« 帰ってきた日本人 | トップページ | わんこの立場@タイランド »

2005年12月21日 (水)

ぷんぷいさん、きょんきょんを聴いてふと思う

心の隙間に 優しい雨が降る 
疲れた背中を そっと湿らせてく
群れをなす魚たち 少し楽し気に 
駅に向かって走ってく
こんなに普通の毎日の中で
出会ってしまった二人
降りしきる雨にすべてを
流してしまえたらいいけれど…
あなたの知らない誰かと見つめてた 
遠くに揺れてる街はダイヤモンド
ひとつずつ消えて行く 
夜の静けさに 息をひそめて見守るの
運命だなんて口にするのなら 
抱きしめて連れ去ってよ
私のすべてに目を反らさないで 
はじまってしまったから…
こんなに普通の毎日の中で 
出会ってしまった二人
雨が止む前に抱きしめ合えたら 
あなたについてゆく
はじまってしまったから…
(詞:「優しい雨小泉今日子
.
きょんきょんのこの曲が好きだ。
運命論とそこはかとないさみしさというか、
悲しみがにじんでるのんがいい。
.
おそらく、不倫などのわけあり状況のふたりが
恋に落ちていく様を美しく描いた歌詞なんだろうと思う。
.
でも、実際の不倫はそんな美しくもなく、
運命論的でもない
、というのがぼくの意見だ。
結局、自分の状況を棚に上げた、
エゴとエゴの結びつきでしかない
と思う。
.
もちろん、確信犯的に相手が妻(夫)子持ちでも
(むしろ妻(夫)子持ちだから)、
つきあいたい相手とつきあうという人もいるだろう。
レストランで、他人の皿に乗った料理を
つまみ食いして、食べたいから食べるんだ、
というのとあまりかわらないと思うのだが、
日本では、それよりは許される行為として、
容認される傾向にあるようだ。
ぼく的には、同等以上に下品な行為だと思うのだけど。
.
もちろん、不倫している当事者が、
配偶者に対して、許可を得ている場合は別
である。
結婚の際に、わたしは、君以外の女(男)を作ることは
きっとあると思うが、
それでも幸せにするので、結婚してください、
という約束のもとに成立している婚姻であれば、
問題ないと思う。

わたしは、このひと以外におんな(おとこ)を
つくることもありますが、それでも結婚させてください、
と言って許してくれる親の存在も必要だけれど。
.
よく使われるいいわけに、
たまたま好きになった人間が妻(夫)子持ちだった
といって開き直る人間がいるけれど、

たまたま好きになった人間が幼女誘拐強姦殺人犯だったら、
そのまま好きなままでいるだろうか。

という例を考えてしまう。
.
ほとんどの人間は、そうではなかろうと思う。
つまり、妻子がいながら、ほかのおんなとつきあう行為は、
上記のような重大な瑕疵ではない
という判断を不倫をする人間が下しているのんである。
結局、容認しているのだから、
そのいいわけはいいわけでしかないのではないか、
と思うのだが。
.
なかには今の配偶者と離婚して、自分と結婚するという約束で
つきあうようなひともいるかも知れないが、
結婚するときに結婚相手とした、幸せにしますという約束を
簡単に反故にできるような人間の約束を信じて
いいものかどうか、
すこし賢い人間なら、わかりそうなものだが、
残念ながら、自分に有利なことは信じたい、
という心理がひとには働くようだ。
.
また、仮に約束が守られて、不倫相手と結婚できたとしても、
同じことをまたしないという保証をどのように形で得るんだろう。

ぼくが信じてることに、
病気は治療すれば、治る可能性があるけれど、
性格は治らない

ってことがある。

浮気は、病気でなく、性格なのだ。
クスリでは治らない
.
でも、結局のところ、愛情関係は理屈ではないんだろうね^^;

« 帰ってきた日本人 | トップページ | わんこの立場@タイランド »

