っていうんじゃないかな^^
.
.
▼サムイ島といえば、バンコクエアウェイズ。
こんなスッチーにあえるらしい^^
Photo_25

2006年1月23日 (月)

ぷんぷいさん、αSweetDIGITALを買う

また、くだらないものを撮ってしまった。。。

ニコンがほとんどのフィルムカメラから撤退するそうだ。
むかし、ぼくが子どもだったころ、
ニコンのカメラというのは、周りから一目置かれる存在だった。
実際に、そんなに性能の違いがあったのかどうか、
それは今のぼくにもわからないのだけれど、
当時はほかのメーカーのカメラとは違う、
別格の風格のようなものをたたえていたように思う。
.
ニコンのカメラにはいろんな伝説があった。
多くのプロカメラマンが使っていたために
それはできた伝説かもしれないのだが、
それにしても、ニコンのカメラはかっちょよかった
.
そんなニコンがもうフィルムカメラは新たに開発はしません、
これからはデジタルカメラに経営資源を集中します、
と公に宣言してしまったのんだ。
これはニコンのフィルムカメラを使っているわけではない
ぼくにとっても、衝撃的な事件であった。
.
.
.
と、ここまで書いてほおっておいたところ、
今度は、コニカミノルタが全カメラ事業から撤退するという。
ありゃりゃ、って感じである。
.
実は、ぼくはαシリーズの一眼レフをずっと使ってきた、
ミノルタファン(コニカミノルタではない^^;)で、
最近はフィルムカメラを使ってなかったけれど、
つぎに旅行にいくときのために、そろそろデジタル一眼レフ
買おうと思っていた矢先の出来事だった。
.
しかも、カメラ事業の売り先が、カメラメーカーではなく、
家電大手のソニーだというではないか。
この事実をどう捉えたらいいのか、正直、わからない
.
しかし、ソニーがどんな製品をどういう風にだすかわからないし、
最近出たαSweetデジタルの値段もこなれてきたようなので、
これを契機に買おうと思っていた。
.
そして、なにげに寄ってみたカメラのキタムラで、
本体のみ69800円、しかも、たとえ、壊れたカメラでも
下取りがあれば5000円で引きというのんをみてしまい、
64800円で買ってしまったのんであった。
.
もう少し、様子をみてから、と思っていたのだけれど、
縁があるときは、こういうものなのだ。
この店でも、在庫はあんまりなく、今後のことはわからない、
というし、調べた中で、実質で一番安いアマゾンからでも、
まだ、1万3千円も安いのんだ。
お買い得マニアのぼくとしては、買わざるをえない。
.
これが吉と出るか、凶と出るかはわからないものの、
とりあえず、SONYではなく、MINOLTAと書かれた
デジタル一眼を手に入れられたことは、
喜ばしい出来事であった、と思う。
.
つぎの旅行までにどのレンズを連れて行くのか、
また悩まなくてはいけないけれど、とりあえず、
かわいいレンズたちにまた活躍の場ができたことを喜ぼう^^
.
そして、たとえそれが会心の一作であっても
昭和のおとこのダンディズムは、
ルパン3世の五右衛門よろしく、つぶやくのんだ。
.
また、くだらないものを撮ってしまった、と。
.
.
.
▼レンズではなく、本体に手ぶれ補正を組み込んだことが
画期的なだった、αデジタルシリーズ。
たった2台で、なんで撤退なんだあ・゚・(ノД`)・゚・。
Photo_3

2006年1月21日 (土)

ダーリンの真実

奥様の名前はサマンサ。
そして旦那様の名前はダーリン。
ごく普通の二人はごく普通に恋をして、
ごく普通に結婚しました。
でもただひとつ違っていたのは、
奥様は魔女だったのです。

.
スタートレックは目覚めたのは、ここ十数年前の話だ。
そんなに遠い昔ではない。
一人暮らしを始めてから、深夜にテレビをみるようになり、
そうしてであったドラマだったのんだ。
.
しかし、そういえば、海外のドラマで、
もっと昔から、愛してやまない番組があった。
それは、最近、ニコール・キッドマンと宇梶剛士を外人にした
ような外人(?)
でリメイクされた、奥様は魔女、なんである。
しかしながら、ぼくはリメイクは見ていない。
ニコール・キッドマンはとてもきれいだし、見てみたい
気もするのだが、
でも、ぼくにとってのサマンサは、
エリザベス・モンゴメリそのひとだけなのだ。
.
究極のマンネリ番組といっていい、このテレビシリーズは、
幸せな笑いに満ちていた。
人間を下等動物呼ばわりして、わざと自分の名前を間違え続ける
義母のエンドラや、怒るとこわい義父のモーリス
笑いどころのない冗談が好きなアーサーおぢさん
くしゃみで消えるエスメラルダや、
魔法ごととんまなクララおばさん、サマンサと瓜二つのいとこの
セリーナなんかに悩まされながらも、妻、サマンサを愛し続ける
けなげな広告屋、ダーリン・スティーブンス
.
そして、お調子者の上司、ラリー・テイトは、
ぼくの密かなスターだった。
あんな素敵なお調子者は、この世にふたりといやしない。
できることなら、あんなお調子者のおとなになりたい、
とぼくは、子供心に思ったものだった。
.
ご近所のクラビッツ夫妻も好きだった。
うわさ好きのトラブルメーカー、妻のグラディスと、
すべてを達観し、妻を馬鹿呼ばわりしながらも
妻を愛し続ける夫のアブナ
ほんとに近所にいたら、やだろうけれど、
サマンサとダーリンの住むアケボノ通り(だったと思う)には
不可欠な人材だった。
.
ところである日、ダーリンは出張にでた。
なんせ広告代理店の要職につく身だ。
そんなこともあるだろう。
そしてかれは、3回ほどそれを理由にドラマに出てこなかった。
こんなことは初めてだった。
ダーリンが奥様は魔女に出てこないなんて。
.
次に出てきたとき、ダーリンは、よく似た別人になっていた。
しかも、妻のサマンサをはじめ、誰もそれに気づいていない
なんてことだ。
そんな奴、おらんやろー。
チッチキチー。
.
ドラマだから、しょうがないんだけど、
なんとなく裏切られた気がしたのんは、
ぼくだけではなかったのでは、と今でも思っている。
.
それはともかく、ダーリン役をディック・ヨークから替わった
ディック・サージェントは、
ドラマでは妻を愛するよき夫であったのだが、
その実、男が好きなひとであったらしい。
.
共演のラリー・テイト役の役者に現場で求愛したりして、
困惑させたということだ。
.
ダーリンに迫られて、逃げ惑うラリー、なんて図は、
ドラマの奥様は魔女を超えて、おかしい気がする^^
.
.
▼タイの地方のワコール売り場で見つけた看板。
ところで、タイにはワコールの工場があるとかで、
サイズがあえば、ワコール製品安いらしいです。
Photo_24

