« ぷんぷいさん、お買い得について考える | トップページ | ぷんぷいさん、きょんきょんを聴いてふと思う »

2005年12月19日 (月)

帰ってきた日本人

タイのラノーンからプーケットタウンに向かう
バスの中での話だ。
通常、バスの中では客向けなのか、
それとも、乗務員の娯楽なのか、
音楽のCDVCDをかけていることが多い。
CDは、いわずと知れたコンパクトディスク、
VCDは、コンパクトディスクに映像信号と
音楽信号を記録した、ビデオディスクである。
LDと似ているが、記録方式が違うのであろう、
互換性はない。
もちろん、両方の記録方式に対応したLDデッキでは、
VCD
の再生は可能だ。

日本ではVCDは発達しなかった。
もっと正確に言うと、メーカーが発達させなかった
なぜなら、CDと同じく複製がPCで簡単にできる
からだろう。
でかすぎて、また、デジタルでなかったLDに替わる
規格としては、DVDが日本では選ばれ、
VCDの存在は無視された
のだった。

しかし、日本以外のアジア諸国では
VCDが重宝された

テレビの見たい番組をビデオ録画してみることが
ビデオ機器の使用法の主流だった日本と違い、
アジア諸国では、みたいものは買う方が普通だった。
でも、高ければ、だれも買わない。
安いものを売るためには、ビデオテープよりは
VCDが有利だったのだのだろう、
アジア諸国では今日にいたるまで、
ゆるぎない地位を保っている

最近、DVDデッキが普及してきたせいか、
じゃっかん、DVDが売られるようには
なってきてはいるけれど。

さて、そのとき、バス内では、タイの流行歌の
ミュージッククリップというのか、
カラオケ用のVCDが流されていた。
普通にかければ、歌手の歌が入り、左右どっちかの
チャンネルをしぼれば、カラオケになる、というものだ。
もちろん、タイ語と、翻訳ではなく、タイ語の発音を
英語方式で書いただけの歌詞も出る。

見るともなしにみていると、そのビデオクリップのテーマは、

旅でタイの田舎町を訪れたコンジープン(日本人)が
タイの別嬪さんと恋に落ちるが、
やがて汽車に乗って去っていく。
タイ人の別嬪さんが悲しんでいると、
気持ちを変えた日本人の青年が田舎町に帰ってくる、
めでたしめでたし

っていう内容のようだった。

これじゃあ、まるでお伽噺だな、って思う。

このあと、日本人とタイ人の別嬪さんは、
田舎町で末永く暮らしましたとさ、
って、それはいいけど、タイ語も話せない、
日本人がこんな田舎町でどうやって暮らしていくんだよ、
仕事は何すんだ、って思わずつっこみたかったんだけど、

カラオケビデオにそんなこと言ってもしょうないよね^^;

« ぷんぷいさん、お買い得について考える | トップページ | ぷんぷいさん、きょんきょんを聴いてふと思う »

コメント

ラノーンって温泉地なんですよね?
ちょっと興味アリです。
バス旅行ってのも楽しそうですね。
でも、酔いそう。
私には無理かも・・・。小心者で怖がりだし。
あ~、ダメダメな私。

マナオさん、まいど^^

バスの旅は不自由なことが多いっす。
でも、バスしかない地域に行く際は乗ることになるんすよねー。
さすがに車をチャーターするのはちょっと旅らしくないですしねー^^;

でも、きびしい旅になったときは、
自分を罰してるような気になることもあるっすねー(^^ゞ

ぷんぷいさん、こんばんわ♪

海外でのバス旅行、好きです(^^
韓国でも安くてべんりなのでよく高速バスを利用して遠方に行ったものです。
でも、いつかはぎちゃんと一緒に行ったとき、出発前に飲んだ「バナナミルク」がすぐ効果が出たみたいで、到着地まで2時間ぐらいあるのに、
「トイレに行きたいって言ってくれ」
と青い顔をして私に頼みました。
それで、私が一生懸命運転手さんに頼んで途中のパーキングにバスを留めさせた恥ずかしい記憶があります(><)

8トラも最近見ませんね〜(爆)

はぎ妻さん、まいどっす^^

あいかわらずのナイスアシストぶりっすねー(^^
いつも思ってるんですけど、はぎちゃんは幸せものだ。
安心して、バナナミルクも飲めるってことっすね~^^

>8トラも最近見ませんね〜(爆)
LカセットもDATもね~(獏)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ぷんぷいさん、お買い得について考える | トップページ | ぷんぷいさん、きょんきょんを聴いてふと思う »