コメント

ぷんぷいさーん! 私もそう思いますー!!
なんか、今の風潮じゃあ当たり前みたいになってますけど、
単なる我慢のできない人の都合のいい言い訳にしか思えません。
「だって、ほしかったんだもん!」て簡単に万引きしてしまっていいの?て感じ。。。
やっぱり悪い事をしてる・・背徳を自覚して欲しいです。開き直ってる不倫には、もう文学になる美しさもないし、単なるエゴです。
ぷんぷいさんみたいに、うまく言葉に表現できませんが。

まあ、こんなことなっかり言ってるから、どんどん恋愛から遠ざかっていくんですけどね。
恋愛は理屈じゃないとわかってていても、私は自分を律する信念(そんなたいしたもんではないですが)を持ちたいです。

ヒラリーさん、まいど^^

とまあ、こんなことをとあるブログのコメント欄に書き込もう、
と思ったんですが、
やっぱだめっすね~、
完全にけんか売ってますねー、客観的にみると^^;

ヒラリーさんみたいな、
(あっしからみると)普通の感性の女の人が大多数だと、
思いたいんすけど、じっさいはどーなんでしょう^^


実際は、どうなんでしょうね~?

私も、某ブログで書きそうになって、無駄な混乱を起こす事もないか、、、と思ってやめました。
私も、完全にケンカ売るトコでした。

とくにおっさんのはしゃぎ振りが、見苦しいです。。。
都合のいいことばーっかし言ってるし。

ヒラリーさんは、書かない方のひとだと思いますよ。
なんていうか、人あしらいがうまいなー、って、コメント見てて思いやす。
おとなはムダに紛争おこしちゃいけません、やっぱし^^

本人がよけりゃ、いいんだし(^^

ぷんぷいさん、こんにちわ。

「某ブログ」って、どこやろ〜?
私もみたかも〜?

確かに人それぞれだと思います。そして、結婚してても他の人を「好きになってしまう」というのはあるかもしれません。でも、そこから「不倫する、つきあう」っていうのは、あくまで人間としての意思の作用だと考えます。
結婚し、長く一緒に暮らすと「恋愛感情」→「家族愛」に変わるものです。
毎日パートナーをみてドキドキしてたらきっと心臓に悪くて早死にするんじゃないんでしょうか?
だから、ちょっと心に隙間があるときに他の異性を「ステキ」だとか「親しくなりたい」って思うこと自体は決して否定できないと思います。
でも、人間には「理性」があるのです。
「理性」で行動を押さえることができるのが「人間」なのだと思います。
それを押さえることが難しければ、きちんとパートナーと離婚してから別の異性とつきあうのが本当でしょう。

でも、もしも、誰かに隠れて不倫していたらたぶん楽しくはないとおもいます。とても辛いと思います。
辛くてしかたがない気持ちが人間として最後の「理性」なんじゃないでしょうか?
それもない人は論外です。

↑って、えらそ〜な講釈たれてる「ワタシ」のような人間が一番やばいんですよ〜(汗)
へへへ・・・ごめんなさ〜いm(_ _)m

はぎ妻さん、まいど^^

長文の論説、ありがとござんす(^^
はぎ妻の言うこと、よっくわかりますよ~。
ただ、あっしは不倫やら、浮気やら、
平気で誰かを傷つけているような行為をしながら、
うれしがって、他人にどうどうと公開してる輩に対して、
世の中にはこういう考え方の人間もいるんだよ~、
って書いてみたんでやんすよ~(^^)

実をいうと、あっしがもし今後、誰かとつがうことがあるなら、
はぎ夫妻みたいな夫婦がいいな、って思ってるでやんす(^^

>えらそ〜な講釈たれてる「ワタシ」のような人間が一番やばいんですよ〜
こんなこと書かないで、末永く仲良くしてくださいね~(^_^)