2006年1月18日 (水)

キミ(仮名)の彼氏

あるとき友人と乗った、バンコクのタクシーの話だ。
そのときは、けっこう大きな荷物を持って、
ホテルの前からの乗車したのだったが、
さして遠くもない行き先まで、
運ちゃんは、どうしても高速道路で行きたい、とのたまった。
.
BTS(高架鉄道)なら数駅で、
高速道路に乗るような距離ではない。
しかも、その日はタイでは祝日の朝で、
渋滞の多いバンコクでも決して道はこんでない状況だった。
.
ふだんだったら、そんなあほな金払えるけー、と断ることだが、
なんとなく有無を言わせぬ、妙な迫力があった。
かれは、髪が長くて、背が高く、
見ようによってはイマドキの男前のにいちゃんだ。
.
しかし、運転中ずっと、まっすぐ走っているのんに
方向指示器を出したり消したりし続けているのも不気味だった。
かれの頭のなかでだけ聞こえる音楽にあわせて、
リズムを取ってるのかもしれない。
ひょっとすると、ラリリー牧場系のひとかとも思える。
こういうときは、へたにさかわらず、
黙って目的地につくのを待つか、途中で降りるかのどっちかだ。
.
ぼくの、タイで逆らわない人リストには、
まず、王族関係、お坊さん、政府関係者、軍人、お巡りさん、
といった人たちが並んでいるが、
そのリストの端のほうに、危ない人、っていうのも入っている。
.
高速道路に乗れることになって、ご機嫌になったせいか、
かれは、ぼくたちに話しかけてきた。
.
あんたらは、日本人かい?
実は、おいらの恋人は日本人なんだ。
****市出身のキミ(仮名)っていうのんさ。
今、同棲しててさ、もう4ヶ月もいっしょにいんだよ。
彼女は、こっちで働いててさ、
2年のビザ持ってるから、当座はいいんだけどさ、
彼女が両親にタイ人とつきあってること言ったらね、
タイ人の男は、浮気性だから、だめだってさ
でも、いまのおいらはキミ(仮名)だけさ。

ってのたまったのだった。
興味をひかれたぼくらは、
.
じゃあ、彼女の両親がいうように、
ほんとにほかにおんなはいないのかい、って聞いてみた。

もちろん、少ししかいない、

と笑いながら、かれは答えた。
.
話を聞く限り、キミ(仮名)の方は、
けっこうまともな女の子らしい。
男の選択基準以外は。
.
前にも書いたかもしれないが、タイは階級社会だ。
タイの女の子は、自分にふさわしい相手をちゃんと知っていて、
たとえば、日本人並のお金持ち(飛行機に乗って外国に
いける程度のお金持ち)なら、
タクシーの運ちゃんなんかとは付き合わない。
タイでタクシーの運転手は専門職ではなく、
運転免許さえあればだれでもできる仕事で、
あんまり尊敬される仕事ではないのんである。
.
愛があればそれでいいのか、
ほんとおにそれでいいのかあ?
と、愛に恵まれないおっさんは、
キミ(仮名)にいっぺん聞いてみたい、と思うのだけど^^

▼タイ人ぽくないその後ろ姿^^
Photo_23

2006年1月16日 (月)

金儲けの秘訣

金儲けの秘訣、という言葉で、
財テク系の話かと思われたひとには申し訳ない。
自分ができないことをひとに語るつもりはない。
これは、もっとマニアックな話だ。
.
スタートレックという、アメリカで制作された
テレビシリーズがある。
これが好きなんだが、日本ではなかなか理解されない。
一番最初のシリーズは『宇宙大作戦』という名前で、
日本では放送された。
これはかなり古く、シリーズの原点であるが、ぼくは見ていない。
.
ぼくが好きなのは、スタートレックネクストジェネレーション
(以下TNG)とスタートレックディープスペースナイン
(以下DS9)、というシリーズで、ともに1時間ドラマが
170回ほどでシリーズ完結となる、長い長いドラマシリーズだ。
.
設定が未来の地球と宇宙ということで、SFに分類され、
スターウォーズと比較されることが多いようだが、
これを単なるSFとして、愛している人はむしろ少ないと思う。
いろいろなものから自由になるために、SFの設定を借りている、
という側面が大きくあって、
視聴者もそれがわかっていてみているひとが多いような気がする。
.
SFとして、未来の話にされている理由のひとつは、
人種問題からなるべくフリーであろうとする
試みでもあるのだと思う。
なんせ、アメリカのドラマである。
人種差別に対して、ひじょうに敏感なお国柄である。
でも、宇宙人にしてしまえば、人種差別的という、
レッテルは避けやすいということもあるのんだろうし、また、
政治的な問題に巻き込まれにくいということもあるのだと思う。
.
ただし、完全に人種問題から自由かといえば決してそうではなく、
たとえば、TNGではエンタープライズ号の艦長は
フランス系地球人あったが、
DS9では指揮官はアフリカ系アメリカ人だったし、
その次のシリーズのボイジャーでは艦長は女性であった。
指揮官の人選だけみても、いろんなところにいろんな配慮が
みられるのだ。
宇宙戦艦ヤマトの乗組員のほぼ全員が、
日本人だったのとえらい違いだ。
.
金儲けの秘訣は、そのなかに登場するフェレンギ星人が
大事にしている信条集のようなもので、
商売をするうえでのかれらの考え方を集大成したもののようだ。
.
フェレンギ人のモデルは、日本人ともいわれ、
時代的にはエコノミックアニマル全盛時代にかれらは登場した
ような気がする。
容姿はみにくく、金儲けのためなら手段を選ばず、恥知らずで、
女性を蔑視し、でも、マザコンなのである。
.
今どきの日本人には、こんなぎとぎとしたイメージはないと思う。
日本人がいまよりずっとパワフルで、頑張っていた時代の残像だ。
.
下に参考までにどっかから拾ってきた、
金儲けの秘訣(抄訳)をつける。
もし、財テク系のひとの役に立つようなら、幸いっす(^^ゞ
.
.
▼クワークというフェレンギ星人が述べたことをまとめた作品だ、
そうっす^^;
クワークは愛すべき人物で、
フェレンギ星人としての成功をつねに目指し、口にしながらも、
その実、一銭にもならない地球人の正義やら、誠実さやら、
といった価値観にだんだん毒されて(?)いくんでやんす^^
Photo_2

2006年1月15日 (日)