ぷんぷいさん、毎度~
寒いですね~。

妻という立場からすると、夫が他の女性と・・ってのは最も屈辱的です。(松嶋菜々子と椎名桔平の不倫ドラマとか最悪でしたよ。)
長い結婚生活の中で、そりゃ気持ちがぐらつくときもあるでしょうね。
でも、そこで踏みとどまることができる人だけが、結婚する資格がある人です。無理だって思うなら最初から結婚するなってこと。
隣の芝生が青く見えるのは、当たり前のこと。
不倫だからこそ背徳の愛ってのに浸って、ロマンティックなのかもしれないけど、毎日一緒にいてたらそうはいかない。
いいところしか見てないくせに、真実の愛なんだ・・・とか言われたら腹立ちますよ。
ま、そういう人はいつかは自分が同じ目に遭うんですよ。

きょんきょんの歌、なんかのドラマの主題歌でしたね。

マナオさん、まいど^^

そいえば、マナオさん、人妻ですたね^^
あっしの中のカテゴリーでは、じょおおさま、だったもんで、
忘れてますた^^
でも、だんなさん、そういうタイプじゃないらしいし、
マナオさんちは安心でしょう^^

いっしょに生活してると、いろいろかっこよくない面もみるだろうし、
不満も出るだろうけど、
結局、どんな人間といっしょにいても、同様な問題は生じるだろしね^^

それを解決しながら、人生を送っていけるふたりこそ、真の夫婦なんでしょね(未婚なんで推定^^;)

ここも、末永くお幸せに~^^

世の不倫男性に告ぐ。
谷山浩子の歌を聴きましょう。
「サーカス」「夜のブランコ」等など・・・。

♪ごめんねと言って帰った、人の気持ちも知らないで。優しい人が待っていると♪

♪指輪ははずしてきて、まぶしくて胸が痛い♪

こんな切ない思いを彼女にさせてもいいんかい?
好きなことしたいのならまず身辺整理からしなはれ・・・といいたいですね。
夫より好きな人と添いたくなったら・・・やっぱ離婚かね?
でも私、人のモンにはまったく興味わきまへん・・・。

同志、まいど^^

谷山浩子について語れるなんて、
同志はどこまであっしの同志なんだ~^^

ただ、不倫はおとこの専売特許だった時代は、
日本たばこ産業のできるより
むかしの話でござんすよ^^;
仮におとこがした不倫さえ、
おとこだけでは成立しないのが不倫だす(一般的に^^;)。
不倫をささえる、おんなたちにも語ってやってください~^^

そろそろ空港に行く準備をしなければ^^;

では、同志、今度カラオケで、
ネコの森には帰れない、
うたいましょうぞ♡

おはようございます♪
師匠は、もう旅立たれた後でしょうか?(^^)

しばらく、更新してない間に、こんなヘビーな話題が
出ているとは(笑)

恋愛(という言葉を使うのに、ちと抵抗がある。^^;)
は、付き合う前が楽しい方と付き合いだしてから
後が楽しい方の2通りあるとして、

おそらく不倫を楽しめる人は、付き合う前のプロセスが
もっとも楽しい人なんじゃないかなと思います。

なので、マナオさんの言うように、
いいところしか見てないくせに、真実の愛なんだと
言う人は、そのシュチュエーションに
酔ってるんだなと思います。

なんにしても、パートナーに悪いのには変わりありませんが(^^)

師匠の性格が治らないのと(恋愛だけに限りませんね)
また同じ事を繰り返すというのは、ものすごく同感致しました(^^)

みなっきーさん、まいど^^

>師匠の性格が治らないのと
なんとなく、あっしの性格に問題があるけど、治らない、
って受け取ってしまうのは、
あっしが謙虚なせいっすよねー(^^
こういうのは、謙虚とはいわんかなー。
冗談っすよ、みなっきーさん^^
ちゃんとわかっていってますからねー。

みなっきーさんもご家族を大切にされてそうで、
うらやましい限りっす(^^)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 帰ってきた日本人 | トップページ | わんこの立場@タイランド »