金儲けの秘訣条文集

金儲けの秘訣条文集

1. もし他人のものを拾っても、絶対返さないこと。
2. 正直な顧客はだますことができない。しかしやってみる分にはかまわない。
3. ものを手に入れる時、必要以上に金を使わない。
4. セックスと収入はどちらも長続きしない。
5. 契約は破棄できなくても、ねじ曲げることは可能だ。
6. 家族といえど金儲けの邪魔はさせない。
7. 常に耳の穴を開けておけ。
8. 自分の小銭の金額も数えておけ。
9. 本能がチャンスだと告げたら必ず儲かる。
10. 死んだ顧客は、生きている奴ほど買い物しない。
11. ラチナム以外にも輝いて見えるものもある。
12. 一度売れたものは、二度売れる。
13. する価値がある全てのことは、金のためになる。
14. 盗品は、100%利益になる。
15. 利口者は馬鹿なふりをする。
16. 取引は、取引だ。(より良いカモが現れるまでは...)
17. バーゲン品は大抵高くつく。
18. 親戚の贈り物には用心しろ。
19. 昇進の直後にあまりすぐ休んではならない。
20. 顧客が汗をかいている時には、暖房を回せ。
21. 友情を金儲けに優先してはいけない。
22. 賢者は風の音にも金儲けのタネを聞き分ける。
23. 最後のコインに手を出してはいけない。だがその他は全てつかみ取れ。
24. いつ儲かるかなんて人には聞くな。
25. 疑心暗鬼が良いビジネスパートナーを作る。
26. この銀河中の金持ちの大多数は、その富を相続ではなく盗むことで築いた。
27. 木が一番役立つのは、あんたがそれを伐採したあとだ。
28. モラルはいつも力によって限定される。
29. 誰かが「それは金にならない」と言うとき 、そいつは嘘をついている。
30. 会話はタダだがシンセエールには金がかかる。
31. フェレンギ人の母親をからかうな。
32. 自分が売るものには気を付けろ。時として顧客の希望をかなえてしまうからだ。
33. 上役におべっかを使ってもフトコロは痛まない。
34. 平和はビジネスに役立つ。
35. 戦争はビジネスに役立つ。
36. 多くのフェレンギ人は、もはや自分をあざ笑うことができない。
37. 失った評判はいつでも買い戻すことができる。
38. ただの広告は役に立たない。
39. 褒め言葉はタダだ。顧客にはいくらでも気前良く言ってやれ。
40. たとえ旅行先であろうとも儲けられるなら、儲けろ。
41. 金はものを言う。しかし金を沢山持つことは、それ以上の効果がある。
42. 利益を得ることが明白であるときにのみ、話し合え。
43. 銃を突きつけるより耳を愛撫する方が、しばしば効果的だ。
44. フェイザーを持った奴と議論するな。
45. 儲けには限度がある。しかし損に限界はない。
46. 刑務所には、悪人を信用したお人好しが一杯いる。
47. 自分のものより良いスーツを着ている奴を信頼するな。
48. 笑顔は丸く、 ナイフは鋭く。
49. 経験と欲望は、若さと才能に勝る。
50. クリンゴンはだますな。
51. 誰か他に非難されるべき奴がいるならば、 けっして自分の誤りを認めるな。
52. バグシーのみがラスベガスを作ることができた。
53. まず売ってしまえ。質問はそれからだ。
54. 自分で売ることが出来ないものは買うな。
55. 常に利潤が最大になるように売れ。
56. まず儲けろ。女は後でやって来る。
57. いい顧客は、ラチナムと同じくらいまれである。
58. 時として、友情は高くつく。
59. ただの忠告は絶対、高くつく。
60. 口先だけで何とかなる時は、絶対ラチナムを使うな。
61. 盗めるものは絶対、買うな。
62. 危険な道ほど利益も大きい。
63. 金もない奴の権力なんて、エンジンのない船のようなもんだ。
64. 店(shop)の話はするな。買い物(shopping)の話をしろ。
65. 船(ship)の話はするな。送料(shipping)の話をしろ。
66. 艦隊では、気違いは辞めることが出来る。だけど、辞めたがってる奴はまともか、強要されてるかどっちかだ。
67. どんなに十分でも、十分過ぎることはない。
68. 同情は金の代りにはならない。
69. もし政府のためになろうがなるまいが、船を持つことは出来る。
70. まず金を受け取れ。そのあとで買い手に商品の心配をさせればいい。
71. ギャンブルにも貿易にも共通することが2つある:リスクとラチナムだ。
72. 自分の考えは絶対に競争相手に知らせるな 。
73. 死にかけているフェレンギ人からの忠告は信頼するな。聞くのはかまわないが。
74. 利益を考えないフェレンギ人はもはやフェレンギ人ではない。
75. 故郷は心が安らぐ場所。星々はラチナムを産み出す場所。
76. 誰とでも一度は仲良くしてみろ。そうすればライバルは混乱する。
77. フェレンギ人未到の宇宙を勇敢に進め。そこにはまだフェレンギ人の悪評を知らない、
 新しいカモが待ちうけているに違いない。(スタートレックオープニングナレーションのパロディ)
78. 顧客は分単位で生まれる。
79. ヴァルカン人の知識への欲求には用心しろ。
80. まだ動くものは売れ。よく動くものは、2倍の値段で売れ。動かないものは、値段を4倍にして骨董品として売れ。
81. 正直なビジネスマンほど危険なものはない。
82. 利口な顧客は、良い顧客であるという訳ではない。
83. 復讐は無駄。
84. 女には耳を触らせても、ラチナムには触れさせるな。
85. 死人はどんな賄賂もとらない。
86. 鋭い会計係は必需品だが、妻は贅沢品だ。
87. 信用は最大の泣き所である。
88. ディナーに来た上役に、衣服を着た妻を見せて機嫌を損ねてはいけない。
89. ラチナムは欲望(lust)より長持ち(last)する。
90. 「我々の」ものより「俺様の」ものの方が良い。
91. 一番速く飲む奴は、一番支払いが遅い。
92. 自分の幸運と賢明さをごっちゃにするな。
93. 自分の医者を相続人に任命する奴は馬鹿である。
94. 少ない出費でも用心しろ。小さな漏れ穴でも船は沈むのだから。
95. 一にラチナム、二にラチナム。
96. 一念は在庫の山をも動かす。
97. もし敵の秘密を知ったら、友達へも話すな。
98. 利益は勇気をも産み出す。
99. 賢い奴を信頼するな。
100. 全てのモノは所有者を求めている。
101. 誰かにさせる事が出来るなら、絶対に自分ではやるな。
102. 自然は変化する。しかしラチナムは永遠だ。
103. 眠りはチャンスをフイにする。
104. 金は決して作れない。それは得るか失うかだけだ。
105. 賢者は嘘はつかない。真実をねじまげるだけだ。
106. 貧乏はどんな名誉でもない。
108. 衣服を着た女なんて、台所に男が入るようなもんだ。
109. 威厳なんてもんは空袋程度の価値しかない。
110. 馬鹿は、ビジネスチャンスを逃す。
111. 貸しがある奴には家族のように優しくしてやれ。そうすれば利用出来る。
112. 上役の妻とは絶対寝るな。あらかじめ金を払っている場合を除いて。
113. 上役の姉妹とは絶対寝るな。
114. ささいな事でも、大きなリスクに至る。
115. 欲望は永遠。
116. どんな場合でも一つは逃げ道がある。
117. うますぎる話でも、儲かる時は儲かる。
118. 適切な価格を提供している正直者はだませない。
119. 売るのか、買うのか、そうじゃなきゃ引っ込んでろ。
120. 盲人でもラチナムの手触りが分かる奴は分かる。
121. 全てのものは売るためにある。友情も。
122. 客がいなくなれば、儲けもなくなる。
123. あんたが何かを売りつけるまで友達は、友達でしかない。そのあと、友達は顧客に変わる。
124. 友情は一瞬。儲けは一生。
125. 誰かが真実を知るまで、嘘は嘘ではない。
126. 嘘は嘘ではない。それは異なる視点で見た真実に過ぎない。
127. 感謝は寛大さにつながる。
128. フェレンギ人は他の種族に対して責任を負わない。
129. 自分の顧客は信用するな。
130. 受け取りに来た奴は信用するな。
131. 利益になるなら、自分の母親でも売り払え。
132. 壊れやすい商品ほど、値段を高くしろ。
133. 財布の大きさで顧客を判断するな。時には小さな財布に値打ちのあるものが入っている。
134. 落し穴はどんなところにもある。
135. コレクションの唯一の価値は、他の誰かに売りつけられることだ。
136. よく研いだナイフは、よく斬れる。人間も一緒だ。
137. 必要は発明の母である。だったら利益は父だな。
138. 法はみなを平等にする。しかし正義は一番金持ちのところに行く。
139. 妻は仕える。兄弟は相続する。
140. 一番簡単な金儲けの秘訣は、少ししか買わず、沢山売ること。
141. 競争とフェアプレーは両立しない。
142. フェレンギ人 は相手が疲れるまで値を付けるのを待つ。
143. 馬鹿の歴史は古い。
144. チャリティはいいことだ。俺の財布を巻き込まない限りは。
145. 一番最初に、かかる費用を聞いておけ。
146. ステーキではなく、ジュージュー焼ける音を売れ。
147. 新しい顧客は、よく肥えた家畜のようなもの。たっぷり絞り取れるが、 ときどき噛みついてくる。
148. チャンスは待ってくれない。
149. 女と金は一緒にするな。
150. 自分の店は分かりやすい場所にしろ。
151. 時として、タダで手に入れたものは高い出費が必要になる。
152. 利益が自分に何をもたらしてくれるかを考えるな。利益のために自分が何を出来るかを考えろ。(元ネタはJ・F・ケネディの演説)
153. 誰であれ、魚を水から自由には出来ない。
154. 堆肥とラチナムの違いが、商業ってもんだ。
155. 俺のものは俺のもの。お前のものも俺のもの。
156. どんなに最悪の場合でも誰か一人は儲かっている。
157. チャンスはどこにでもある。常に見つける努力をしなければならないが。
158. ものを受け取るまで代金は払うな。
159. 顧客は、常に正しい。金を払うまでは。
160. 尊敬はいいもんだが、ラチナムはさらに良い。
161. 顧客を殺してはいけない。その客が死んだ方が利益になる場合を除いて。
162. 誰の金であろうと、俺のもの。そいつが取り戻そうとするまでは。
163. のどが渇いている客はいい客だが、飲んでる客はそうでもない。
164. 他の奴の金を使える時は、絶対に自分の金を使ってはいけない。
165. 一つの星の法律を、全宇宙共通の目標(利益)の前で当てはめてはいけない。
166. 売る事が出来るものは、絶対にタダではやるな。
167. 取り引きが公正で合法なら、無益な復讐は違法である。
168. 金のないフェレンギ人はもはやフェレンギ人ではない。
169. 耐えるべき時でも、快適にしておけ。
170. テレパスとは賭けをするな。
171. 早起きしたフェレンギ人はラチナムを得る。
172. 盗品であろうと、売ることをためらうな。
173. 自分のラチナム一本は、顧客のラチナム二本分の値打ちがある。
177. 敵の事をよく知っておけ。商売はそいつらとするのだから。
180. 賄賂を贈るつもりなら、自白はするな。
183. 機会を活かせない才能なんて、鉱山に眠るラチナムのようなもんだ。
188. 自分で八百長を仕組んでいないレースには、絶対賭けるな。
189. 借りる時は口約束で。貸す時は書面で。
190. 最初はあんたがビジネスを取り仕切っているが、そのうちビジネスがあんたを取り仕切るようになる。
191. 他の奴には、名声を持たせろ。あんたはそいつらの金を持っていればいい。
194. 新しい顧客のことを知っておくことは、良い商売につながる。
201. 利益を得るための正当な理由は、利益である。
202. 困っている友達は、顧客になる。
203. 困っているフェレンギ人は、何でも金を取ろうとする。
205. 顧客が死んだら、入金は止まる。
208. 誰かに魚を売れば、それは利益になる。だが、そいつに魚の捕り方を教えてしまえば、顧客が一人減ることになる。
210. 妻には掃除をさせろ。そうすれば掃除婦はいらなくなる。
214. 空腹の時はビジネスを始めるな。
215. チャンスをのがすような本能なんて役に立たない。
216. 自分より貧乏な奴からの歓待は、絶対に受けるな。
217. 唯一、金を払うべき時は、フェイザーを突きつけられた時だ。
218. 常に自分が買うものは把握しておけ。
221. 耳たぶで考える奴には用心しろ。
222. 知識はラチナム。
223. 金持ちは買い物には来ない。盗みに来る。
229. 余計な事に時間を割かない客には用心しろ
236. 運命は買えない。
240. 高く入札してやれば、顧客は増える。
241. 第一印象の重要性を軽く考えるな。
242. 沢山あるのはいいことだ。全部あればさらによし。
246. 商品にケチをつける奴は、それを買う奴だ。
250. 死んだ商人は、代金を要求しない。
251. 満足は保証されない。
252. 買い手に注意させろ。
253. 読みにくい部分のない契約書なんて、馬鹿が作った書類だ。
255. 抜け道のない保証は、負債に等しい。
256. シンセエールは客の財布の潤滑油。
261. 裕福な奴には、良心以外の全てのものが揃ってる。
263. 女に服を着せて、金儲けの感覚を狂わせるな。
266. 良い耳たぶの前では、どんな七枚舌も乾いてしまう。
267. あまり長生きは望むな。裕福であればいい。
268. 疑わしきは、うそと思え。
271. 知恵はあっても、脳と財布が繋がっていない奴はたくさんいる。
273. どんなときでも、モノを売る前には客のラチナムの本数を数えておけ。
277. 宝石は女性の友かもしれない。しかしラチナムだけが女を買える。
280. 空っぽの袋は、まっすぐに立たない。
281. 血は水より濃いが、売ることはやや難しい。
282. 商売は戦争のようなもの。誰が勝つかが重要だ。
283. ルールはいつも変化に従う。
284. ルールはいつも解釈に従う。
285. 良くない行いも処罰はされない。

2006年1月13日 (金)

ぷんぷいさん、ANAに行く

ANAに用があった。
電話でもできないことはなかったけれど、
長時間、電話でややこしい話をしているといらいらすんので、
その日は休みだったし、梅田まで行くことにしたのんだ。
.
担当のおねーさんは、若いかわいいひとで、
笑顔がとってもキュートだった。
.
用件は、2つあって、
未使用の特典航空券の諸税の払い戻し
特典航空券の予約・発券
であった。
.
①は、比較的簡単だった。
残念ながら、未使用分の35000マイルは期限切れなんで、
戻ってくることはなかったけれど、
当然のことなので、仕方ない。
使用するころはたぶん、
前カノと結婚しているであろう、という予測のもとに、
カノジョの名前にぼくの苗字で発券した航空券のもので、
その当人が存在しないんだから、使いようがない。
2親等以内にしか、自分のマイルを使用できない、
というルールがあったためにしたのだけれど、
ぼくは、賭けに負けたのだ。
.
②は、困難を極める仕事だった。
ぼくはただ待っていただけだったけれど。
.
今月末で期限の切れるマイルが、何千かあった。
それを含めて、夏に2万マイルでタイペイに行くのだけれども、
普通に関空から往復したのではつまらないので、
今年は行きを沖縄経由帰りを石垣島経由にしてみた。
.
なんせ往復で6区間になるし、8月にはない便があったり、
ぼくのお客様番号での予約入力が不調だったり、
予約が確定していない今の段階で発券したいと言ったり、
諸税をedyで払いたいと言ったりしたもんだから、
おねーさんは、そのたびに可能かどうかを調べる必要があったのだ。
.
そんな面倒で、果てしなく、それでいて1円の収入にもならない、
その仕事をそのおねーさんは、テットウテツビ笑顔でやりぬいた。
全部が済むのに、1時間以上かかったにもかかわらず。
.
サービス業にあるものは、かくあらねばならんなー、と、
若いおねーさんにぐいぐい教えられた、おっさんなのだったことだよ。

.

▼ANAのスチワーデスの制服フィギア。

ひとり400円だかで、何種類かあるらしい。

買って飾りたい気もするが、

他人が見たら不気味だろうから、じっと我慢^^;

Ana_crew

2006年1月11日 (水)

高橋悠治さんのコンサート

セイコーのクレドールだったかな。
エリック・サティジムノペディをBGMに、
現役時代(?)の長嶋茂雄さんが
背広を着て出演していたCMはかっこよかった
なんせ大昔の話だがね。
.
高橋悠治さんのコンサートに行った。
2005年の2月の話だから、もうすぐ1年にもなるんだな。
.
高橋悠治さんは、高校時代のぼくの憧れの人のひとりだった。
なんていうか、孤高のピアニストって感じをかもし出していて、
古典派やロマン派の音楽を好むひとが多かった、
当時の音楽事情を考えると、バッハエリック・サティはともかく、
シェーンベルクウェーベルンなんかの、あんまり売れそうもない
現代音楽のレコードを出していたところも、
かっこよく思った一因かもしれない。
少ない小遣いをためて買った、
かれのレコードやCDは今でもちゃんと持っている。
.
しかし、長い年月、彼のことは忘れてしまっていた。
ぼくがクラシック音楽を以前ほど熱心には
聴かなくなってしまったせいもあったし、
高橋悠治さんの活動もその当時に比べると、
派手さを失っていたように思う。
.
ある日偶然に、新聞の広告でかれのコンサートが大阪で
行われることを知って、チケットをインターネットで購入した。
なにせ出不精なぼくのこと、チケット購入のために
出かけなければならない状況だったら、
たぶん、コンサートそのものを諦めていただろう。
.
コンサートの当日、少し早い目に会場である中ノ島公会堂
ついたぼくと前カノは、
近くのコーヒーショップで、時間待ちをしていた。
前カノはあまりクラシック音楽のことは詳しくない。
.
演奏者はどんなひと、って聞かれて、

そうさなー、年齢的にはあの窓際でコーヒー飲んでる
初老のおじさんくらいかなー

でもさ、ぼくも20年以上前のことしか知らないしさー

と答えたあと、
実際に演奏会場の舞台のうえに
そのおじさんが登場したときはおかしかった。
ま、高橋悠治さんだって、コーヒーくらい飲むわなあ。
.
演奏したのは、バッハのイタリア協奏曲とゴルトベルク変更曲
アンコールは、ショパンシューベルトだったと思う。
.
会場は満杯というわけにはいかなかった。
ええとこ、ナナブくらいの入りって感じで、
毎日放送が取材してたけど、どっかで放送したのかな。
.
演奏に関してはきっと賛否両論があったと思う。
なんというか、同じ曲を歌いすぎた演歌歌手みたいな演奏で、
ぼくは、むかし聞いたレコードの演奏の方が好きだったけれど、
でも、かれがまた近所で演奏してくれるなら、
行きたいな、って今は思う。
.
アンコールでやったような曲も弾くんなら、
今度はそういうのを中心とした、コンサートやってくれんかな。
オールドファンとしては、それはそれで興味深いんだけど^^

▼今ではこんな感じっす

Photo_1

2006年1月10日 (火)

そうだ、ただでタイに行こう

ぼくは、いわゆる陸マイラーだ。
最近はあんまり飛行機に乗ることなく、
けれど、ANAのマイルを集めている
友人は、ずっとタイ航空のマイルを集めていた
.
両者は、同じスターアライアンスという
航空会社のグループの一員で、
成田からは共同運航便を飛ばしたりしている。
でも、関空からは、タイ航空は、
JALと共同運航便を飛ばしている。
ちょっとしたねじれ現象なのだが、
この業界にはよくあることだ。
.
ぼくとしては、なんとか関空からもタイ航空とANAが
共同運航便を飛ばしてくれんかな、と思っているが、
今のところ、変更される様子はない。
.
友人は、最近、タイ航空のマイレージカードに加え、
ANAのマイレージカードも作成し、
こっちの方をメインにしようと目論んでいる。
その主な要因は、ぼくの折伏によるものだ、と思う。
.
友人は、これからあんまり飛行機に乗る機会はなかろう、
と思われる。
でんでん飛行機の乗ることによるマイルの取得がないと仮定して、
どれくらい差があるか、を具体的に明示して説明したのんだ。
.
タイに行くためにどれくらい、買い物をしなければいけないか
というのんが、その材料だった。
.
たとえば、とぼくはいう。
ANAのVISAカードなら、マイ・ペイすリボを申し込むと、
100円の買い物で2マイル相当(正確には1000円につき、
20マイル)たまる。
一方、友人のカードでは100円につき1マイルしかたまらない。
.
特典航空券(Yクラス)への交換レートは、どうか。
ANAの場合、タイへは35000マイルとなる。
ただし、関空から直接タイへは飛んでいないから、成田経由か、
関空からなら、シンガポール航空で飛ぶことになる。
.
一方、タイ航空の場合は、タイへは45000マイル
10000マイル分、よけいに必要になる。
.
そうすると、タイに行くために、
ANAの方では、175万円の買い物
クレジットカードでする必要があり、
タイ航空のほうでは、450万円の買い物
する必要があることになる。
.
しかし、ANAの方は、クレジットカードの継続マイルや
電子マネーのedyでもマイルがたまることを考えれば、
おそらく、タイ航空で必要な450万円の買い物では
3回くらいはタイにいける計算になるのんだ。
.
やっとこさ、正しい道へ帰依することができた友人に幸あれ♡

Ana

2006年1月 8日 (日)

ほんとうの負け犬

酒井順子さんが提唱した概念である「負け犬」は、
とくにその当事者の女性たちから共感されたためであろう、
広く受け入れられ、いっときの流行にとどまらず、
一般的なことばとして、定着した感さえある。
.
このことばが受入れられた、その背景には、
かのじょ自身がその「負け犬」の範疇に入っていることで、
同様の立場のひとに受け入れられ易かったことも
大きな要因であろうが、
それよりもなにより、公開されているかのじょの容姿が、
人並み優れて端麗、というわけではなかったことが
重要であったような気がする。
誰も口にはしないけれど
.
しかし、かのじょのいう、「負け犬」は、
ぼくから言わせると、本当の意味での負け犬ではない。
生命体としての敗北は、自分の子孫を残せないことである。
そして、つねに「負け犬」的立場になる危機
生まれながらにして持っているのは、
むしろ、メスではなく、オスの方なのだ。
.
社会的な要素はいっさい切り捨てて、
メスは生殖能力のあるオスが生活圏にいれば、
子どもを残すことが可能だ。
ところが、オスの場合は、メスの協力なしに
自分の子孫を残すことは、無理なのである。
.
そういう意味では、生物学的に言えば、
メスの「負け犬」は選択的であり、
オスの「負け犬」は非選択的である、とあるといえる。
ぼくが、オスの「負け犬」こそが真の負け犬である、
という所以はそこにある。
.
もちろん、ひと、というのは、社会的な存在であり、
ダレカレなしに子どもを作れるものでないことは、
百も承知であるだよ、ぼくだってね^^
.
ただ、いまの日本の「負け犬」現象の背景には、
女性の選り好みのレベルがあがったことが
その大きな要因であると、ぼくは思っている。
.
ぼくが子どもの頃には、
ケッコンテキレイキ、という概念が今よりも脅迫的に存在し、
社会的圧力から、多少不本意でも(あるいはかなり不本意でも)、
結婚し、子どもをもうけることが当たり前であった。
.
そうしない選択肢ができたために、
今の「負け犬」大量発生状況が生じ、
あくまでそれに従属するかたちで、
オスの「負け犬」も大量発生状況が生じているんだよねー。
.
ま、こんなこと、づらづら書いてるのんが、
そもそも「負け犬の遠吠え」なんだろね(^^;

.

.

▼椅子の上の午睡@タイペイ

Photo_22

2006年1月 6日 (金)

外部記憶装置

タイ人は、けっこう冗談が好きだ。
テレビのお笑い番組をみて、
うれしそうに笑ってるタイ人を、
旅行中のバスの中でみたりすると、
内容はわからないものの、けっこうべたことで、
笑ってるような感じがする。
.
旅行中、ぼくには、ひとつ覚えないといけない数字がある。
その日泊まるホテルの部屋の番号だ。
最初の方は、けっこう覚えられるのだが、
毎日、ホテルが変わるような状況だと、
どの番号が正解だか、わからなくなったりすることがある。
.
むかしは、鍵に書いていたような気がするが、
最近は、カードキーのホテルが多いし、
犯罪対策なのか、カードキーには部屋番号は書いてない。
.
いっしょにくれる、紙のカード入れには書いてあっても、
部屋に置いてきてしまったりすると、
自分の部屋番号がわからなくなったりすることがある。
.
自分の部屋はどこですか?、っていう問いも、
かっちょ悪いし、できればしたくない。
.
そこで、ぼくは、ある対策をとることがある。
ボールペンで、左手の甲か、二の腕に部屋の番号を
書いとく
のんである。
何回かみてるうちに覚えるし、
まだ、覚えていない段階で消えたら、また書けばよい。
.
おとといの朝、ぼくはまだちゃんと起きてない状態で、
朝ごはんにでかけた。
最近、バンコクのホテルでも、
朝ごはんは、クーポン券ではなく、
部屋番号の確認だけですますホテルが多いようだ。
.
ぼくは、番号を聞かれたとき、
ソーンチェットヌーンスーン
っていうのんが、面倒で、つい直接、二の腕をみせてしまった
それがタイ人のおねーさんに馬鹿受けしたのだ。
.
Sawadee 一度受けると、関西人の悲しいさが
昨日は、サワディクラップ(お早うございます)と書いて、
また受けをねらっってしまった。
.
さて、今朝はなんと書こう、と悩んだ末、
マイチャイヌー(ねずみじゃないよ)と、
サイが言ってるTシャツを着ていった。
もう、部屋番号のチェックさえされない
笑いながら、席まで案内される。
.
正月早々、タイ人を笑わすために頭をひねるおっさん
そろそろ日本へ帰らなくては。
.
.
.
▼写真撮らせて、と頼んだら、なら一緒に撮りましょう、と言われ記念写真。
けっこうまわりから浮いてて、恥ずかしかったよん。

Lotus5

2006年1月 5日 (木)

2005年

このあいだ、友人と話して、

プノンペンという街に来れたのは、2005年にあったことのうちで、

5本の指に入るくらいいいことだった、

と述べたところ、あと4つは何だったの

と訊かれて、うーーーん、と考え込んでしまった。

.

あんまりいいことのなかった1年だったのかも知れない。

.

でも、よくよく考えると、近年になく、新しいことをした年だったのかも知れない、

と思えなくもない。

桂米朝師匠の壮年時代の記録であるレコード全集を全巻制覇できたのも今年だったし、

なにより、ブログを通して新しい友人ができたのも今年だった。

.

昨日、PCをいじっていたら、自分の書いたブログの記事のバックアップが出てきて、

つい145話全部をコメント込みで全部読んでしまった。

読むだけでも、数時間かかったこれを書くために

どれだけのエネルギーを費やしたのかを考えると、

よっぽど他にすることがなかったんだな、とちょっと感心してしまうのであった(^^)

.

でも、まあ、これを書かない人生を過ごすよりは、よかったかな、

と無理に思いつつ、

早くこれをも一度、公開する場を作ってやらねば、

怠け者は思うのであった。

2006年1月 1日 (日)

微乳の王国

タイの女の子は、足が細い。
白いシャツに黒いスカートの大学生の制服がよく似合う。
某ブログを使用していたときに、
タイの女子大生の写真をアップすると、
ふだん見に来ないような人達が、なぜかアクセスしてくるくらい、
それは、男たちの関心をひくものであった。
.
しかしながら、タイの女の子は、総じて胸がちっさい。
誰かが、むかし、この国を「微乳の王国」と呼んだ。
まさに、この国の胸事情をひとことで表現した、
至言
といえるだろう。
.
一の瀬さん(仮名)は、しかし、
この「微乳」という言葉に不満がある、らしい。
音感が「美乳」と同じで、紛らわしい、というのが彼女の意見だ。
そして、彼女がそういうものたちに対して、
使用する言葉は、「貧乳」だ。
.
貧乳」、そういう乳をもった者たちに対する、
一片の愛情もないこの言葉を使おうとする、一の瀬さんは、
なにをかくそう「巨乳属」(named by ヒラリーさん)の一員だ。
しかも、どっちかというと、人類寄り、というよりは、
ホルスタイン寄りの巨乳属だ。
.
貧乳」という言葉を発するとき、彼女になかには、
「巨乳属」としての誇りと驕りが見え隠れする。
.
ところで、最近、この「微乳の王国」に
じゃっかん翳りが見えてきたような気がする。
巨乳属、とまではいかなくても、ほのかではない乳をもった層が
勃興
しているようなのである。
.
タイの経済発展と生活の西洋化に伴って、
タイ女性の胸も発展段階に達したようだ。
「微乳の王国」もあとわずかで、
その王朝の幕を閉じることになるんだろうか。
.
そして、巨乳属の勃興は、肥満体の増加も伴っているようだ。
.
日本人がもってる幻想のひとつに、
タイ人にでぶはいない、というのんがあったようだ。
頻繁にきてるぼくからすると、そうでもないよ、
って思っていたものの、
たしかに比率からすると、少なかったような気がする。

ところが、最近、思うのは、
タイ人にでぶが増えている、っていうことだ。
そして、とくに女性において、その傾向が激しいようだ。
昨日、それを裏付けるかのように、
おでぶちゃん用衣料専門店の広告をみてしまった。
.
かつての「微乳の王国」が、「肥満大国」にならないことを祈る
ばかりだ。

.

▼みんなけっこう楽しげなのはなんで(^^?

Debu

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »